記事タイトル:心臓 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: タカ   
心臓が悪いってどのように悪いのかな・・・?

うちの場合、心臓肥大って言われましたが、薬を摂取より
食べ物の改善で良くなりました。

私の知らないところで、身内が人間の食べ物を与えていたんです。
(年配の方は知らない人多いようです。)

直ぐに注意して止めてもらったら発作は全く無くなりました。
一番は塩分の取りすぎが原因でした。

現在は市販のドライフードとたまに生野菜や赤身牛肉などを
与えています。

的外れの書き込みでしたらごめんなさい。

お名前: アイビィ   
もう何年も前に、1年程、動物病院に勤めていた事があります。
勤めていたのが小さな個人病院で、獣医師もかなり昔の知識に頼ってやって
いるような病院だったので、参考になるか分かりませんが、当時、そこの
病院で使っていた薬等、書かせて頂きます。

心臓用にペルサンチン(赤い錠剤)、ジギラノゲンC(緑色の錠剤)、
それに血管拡張剤(名前忘れてしまいました、スミマセン)を処方していました。
小型犬や錠剤を嫌がって飲まない子には、錠剤をすりつぶして、そこに水と
甘いシロップを混ぜて、水薬にして出していました。

あと、ワンちゃんの状態に合わせて、心臓の症状がかなり進んでくると、
全身にむくみが出て、水分の排出がうまくいかなくなる事もあるので、
そういう子にはラシックスという利尿剤も処方していました。

心臓が悪化してくると肺にも水が溜まってくる事もあるので、呼吸の荒さ、
舌の色等にも注意が必要です。(酸欠になると青っぽい舌の色になってきます)

フードは病院ではヒルズから出ている処方食の『h/d』(heart・
desease→ちょっと綴りに自信ないですが、ハート・ディジーズ/
心臓疾患用の意味です)を処方していました。
コレはドライと缶詰、両方あります。ドライの方はかなり白っぽい粒でした。
ただ、普通のフードに比べて処方食は高価だし、食べないという事も
考えられますよね。

一般に心臓病の場合、タンパク質、塩分控えめの食事と言われます。
ワンちゃんの現在の心臓の具合にもよりますが、処方食以外のフードでも
タンパク質控えめ、老犬向きのようなフードだったらどうでしょう?

そこの病院でも心臓病のワンちゃん、結構いましたが、(小型犬に特に
多かったです)薬で症状を抑えて、あと、日常生活でもあまり興奮させない
ようにして、長生きしている子もたくさんいました。薬でかなり症状を
抑えられるようですし、今は私が動物病院に勤めていた時より薬も進歩して
いると思います。私のいた病院は薬の数も限られた物しか置いていなかった
ですが、大きい動物病院等だと、薬の種類も豊富に取り揃えているかと
思います。

もう何年も前の話ですので、あまりご参考にはならないかもしれず、
ゴメンナサイ。

お名前: りり   
心臓が悪くなってきてるのですが同じワンコを飼ってる方 どのような薬飲んでますか?他にフード
とかも教えてください。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る