記事タイトル:犬にでんぷん質はガンになる? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ??   
総合栄養食ってそもそも存在するのか?って感じですけどね。
食物は加工すればするほど栄養素は無くなるものです。加工しまくりのドックフードは
殆ど栄養自体残っているとは考えにくいです。
総合栄養食にするために、後からのビタミンやミネラルの添加により調整せざる終えないですよね。
自然なビタミンか合成のビタミンか?本当のところはよくわかりませんが・・・
たとえ自然なビタミンを入れても、時間の経過と共に犬の口に入る時にはいったいどの程度残っているか?
なので、必要以上の添加をしているのです。
合成のビタミンは吸収率が悪いため、これまた必要以上の量を入れています。
長い間には、肝臓などに負担がかからないとはいえません。
人間でもサプリの多量がよくないと言われ始めていますし。
ドックフードが全部いけないといってるわけではないですが、ドックフードのみに頼っているのはよくないと思いますよ。
人間の食事の成り立ち?にそって考えれば、加工食品のみの生活がどう影響するか?わかりますよね。
犬も同じ、食が身体をつくるのは同じなんですよ。
世の中、別だと思ってる人が多いような・・・もしくは見ないようにしている人もいるような。
人間的には便利ですからねドックフードは。

お名前: やま〜   
総合栄養食って言っても自然食品の場合は殆どのビタミンは壊れていますね。
後で添加してるビタミンやミネラルが入ってるものは大丈夫なのでしょうか?
でも、そんなビタミン、ミネラルって合成ですよね?
体には害にならないものなのかな?最近は自然食品をと考えてる人も多いんで。

お名前: ?   
今は、あれやこれやと策が練られ、あまり熱を加えないで加工する方法ももちろんありますが。
300℃が言いすぎなら200℃の加圧はかけられています。(一般的なフード)
ほとんどの栄養は破壊されていることでしょう。なので、
焼いたあとから合成の劣化しにくいビタミンミネラルを吹き付けて調整しているのですよ。
自然界にある微妙な栄養素は確実にないわけで。
だから、お野菜をトッピングしたり、果物をあげたりと皆さんは工夫しているのでしょうね。

お名前: なべ   
フードの乾燥温度はよく知りませんが「300℃」はヒーターとかの熱源の温度じゃない
でしょうか?。
製品や乾燥の実際の温度が300℃じゃ、燃えてしまいそう。

お名前: ?   
高圧っていっても、ドックフードなんて300℃の高温をかけられている物が殆どですよね。
ドックフードを常食している子でないなら家庭でつくる物なんてたかがしれてますよ。
毎日、高温で揚げる揚げ物を食すわけではないんですよね?
ガンの子にはでんぷん質だけではなく、いろんな配慮が必要になってくるでしょ・・・
でんぷん質だけに不安になっても仕方ないです。
何も食べさせられなくなりますから。
特に健康体なら常識の範囲なら心配はいらないと思いますよ。

お名前: なべ   
常圧での水の沸点は100℃
圧力鍋だと沸点が上がるからおおまかに120℃前後

この温度が高温かどうか。加熱時間は短いと言う点もあり。
温度だけの問題なのか、温度×時間で受けた熱の総量の問題かによっても。

いずれにしろ揚げ物や焼き物に比べると温度としては低い。
加熱することで毒素がなくなるものもありますので生が一概によいとも言えず。

お名前: みき   
炭水化物を多くとるとガンになりやすいんじゃなくて、炭水化物はガンの子には控えめにって事です。雑穀がガンになりやすいのは農薬の問題と聞いた事がありますけど。
今回の質問はジャガイモなんかを高熱で揚げたりした場合、有害な物質が発生するって
事みたいです。じゃぁ、圧力鍋で蒸すのは大丈夫なの?って思ったんです。
煮たりするのは問題ないと書いてあったんですが。
でんぷん質を高熱で料理するとって書かれてたんで心配になったんですが。
でんぷん質って結構料理に登場するし、生で食べるものは少ない気がして。

お名前: いや〜   
??さん
ホントですね。よ〜くこの記事読んだら。
要するに焦がさないようにしましょ、焦げたとこはあんまり食べないようにってのに近い
話ですな。
犬のごはんなら炊くとかゆがくって水分たっぷりだからどっちにしろ関係ないわけですな。

お名前: ??   
難しく考えなくても…
もともとは前からある「焦げたところをを食べたら」…みたいな話なんじゃないでしょうかね。

お名前: いや〜   
ご自分の愛犬について「炭水化物控えめで肉食に近い食餌の方が向いてる」といった
キチンとわんちゃんを把握されて、でんぷんを少なくされることを否定してるわけでは
ないのでその点はご理解を。

実際に炭水化物が少ない方がガン予防になると仮定しても、そればかり考えて、例えば
肉に偏りすぎて他の病気になっては意味がないですしねと言うことです。

お名前: いや〜   
ちょっと皮肉っぽくて気分を害されたならごめんなさいね
元の記事からして「でんぷんがガンになる」ではないと思います。
ガン細胞は炭水化物を栄養源にしているといった研究も耳にしたことがありますが「研究」
ですし、今のところ炭水化物を取るとガンになるということではないように。
また炭水化物なしにした弊害(副作用)を含めた確立されたものなのかは知りません。

犬でも人間でも炭水化物なしで食事を作るとなると穀物や芋類だけでなく野菜など
植物性のものはほぼ使えません。動物性のものでも乳類などはダメです。
肉や魚(これも全くのゼロとなると…)のみ。
犬が完全に肉食で身体や健康を維持できるかについては諸説あるのでしょうが。
植物性のものに含まれるビタミンや脂肪酸、ミネラルなどが必要なら肉や魚と炭水化物を、取り除いて抽出したり合成したものってところでしょうか。

いずれにしろガン予防の研究をされるならともかく、普通のご家庭のわんちゃんに安易に
健康維持のために試される段階の研究ではないように思いますが。
「ガンになる前に違う病気や体調不良になるかもしれません」ってことです。

お名前: ano   
ガンになる前に別の……ってなんでしょうか??
意味がわからないんですけど・・・
からかいですか?
炭水化物ナシでご飯は作れないってことですか?

お名前: いや〜   
炭水化物なしって成り立つのかな?
ガンになる前に別の……ってことで究極のガン予防かもしれないけど(ガンになる方が
ましだったりして)爆

お名前: ?   
何でもメリットをデメリットがあります。一つの研究だけが全てではないはずです。
確かに、その研究は一理あることも確かです。けれどならばなぜ人間は食べるのでしょうか。
やめるべきですよね。
毎日毎日、じゃがいもや米を大量にそれのみを食べ続けるのは問題でしょうが・・・
っていうか、別の意味で問題ですよね。
何でもいろんな物を満遍なく食べていれば健康体である以上は問題はないと思います。
穀類には穀類のメリットもあるわけで、デメリットだけを考えれば全ての食べ物は
口に入れることができなくなりますから。
あまり神経質にならない方がいいと思いますよ。

お名前: みき   
今サイト見ました。
http://health.yahoo.co.jp/news/detail/?idx0=w03080302
これって人間も動物も同じですよね?
うちは毎日手作りです。ジャガイモももちろん使うしサツマイモも。
この記事からしたらでんぷん質を高熱で加熱したらって書かれています。
でんぷん質って米もパスタもパンもですよね?
みなさんどう思われますか?小さなワンコなんでなるべくは避けたいです。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る