記事タイトル:手作りゴハン 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: あす   
おもっきり遊んであげる事とごはんの時間がワンコにとって
生きがいですもんね!お互いがんばりましょう!

お名前: ちょこ   
へむへむさん

ありがとうございます。
一日の給餌量は固体の体重の2〜3%
肉:野菜 6:4 でいきます。
私も長つづきできるように,テキトーにがんばります。

お名前: みみ   
こんなに沢山の答えを頂けて、とってもあり難いです!
はなさん、リンゴさん、ぽぽさん、ブリンドルさん、とおりすがりさん、
けふこさん、へむへむさん、たるたるさん、本当に有難う御座いました。

私はかなり肩に力が入りすぎていた様です…。
皆さんの様に試行錯誤しながら、自分の愛犬にあったレシピを
作って行けば良いんだ!と思ったら、とっても楽になりました。
紹介して下さった本を見比べてみて、自分が納得した方法で
手作りを始めてみたいと思います。

たるたるさん、ご意見有難うございます。
手作り食を進めて頂いた先生にも言われたのですが
幾つか使ってはいけない物も聞きました。
1匹は食物アレルギーもあるので、使えない食材も結構あります。
自分の愛犬の状態を見ながら、試行錯誤して行きたいと思っています。

本当に沢山のアドバイス、有難うございました!

お名前: たるたる   
みみさん、はじめまして。
3匹ともに結晶がでているんですね…。

まずは、手作り食の疑問を獣医さんに相談なさってください。
結晶の種類によっても、避けた方がいい食材が変わってくると思うし…。

薬か何かで結晶に対する治療を続け、
食餌に関しては何も制限がなく手作りしていいと
いうことであれば、みなさんがおっしゃってるように
「試行錯誤」での手作りでいいと思うのですが、
病気を抱えてる状態での「試行錯誤」の手作りは危険だと思います。

療法食を勧める先生の多い中、手作りを勧めてくださる先生であれば
ある程度勉強なさっての事と思いますし、
もっともっと話をすれば詳しく教えてもらえるのではないかと
思うのですが…。

手作り食の基本として、紹介されている本を1冊だけではなく、
いろんな種類の本をひととおり読んでみることをお勧めします。

うちも膀胱炎と結晶に悩まされたので、
あえて厳しいことを言わせていただきました。

お名前: へむへむ   
こんにちわ。私も手作りご飯ビギナーで日々勉強中です。
一日の給餌量は固体の体重の2〜3%です。
下記のちょこさんのちわわちゃんだと44g〜66gになりますね。
その中で肉:野菜が6:4というのを目安にしています。
お肉もチキン胸のように低カロリーな時はちょっと多め、ラムブロック
のちょっと脂肪があるときは少なめと、テキトーです。

生食メインですが、おじやもあげてます。おじやのときはお肉
はもっと少ないかな〜?その辺も適当でやってます。

お名前: ちょこ   
はじまして。便乗質問すみません。
私も手作りをはじめて3週間ぐらいになるのですが、
本によって、穀類がまちまちで、それによって、肉の量がかわってくるとおまいす。
本村さんの本には穀類なしですが、体重で、肉の量が乗ってないので、質問させてください。
2.2キロのチワワです。
本村さんの本のように穀類なしでいきたです。
肉は、馬肉を主に使いたいです。
1日何グラム必要かおしえてください。
今1日40グラム使っています。足りていますか?
ご飯を入れないとすごく少ない気がします。
もっと肉をふやしてもいいのでしょうか?

お名前: けふこ   
私も我が仔に手作りしてますが、試行錯誤ですよ。
皆さんが紹介している本はわかりやすくまとめられています。さらに私は
本村伸子さんの「ペットの健康ごはん」も参考にさせて頂きました。

穀物はアレルギー反応が出る仔も、多いそうなので私は生肉80%・野菜20%で
与えています。
野菜はその日、人間が食べる味噌汁の具などをワンコに少し分けてミジン切りで与えます。
とおりすがりさんの言うとおり、難しく考えず自分たちの口に入るものを一緒に調理したり
簡単に考えたほうがいいですよ。これから、毎日毎食になるわけですから。
何事も頑張りすぎず、いきましょ。

お名前: とおりすがり   
こんにちは。
私も1年ぐらい手作りしてますけど、何も固く考える事はないと思いますよ〜
タマネギとかに注意するだけでいいと思います。
うちのは冷蔵庫にあるもので食べれそうなものあげれば、
けっこうなんでも喜んで食べます(^^)
栄養バランスは、最近野菜系すくなめだから今日はちょっと野菜中心で、
とか考えるくらいで十分じゃないですか?
私も最初手作りの本買いましたけど、そのレシピで作ろうとすると、
挫折しちゃいそうです。
忙しい時は、i-bowとかナチュラルミックスとか手作り手抜きフードもありますよ〜。

お名前: ブリンドル   
(補足)
奈良さんや須崎さんのレシピだと、ここまで肉(蛋白源)は必要ないと思う。
生肉中心で、カロリー比で肉60%とかのレシピだと、この程度必要なはず。

お名前: ブリンドル   
確かに、尿道結石なら、直すのが先だと思うが・・・
まあ、いきなり手作りにしろと言われても、何もできないので、
その獣医も配慮が足りないと思う。

今はいろいろ本が出ているので、読んでみてください。
今まで利用していたフードが原因なら、
フードを変えることによって改善されることもあり得ると思う。
お手軽手作りで、ケーナインヘルスを利用するというのもある。
このフードの基本レシピで作るとしたら、1頭1回につき、
ケーナインヘルス17g、生肉37g、+オイル
くらいかな。適量はドライフードのカロリー×0.9位のカロリーになるはず。
上記を仮定して、
4.54kgの袋をマブチで\20,000で購入すると、89回
肉は100g\150程度の肉を利用するとして、89回だと約10kgで\15,000
オイルはオメガニュートリションのオメガペットを利用するとする。
おそらく1回につき2gちょっと程度必要なはずなので、
207ml(\2,100)を90回程度で使い切る。
(恐ろしい金額だ・・・)

お名前: ぽぽん   
手作りを始めて1年近くになりますが、これが正解というのは私もいまだに
分からないです。
良さそうなものは色々取り入れてみたり、様子を見ながら足したり引いたり
しているので、スタイルはどんどん変化しています。
お肉も生食にしたり加熱したり、野菜もその日あるものを使ったり色々です。
だいぶ作り慣れた今では、分量もかなりいい加減です・・

奈良なぎささんの「手作り犬ごはん」や須崎動物病院から新しく出版された
「イヌに手づくりごはん」などは初心者の方でも比較的簡単なレシピだと
思うので、まずは作りやすいものから始めてみてはいかがでしょうか?
最初は消化がうまく出来なかったりするので、材料を細かくみじん切りに
したり、長めに煮込んだりした方がよいかもしれません。
毎回作るのが大変なら、ある程度作りおきしておいて、その時々に何かを
プラスする、というスタイルでもよいと思います。

作るうちに犬の好みとか、合う合わないがなんとなく分かってくるので、
少しずつ新しいものにチャレンジしてみたり、工夫したり、色々試行錯誤
してみて下さい。(たまには失敗もアリです)

尿道結晶のことはよく分からないのですが、手作りだと水分がたくさん
取れるのでよいと思いますよ〜焦らずがんばって下さいね。

お名前: リンゴ    URL
こんばんは、みみさん。
ワンちゃんのこと心配ですね。

最近、たくさん手作りごはんについての本が出ていますよ。
私のおすすめは私も参考にしているのですが
須崎動物病院の先生が書かれた2冊の本です。
両方、簡単で手軽にできるレシピが掲載されていますし
食品別の良いところなども出ています。
一度、チェックされてはいかがでしょうか?

「愛犬のための手作り健康食」
  須崎恭彦著 洋泉社

「ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん」
  須崎恭彦著 ブロンズ新社

私のサイトでも簡単な作り方など紹介させて頂いています。
またお暇なときでもご覧くださいね!

お名前: はな   
手作り勧める医師はめずらしいと思います。
普通は高い確率で療法食、ウチはそうでした。
症状に合った食餌が必要でしょうから、
医師に伺えばどうでしょう?

お名前: みみ   
初めまして。
私は3匹のシーズーを飼っているのですが
最近、3匹ともに尿道結晶が発見せれました。
そこで医師から手作り食を進められたのですが
全く初めての経験で、何をどうして良いのか分かりません。

3匹それぞれ5舛梁僚鼎如△肉の割合や穀物の割合、野菜やカルシウム…。
1日どの位与えれば良いのかなど、全く分からない状況です。

手作りの仕方も、穀物中心や生肉中心など、色々あってどれが良いのか
分からなくなってしまいました。

何か良いアドバイスはないでしょうか?
よろしくお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る