TOWER OF DOOM

 Dungeons & Dragons TOWER OF DOOM

Characters DATA

Character

通常攻撃

特殊攻撃

移動能力

防御性能

アイテム

魔法使用

FIGHTER

4

4

3

4

4

1

CLERIC

2

5

4

5

3

5

ELF

2

3

5

2

2

3

DWARF

5

2

2

5

5

1

 

 FIGHTER

 

ABOUT FIGHTER

通常攻撃のリーチが非常に横に長く、攻撃力・防御力共に優れている肉弾戦キャラ。アイテム使用能力も高く非常に高レベルにまとまっている。魔法が一切使えないのと、ジャンプを含む動作の硬直が長いのは欠点。通常攻撃も横へのリーチは長いものの縦の判定が薄く、しかも密着した相手には当たらないという欠点がある。

 

BASIC TACTICS

一番使えるのが通称歩き斬り。歩き斬りとは、通常攻撃一打目を当て、一歩前進してまた通常攻撃一打目を当てるのを繰り返すことである。ファイターは通常攻撃一打目の隙が小さいのでこれが連続技として成立する。ほとんどの敵に有効な、ファイターの基本にして最大の武器。

 

ADVANCED TACTICS

ある程度背の高い相手に有効なのがダッシュジャンプ登り斬り。ファイターのジャンプ攻撃は下方向のリーチが長いので当てやすい。このダッシュジャンプ登り斬りは近づきにくい敵に対して効果大。ヒットすればかなりのダメージを奪えるし、やや軸を上にずらして決めればそのまま追い打ち攻撃に移行できる。ただ空振り時の隙は大きいのでリスクもある。

 

ASSIST PARTNER

ファイターは二人プレイ時にもやることはあまり変わらない。歩き斬りで敵を倒すのを優先するのが基本。しかしパートナーが敵の攻撃を受けたときなどは、ダガーやハンマーでフォローしてあげよう。アイテムの投射スピードが早いので簡単なはず。

 

 CLERIC

 

ABOUT CLERIC

通常攻撃の性能はあまり良くないものの、ダッシュ必殺技や強攻撃の性能がいいので戦闘能力が高い。またガード性能が他のキャラより優れているので、ほとんどの攻撃をガードすることが出来る。しかもガードから出せるカウンター攻撃は発生、リーチ共に優れ非常に使いやすい。

クレリックの魔法は超強力。体力を回復させるキュアシリアスワンズの存在がまず大きい。敵の動きを封じるホールドパーソンやコンティニュアルライトも使えるし、スティックトゥスネークスは最強の攻撃魔法と言えるほど。そして何と言ってもストライキング。防御力の高い相手には実質的に数倍のダメージを与えることが可能。

アイテムに関してはダガーとアローを使えないのが欠点。しかしその分ハンマーは隙が小さく使いやすい。

 

BASIC TACTICS

リーチが短いので多少歩き斬り(殴り)がやりにくい。そこで主に使うのがダッシュ必殺技。発生が早く隙も少ない優秀な技。これでダウンを奪ってから全キャラで唯一ダウン中の敵に当たる強攻撃での追い打ちが強力。危険な状態になったらとりあえずガードが有効。クレリックはほとんどの攻撃をガードできるし、ガードからのカウンター攻撃で敵を追い払うことが出来る。

 

ADVANCED TACTICS

追い打ちとして超強力なのが強攻撃キャンセル強攻撃。通常攻撃系はガードでキャンセルをかけれることを利用して、強攻撃がヒットした瞬間にガードでキャンセルしすぐ強攻撃を出せば非常に早い連携になる。同じように振り向き攻撃キャンセル振り向き攻撃も強力。敵の懐に潜り込んで狙おう。

対ボス戦でのクレリックの黄金パターンはストライキングをかけてから、コンティニュアルライト・ホールドパーソン・スティックトゥスネークスなどで足止めし、ストライキング付きの攻撃を確実に決めること。ストライキングをかけて殴れば一発が攻撃魔法並みに減るので、強攻撃or振り向き攻撃連打をすれば一瞬で勝負を付けることも可能。

 

ASSIST PARTNER

雑魚戦ではホールドパーソンを多用する。敵の数が多いときはもちろん、仲間が危ないときも積極的に使っていこう。ボス戦はストライキングを仲間にかけ(エルフは除く)、斬りにいくのをコンティニュアルライトなどでフォローするといい。

 

 ELF

 

ABOUT ELF

通常攻撃のリーチが短く、振りが遅い。さらに攻撃力も低いので戦闘能力は低い。アイテムは隙が全般的に大きく使いにくいのも戦闘能力の低さに拍車をかけている。

ガードも信用できないので敵の攻撃は避ける必要がある。歩きスピードが速いことやジャンプの硬直が短いなど、移動力は優れているので避けるのはやりやすい。

エルフの最大の欠点は体力の少なさ。防御力まで低いので死に易さは他のキャラの比ではない。

戦闘力の低さを補う攻撃魔法はそれなりに使えるのが揃っている。マジックミサイル・ファイアーボール・アイスストームは敵の動きを足止めしつつ、斬りにいけるので価値が高い。雑魚敵を一撃で倒せるポリモルフ・アザーズやクラウドキルもかなり役に立つ。

 

BASIC TACTICS

剣の振りが遅いので歩き斬りは苦手。通常攻撃×2>ダッシュ必殺技をメインとして使うといい。ダッシュ攻撃も隙が少なめなので、気楽に使っていける。移動速度の速さを生かし敵に囲まれないように心がけよう。

 

ADVANCED TACTICS

特にボス戦で使えるのがマジックミサイル・ファイアーボール・アイスストームで動きを封じてからの追い打ち。攻撃魔法はあまりダメージがないので、追い打ちが本命だといってもいい。特にコストパフォーマンスがいいのがマジックミサイル。マジックミサイル>歩き斬りはエルフの黄金パターンと言える。

 

ASSIST PARTNER

雑魚戦においてはダッシュ必殺技を多用して敵をまとめよう。エルフの体力ではあまり無理するのは得策ではない。ボス戦では魔法をボスの動きを止めるために使っていく。魔法だけで倒せる体力になれば連打してとどめを刺すのも悪くない。

あと覚えておきたいのが、魔法を使うと他のキャラの攻撃判定が復活するということ。本来一回しか当たらない技でも、まだ当てていなければ攻撃判定を持っているモーションなら、魔法を使えばもう一度当てることが出来る。実戦においてはレッドドラゴン戦くらいしか機会はないが、ジャンプ攻撃がヒットした瞬間にマジックミサイルなどを連打すれば超威力。ストライキングと併用すればさらに強烈。

 

 DWARF

 

ABOUT DWARF

通常攻撃のリーチが横には短い。しかし縦に非常に長いので敵に近づくときは常に縦から近づけば、リーチ不足を感じることはない。振りはかなり早く、しかも攻撃力大。アイテムの使用能力も優れている。どれも隙が少なく使いやすい。

防御面での性能も優秀。純粋に体力が多く防御力が高い。しかもスペルセービング(魔法抵抗力)まで高い。

ドワーフの明らかな欠点は移動速度などが遅いくらいだろう。

 

BASIC TACTICS

剣の振りが早いので歩き斬りが強力。攻撃判定が縦や後ろも大きいので、雑魚をまとめて始末することも可能。これだけでほとんどの敵に渡り合える。

 

ADVANCED TACTICS

歩き斬りがかなり強力なので基本的にそれだけで十分。リーチの長い敵に対してはハンマーを投げて気絶させてから斬りにいこう。

 

ASSIST PARTNER

敵を倒すのを優先。パートナーが危ないときはダガーでフォローしてあげよう。