記事タイトル:ラム肉は老犬に不向き? 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: なな   
↓他のスレででてましたね。失礼!

お名前: なな   
我が家は、とりのガラを炊いてあげますが、
一旦冷まして上に固まった脂肪は捨てます。
ラムの骨を煮てあげるときも、
冷まして上に固まった脂肪はとったほうがいいと思います。

お名前: 我が家の場合は   
こちらのほうこそありがとうございました。

53さんの徹底的な探究のおかげで、
たくさんのことを教えていただきました。

たしかに、漢方の考えも参考になるかもですよね。
今まで結びつけて考えたことはありませんでした。
小松菜と肝臓が…。初耳です。
漢方にも食べ合わせの考えがあるのですね。

またいつかお話しできたらいいですね。

お名前: 53   
我が家の場合は様

本当に色々とありがとうございます。これですべての疑問(今のところはですが・・)が
とけました。
鹿肉は脂肪がとても少ないみたいで、脂に弱いうちのわんちゃんにひじょうに良さそう
なので、これで安心してあげられますよ〜
ステーキにして食べさせますね

質問鋭すぎたですか?笑 なんか我が家の場合はさんは学生時代の先生や教授を相手に
してる感覚で(何を聞いても必ず答えを返してくれるので)ついついしつこくつっこんじゃい
ました。本当にごめんなさい。そしてありがとうございました♪

あっ今日早速、図書館で薬膳の本を借りてきましたよ。小松菜は動物の肝臓と一緒に
食べさせてはいけないと書いてあってどきっとしました。
今日も小松菜と兎肉食べさせたのに・・
兎肉は肝臓〜骨から内臓がいろいろと入ってるので・・それでちょっと胸に湿疹がでてるのかな?
薬膳の本おもしろいですね。これからじっくり読んでみますね。

あっところでラム肉が強いと書いてあった件も一応確認できました。
我が家の場合はさんのおっしゃる通りラムはエネルギーが強すぎるみたいです。
普通に健康なわんちゃんや、病気のわんちゃんを元気にする時には良いみたいですが、
ただ年をとってきて運動量も低下して一日中寝てるようなわんちゃんには
そのエネルギーを消化できなくて体にたまってしまうそうです。
そんなわけでたまに食べさせるには全く問題ないのですが、運動量が極端に少ない
老犬には「すぎたるは〜」になっちゃうみたいです。

ただ兎の肉を生であげるのは良くないと書いてあった件に関しては「寄生虫がいるから」
とだけでした。どんな動物の肉でも寄生虫がいるからなるべく火を通すようにと・・
う〜ん・・これはちょっと???でしたが、まぁ「キッチン○ック」さんは
そういう考えなのでしょうね。
あっちなみに生でも馬肉だけは安心と言ってました。

本当に色々と手取り足取り教えてもらえて、感謝の気持ちでいっぱいです。
もし近所に住んでいたら、お礼に大量にあるラムの骨をプレゼントしたいところですが、
匿名掲示板ゆえにそうも行きません・・
でも、本当に本当にありがとうございました。胸のつかえがとれました。
これからも何かありましたら質問スレ立てますのでよろしくお願いしますね♪

お名前: 我が家の場合は   
18歳ですか!大事にしていらしたんですね。

鹿肉についてですが、
北海道の小学校で、駆除した鹿の肉のシチューが出た
というニュースを見ましたし、
野生の猪からE型肝炎感染というニュースの中で、
原因はボタン鍋にした際にまだ肉が赤いときに
引き上げていたからで、完全に火を通せば問題ない、
という解説がされていました。ただし、
器具や手の消毒は念入りにということですが。

53さんの質問の鋭さこそただものでない、という気がしますよ。

お名前: 53   
我が家の場合は様

こんにちは、いつも本当にありがとうございます。
うちのわんちゃんはホント弱くて今まで何度も開腹手術をしているんです。
そんな子だから、普通の子だったら大丈夫なのにダメなことが多いのでなんとなくラムも与えすぎ
はダメなのかな?
って思っちゃいます。ちなみにこの子には年の離れたお姉ちゃん犬がいたのですが、その子はず
っとラム主体のフードでも18歳まで元気に生きていました。
やはり体質ってあるのでしょうね・・

我が家の場合はさんの漢方のお話を聞いて、うちのわんちゃんにはやはり同じ食べ物をずっと食
べさせるのは危険な感じがしました。気は強いのですが、体は弱い弱い子なので・・笑本当に色
々とありがとうございました。
我が家の場合はさんのお話を聞いて、薬膳に興味が出てきたので図書館でその手の本を借りて勉
強してみますね。

鹿はやはりちょっと怖いですね。でも汚染されうるとしたら火を入れて調理さえすれば大丈夫な
ものなんですか?
なんか肝炎ってすごく怖いイメージなんですが。。
兎も野生の兎だと野兎病なんてのがあるのですね。なんとなく野生の動物たちって野菜でいう所
のオーガニックな
イメージで悪いイメージがなかったのですが・・ホント勉強になりました。

なんとなく安心なのは馬と飼育されている兎だけみたいですね。
危険かもしれないと思いながら鹿肉を食べさせるのもね。。
火さえ入れれば絶対に大丈夫だったら安心なのですが・・
どちらにせよ鹿肉って筋が多くて硬いみたいだから、ステーキのように焼いてあげようとは思っ
てましたが・・
鹿肉に関してはもう少し調べて見ますね。

ちょっと本を持っているだけのド素人ではないですよ〜我が家の場合はさんだったら十分「手作り
ごはんのカウンセラー」
になれると思います。すごく色々な面から見ての勉強もされているみたいだし・・
もし良かったら、そんなブログ作ってほしいなぁと思ってしまいました。甘えすぎですか笑
これからもどうぞよろしくお願いします♪

お名前: 我が家の場合は   
53さんのわんちゃん、大変だったんですね。

脾臓や膵臓の肥大が「強い」ラムを与え続けたせいか、ということは、必ずしも言い切れないでしょう。
漢方では肉はすべて、体を温める、冷ます、の違いはあるものの、同様に過食によって脾臓を痛める
ということが指摘されています。
しかし、あくまで人間と犬の栄養はかなり異なり、人間と同じように「肉ばかり食べると体に毒」とは
必ずしも言えないのと同様ある肉ばかりを与えたことが害になったのか、ということは分かりません。
(言わずもがなのことだったかもしれませんが。)

ともかく、強壮作用が言われているようなものは同じものばかりを与え続けない方がよい、ということは
そうかもしれない、とは思います。

鹿肉は野生のものにはおっしゃるようにE型肝炎が見つかっているらしいですが、
牧場のものは汚染されていないはずだと思います。
しかし、「汚染されうる」と考えると、生では与えがたいですね。
生にこだわらず、火を通したものをたまに与えるという手もあります。消化の様子を見ながらですが。

兎肉について、漢方では体の熱を冷ます〜体の熱はそのままに保つ、という位置づけのようです。
肉の中で特に強い作用が認められてはいないようです。
一般的には、アレルギーを起こしにくい、低脂肪、アミノ酸が豊富、とよいことが言われていますね。
兎肉について特に、生で与えてはいけない理由があるのかどうかは情報がありません。
野生のものには人畜共通感染症(野兎病)のウイルスを持っている可能性があるということは聞い
ていますが、飼育されているものにはないですし(これはあると大変なことになるので、鹿の肝炎
よりもない可能性が大きいです)。このことを指して生はだめと言っているのかどうかはわかりま
せん。
消火に問題がなければ、どうしても生でなければということではないと思います。
でも火を通す場合、骨つきミンチというわけにはいかなくなるかもしれませんね。
あまりお役に立てずごめんなさい。

種類については、わたしも53さんのご存じのものしか知りません。
兎、馬、(たまに火を通した鹿やごく良質の牛肉?)
というのであれば、十分ではないでしょうか。
(我が家は諸事情から、牛の赤身と馬の2種類に落ち着いています。)
全然お役に立てずすみません。

ここの掲示板は本当に詳しい専門家の方も見えるようです。
そういう方に会えるといいですね。
わたしはちょっと本を持っているだけのど素人です。

お名前: 53   
我が家の場合は様

何度も本当にお世話かけてすみません。そしてありがとうございます。
それにしても、我が家の場合はさんのお家には薬膳の本とか外国の先生の本とか沢山あって本当に熱
心な勉強家さんなのかそれとも、その道のプロの方なのかどちらにしてもただの手作りしている方で
はないような感じがしますか゜・・
あっでもあまり詮索すると見捨てられたら困るのでやめておきますが 笑

ラムが強いっていうのは、そういう意味なのかもしれませんね。うん、納得です。
うちのわんちゃんは小犬の頃、最初だけ牛でしたが、それからほぼ10年間ずっとラムが主体のフード
でした。
3年前に胃の手術をした時に立ち会ったのですが、そう言えば膵臓が他の子の何倍にも肥大していたり、
脾臓もはれていたり・・・長年ラム食べさせていたせいかもしれませんね。

きっと健康なわんちゃんだったら何でもないことが、虚弱体質がゆえに色々と問題になるのかもしれ
ないですね。
やはりこれからはラムの使用をひかえたいと思います。
そこで、また教えてほしいのが、ラム以外の特殊肉で体に優しいの何か知りませんか?
今はラム以外だと馬と兎しか食べさせてないのですが、鹿とかカンガルーとかどうなんだろう・・
ただ鹿はなんか肝炎の子が多いと聞いたので怖そうですが・・生はダメそうだし・・
それとこれも「キッチン○ッグ!」のオーナーの方の本に書かれていましたが、兎も生はやめておいた方がいい
と書いてありました。この辺りの理由とかわかりますか?

何か少しでも知っていることとかあればぜひぜひ教えて下さいね。よろしくお願いします。

うちのわんちゃんはフード食べていた時は日に4回位こんもりウンチしてたんですよ。
でも今は一日一回でウンチも一本だけ。その辺りを考えても、フードよりもはるかに消化吸収はできて
いると思うんですが、やはりウンチは緑と茶がクルクルっとソフトクリームみたいにまざってるウンチ
です。最初の頃はどう見ても野菜が丸まってるウンチだったのですが、今はかなりマシになりました。
フードプロセッサーにかけても、どっちにしろ緑のウンチなのできっと緑野菜が多いんだと思います。
だって、今日おじやに入れた野菜も小松菜とモロヘイヤとブロッコリーとひじき少々きのこ系少々です
もの笑ちょっと緑野菜をへらして様子を見てみますね。心配して下さって本当にありがとうございます。

うちの主治医の先生本当に良い先生でしょう?笑 大きな病院の先生なのに頭が柔軟で本当に動物の
ことを何よりも
一番に考えて下さるのでありがたいです。私も本当に力づけられました。
そして我が家の場合はさんにも本当に力をもらって日々頑張っています。本当にこの掲示板に出会えて
ラッキーでした。 これからもどうぞよろしくお願いしますね♪

お名前: 我が家の場合は   
53さんの優しいお言葉につけ入って、ずうずうしいのですがもう少し書かせていただきますね。

たまたま家に薬膳の本があったのですが、それを見ると、「ラム肉は強い」というのは、漢方の
考え方だと思いますよ。
漢方では食べ物を様々な性質に分けて、体質に合わせた摂取とともに、過剰摂取を避けるように
勧めています。

漢方ではラム肉には、
体をとても温め(寒い時のラム肉摂取は実際とても体を温めるということは、
テレビでも見たこと
があります)、虚弱体質や体の衰えを補う滋養強壮の働きが認められています(精力作用も言われ
ているほどです)。
漢方の考え方では、その食品をとりすぎた時の弊害も併せて言われており、ラムを取り過ぎたとき
の弊害としては、体を温める作用が過剰になり、全身がだるく、脾臓の作用が衰える、ということ
が言われています。
過ぎたるは……ということですね(あくまで漢方の考え)。

あと、
バーフの考えでは野菜は必ずミキサーでどろどろにしないと消化されないと言われています。
ただしうちの犬は料理の合間に与える野菜の切れ端をバリバリ食べていますが、人参以外はよく消
化されています。
しかし、便が緑色というのでは、少なくとも便に出た分は消化がされていないということです
(多少は消化されているのかもしれませんが)。
なんとかごまかしてすり潰したものを食べさせることができることが望ましいと思います。

ところで、よい獣医さんですね。うらやましいです。
私は2人の獣医さんに、頭から手作りを否定された経験があります。
その獣医さんのお話、力づけられました。

お名前: 53   
我が家の場合は様

私のために色々と調べてくださって本当にありがとうございます。
私の見た英語の本は我が家の場合はさんの言う B、フォーグル氏だと思います。

私は普段あまり料理をしないので、mlとか0.0なんとかgとかホント、ピンとこないの
ですが、50gのうどんだったらうちのわんちゃんの範囲内だとか具体的に教えてもらえる
とホント助かります〜。

うちも穀物以外で野菜とか、ひじきなんかはほぼ毎日食べさせているのでわざわざ塩を
添加する必要はなさそうですね。これからは控えますね。

でしゃばってとか全然思ってませんよ〜。気になることとかなんでも言ってもらったほうが
初心者なのでホント助かるんですから。。これからもどうぞよろしくお願いしますね♪

ちなみにこのスレのラムの肉は老犬に強いと言ったのは手作りごはんで有名な
「キッチン○ッグ!」
のオーナーの方だと判明しました
本を最後まで読んで気づきました笑

だから直接この方に聞いてみようと思います。やはり何度も何度も本の中でラムは強いとかかれて
いると心配なので・・ネットでくぐってもラムは良いことばかりで悪いこと書いてないから・・

また理由がわかったら、このスレの最後に書こうと思います。

お名前: 我が家の場合は   
たびたびでしゃばってすみません。
近所の犬の話を聞いて気になったものですから。
ご質問をきっかけに考えてみました。

B.フォーグルのレシピには、犬の体重10kgあたり塩5mlとあります。
何グラムかわかりにくいのですが、家の塩で計ってみたら0.4gくらいでした。
3.3kgのわんちゃんにですと、0.13g強ということになりますね。

ゆでたうどん100gの塩分含有量は0.3gですので、ゆでたうどん50gだったら、まあフォーグルの範囲内で
すね。

さて、そもそも塩を与えるかどうか、という問題ですが、フォーグルのレシピでは材料は肉、骨、内蔵、
植物油、穀物という、
割合シンプルなものなので、ここに塩を加えてナトリウムのバランスを取っているのだと思われます。

わたし自身は塩は加えていません。
理由は単純に私が使用しているレシピに入っていないからです。
なぜ入っていないかというとそれは、レシピにある、海藻(ひじきも)、野菜の一部(にんじん、
かぶの葉、だいこん葉など。小松菜には入っていない)、魚にもナトリウムは含まれており、
これで足りると考えられているからだと思います。
(「食塩相当量 一覧」で検索すると表が見られます。)

わたしも詳しいわけではなく、
ご質問をうけて調べたり考えただけなの
ですが……。

お名前: 53   
我が家の場合は様

あっ来てくれたんですね〜あれがとうございます♪
うどんとそうめんは確かに少ししょっぱいですね。昨日食べたそうめんは特にしょっぱかったです。
やはり頻繁にはあげない方が良いのですね。わかりました。

あっこの間、獣医さんに見せてもらった英語の本には穀物とお肉と内臓と骨粉とオイルの他に必ずお塩も
いるみたいに書かれてたんですけど、我が家の場合はさんの所ではお塩入れてますか?
私はそれを見てから、一日お塩5粒ほどおじやに入れてますが・・ちっちゃい粒子5粒です 笑 
入れすぎは怖いので、ホント気持ちだけ入れてるんですが、どうなんでしょう?
たまに、うどんとか食べさせるなら毎日5粒とかいらないかなぁ?
ちなみに、うどんを食べさせると言っても10日に一度くらいだと思いますが・・
よかったら教えてくださいませ。よろしくお願いします。

お名前: 我が家の場合は   
近所のシーズーは腎臓を悪くし、獣医には、頻繁に与えていたうどんやそうめんの塩分が原因だと言
われ、禁止されたそうです。
どれくらい与えていたのかというのは知らないのですが、塩分には注意が必要なようです。

お名前: 53   
う〜ん様

う〜んさんのおかげで毎日頭が良くなってる感じがする今日この頃です。本当にいつもありがとうございます。
ラムが強いと聞くと、なんとなくだけどラム肉ばかりだと体臭がきつい感じがします。
カロリーが馬肉や兎肉より高いのも関係があるのかしら・・

リン酸カルシウムって仰るとおり、「化学薬品」と思っちゃってました笑 でも昨日あれからよく考えたら
獣骨と言ってたけど、牛とか豚とか鳥の骨だったら、うちのわんちゃんには無理なんですよね 笑
たぶん、ラムとかそんな特殊な動物の骨ではなさそうなのでこれも無理なのかなぁ・・ふうう

うちのわんちゃんは普段、特に肝臓に疾患はないのですがそう言えば以前に一度だけ肝臓の数値があがって
大変な事になったことがあります。特に毒物を食べたとかではなかったのですが・・原因不明です。お
薬で治りました。
それで思うのは、やはりうちのわんちゃんはそれ程肝臓が強い子じゃないのかもしれないですね・・
やはりお肉のタンパク質なども分解しにくいのかもしれません。
もしかして、うちの子はベジタリアンの方があっているのかも。。笑
うすめたみそ汁かけごはんが一番あってたりして・・あっでも大豆ダメなんですよね

カロリーの事を考えるとどうしてもお肉は必須になってしまいますが、これからはあまりそういう事を
考えずにお肉をお休みして内臓を休ませる日なども入れていきたいと思います。
手作りしてから生肉にはまってしまって、おじや食べてる途中に何度も「おにくまぁ〜だ?」と私の顔を
みあげるんですよ(お肉はおじや食べ終わってから、お皿に入れてあげるので)
それがなかったらきっと
恨めしい顔するんだろうなぁ・・と思うと可哀想だけどこれも試練ですよね 笑

小麦はお米よりもタンパク質豊富なんですか? だったらうちの子はうどんは食べられるので、お肉のない日に
おうどんでもよさそうですね。
本当に何から何まで色々と丁寧に教えて頂けて感謝しています。また何かありましたらよろしくお願いします♪

お名前: う〜ん   
書き忘れ
お米も野菜も、肉、魚、大豆などに比べて少ないだけでタンパク質は含まれてますよ
穀物でも小麦は米や大麦よりタンパク質は多いですね
「薄めた味噌汁かけごはん」で健康に生きた犬の場合はお米のタンパク質で足りてたってこと
かもしれませんね

お名前: う〜ん   
あなたのわんちゃんのことなので断言はできません…もちろん責任はもてませんので^^

犬は何日間も食べないでも生きていけるように聞きます(というか野生動物では獲物があるときに
食いだめが普通ですし)
それからいくと毎日一定量のタンパク質を摂らなければならないことはないように
月に何回かは内臓を休めるのに断食させるという方もおられますしね

うちの犬は餌が強いのが続くと自主的に断食します^^

以上、申しましたように参考程度に聞き流してネ
それでは貴方とわんちゃんが健康でありますように!

お名前: う〜ん   
こんにちは
リン酸カルシウムなどと書かれてると「化学薬品」か?なんて思いますよね
天然原料100%のドッグフードでもビタミンやミネラルには「化学物質」のような名前がありますが
「炭酸カルシウム」は貝殻が原料だったり…

本の著者の方にはラムは強くてもあなたのワンちゃんに問題がないなら参考程度で考えられたらどうでしょうか
ただ、今のワンコ事情から考えるとフードにしろ、手作りにしろ栄養の不足より摂りすぎ
に注意することも必要かと
私のまわりでも犬仲間で言うところの「餌が強すぎる」状態のわんちゃんが多いんですよ

以下は私の「妄想」なので読み流してください〜^^
食べ物のアレルギーの場合
,瓦限られた特定の種類のタンパク質(アミノ酸)がダメな場合
▲織鵐僖質自体の分解や肝臓での解毒が苦手=タンパク質を多くは必要としない
ケースがあるように思います

だからといって肝臓に疾患があるとか、身体が弱いとか、犬として異常なわけではないです
まあ、タンパク質ではないけどお酒が強い人と弱い人がいるようなもの(お酒が強い人が
健康で丈夫な人ではないですからね)
多くの種類の食材にアレルギーがある場合はタンパク質の摂取自体を少なめにするとか
肝臓の処理を楽にするために肉などタンパク質を多く含む材料の少ない日を設ける(逆に
普段は白米ごはんベースの粗食で肉などは時々与えるという方もおられます)などもひとつ
の方法かもしれませんね

お名前: 53   
う〜ん様

何度もありがとうございます。う〜んさんはとても詳しいですね。
骨に脂肪が多いとは・・・ホント初耳でした。それでラーメンなどの豚骨スープってこってりしてるのですね。
毎日毎日、勉強になります〜

骨の原料のサプリがリン酸カルシウムなんですか〜実は前に違う掲示板でカルシウム補給には
第二リン酸カルシウムが良いと教えてもらったんですが、なんだか怖そうなネーミングだったので
とても怖くてあげられませんでした。
骨が原料であるならば、この先もし骨粉とか作れなくなった時はたまに利用してみてもいいかな?と
思いました。(でも、うちの子はサプリ系は今の所吐き出すので当分無理ですが・・胃腸が強くなったら)

犬は粗食動物なんですか?本当にお肉をあげなくても大丈夫なんでしょうか?
あっでもうちのわんちゃんはたんぱく質になるもの、たとえば卵とか大豆とかお魚にアレルギーがあるので
たんぱく質とる為にはお肉は必須になるんですよ。。
となるとやはりお肉ですよね?

だから、なるべく体に優しいお肉をあげたいのですが、お肉も牛、豚、鳥類全般にアレルギーがあるので
今はラムを主体に兎や馬を食べさせてます。この他に体に優しいと思われるお肉ってしりませんか?
知ってたらぜひ教えて下さいね。ちなみにカンガルーは臭すぎて食べませんでした。

あっそれとう〜んさんは肉をあげないで、ご飯と野菜だけをたまにあげても大丈夫だと思われますか?やはり
なんらかのたんばく質は必要でしょうかね?よろしくお願いします。

お名前: う〜ん   
骨は脂肪が多いそうですよ 特に獣骨は多いそうです 魚でもタラの骨などは油分が少ないそうです
なので骨を原料にしてカルシウムのサプリメントなど(リン酸カルシウム)を作る際には
高温で乾燥処理して油分を飛ばす必要があるそうです(でないと腐敗するから→でもその
結果、骨としての栄養は落ちるそうですが)
鶏ガラなど骨のスープは栄養もありますが油分が多いので与える量は注意した方がよいかも

どの栄養素も取りすぎれば毒ですからね
犬は雑食ですし、本来は粗食動物だと思います
犬にどんどん肉を与えるようになったのはごく最近のことですよね 人間にとっても肉などは貴重な
もので、常食しだしたのは畜養技術と冷蔵冷凍流通が発達したせいぜいここ数十年のこと
犬は肉も食べますが純粋な肉食ではないので日常的に「肉を与えないといけない」ことないように

肉の寄生虫などは加熱すれば大丈夫なんじゃないかな? 



 

お名前: 53   
う〜ん様、バランス様

レスありがとうございます〜う〜ん、でも私の借りた本では部位とか関係なくて、「ラムは強すぎる」と
はっきり書かれているんですよ〜しかも同じ本に2回もそのフレーズが出てます。

それで、ふっと思ったのがこの前ラムの骨でスープを作ったのですが、うちのわんちゃんはそのスープを
飲んだ
後3日連続で吐いたんですよ。うんちも油まみれでしたし。
普通、骨のスープって体に優しいイメージじゃないですか? 普通にラム肉は食べるのに・・
でもたしかにそのスープは油ぎっとり感が漂ってましたが・・

だから「ラムが強い」と書いてあるのを見て妙に納得はしたのですが、そんなこと始めて聞いたので
知ってる方はいるかな?と思って聞いてみました。
もし本当に強いのなら、他のお肉を考えなければいけないなと思って・・

ちなみに鹿のお肉は野生の鹿は肝炎が多いからと↓の方のスレで見ましたが、牧場などで飼育されている
鹿肉は大丈夫なのでしょうか? 鹿肉を食べさせている方がいたらぜひ教えて下さいませ。
よろしくお願いします。

お名前: バランス   
何でも〇〇ばかり・・は、いけないらしいですよ。
いろいろな、タンパク質を与える方がアレルギーになりにくいとか・・

お名前: う〜ん   
そうなんですか〜
想像ですが
肉の問題というより、部位によって脂肪が多いとか、そういうこともあるのでは?
ラムは肉の中では比較的、タンパク質が少ないので、低タンパクの米と組みあわせて
タンパク質の過剰摂取アレルギーとか、肝臓負担の軽減用フードの材料として使われたり
しますよね
(同じ量での比較なのでそのぶん、たくさん食べれば意味ないわけですが)

ラムに限らず、人間用の食肉は、食味とか軟らかさなど優先で肥育されてますので
脂肪が多いという面がありますからね 

お名前: 53   
今日、図書館で借りてきた手作り本に、「ラムの肉はとてもよいたんばく質だけれど、老犬には少し強
すぎるのでうちではたまに食べさせるくらい」と書いてあるのを見ました。
これって本当なのでしょうか?
その本の著者の愛犬は9歳。うちのわんちゃんは10歳と年も上なのですが、ラムばかりほとんど食べさ
せています。
馬や兎も食べさせていますが、ラムが断然多いです。
これってまずいのでしょうか?

もし、まずいとしたら何がまずいのかぜひ教えてください。よろしくお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る