記事タイトル:手作り食の食材の配分と排毒?について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: まま   
るみさん、どうもありがとうございました。
ドクターとも相談をして、検査も随時取り入れていこうと思います。

お名前: るみ   
検便では、食事内容の消化率がわかります。
バランスよく消化できていないと、胃腸への
負担が掛かるそうです。
尿検査は、内臓疾患・糖尿・尿路系の検査が出来ます。
手作り食をする上で、良くも悪くも傾くのが
愛犬の健康です。
手作りは良いと思いますが、
食材によっては向き・不向きあります。

一つの提案なのですが、手作り食を
提唱されている須○動物病院の先生に
電話でご相談されるのも良いかもしれませんよ。
料金はお安くないのですが、不安がなくなるかも
知れませんよ。

お名前: まま   
るみさん、ありがとうございました。
検便や尿検査で食事が適切かどうかのチェックが可能なのですか?
血液検査でないとわからないものかと思っていました。
手作りを進めていく上で、食事内容が本当に良いのかどうか不安になります。
これもドクターに相談をした方が良いのでしょうね...。

お名前: るみ   
手作りの食材の各分量ですが、メインになる食材を
中心に考えています。
うちは、メインが生肉なので、これで補えない栄養を
野菜類、サプリメントで摂るようにしています。
月に1度は、検便や尿検査もしています。

穀類メインであれば、蛋白源になる食材は3分の1(g)
ぐらいにすると良いのではないでしょうか?
ただ、腎臓疾患があるとの事ですので、手作り食に
精通している獣医さんと相談されて、食材と分量などを
決められたほうが良いと思いますよ。

お名前: まま   
るみさん、書き込みありがとうございます。
うちは腎臓疾患の為、動物性タンパク質量を制限されているので穀類を取り入れています。若くて健
康なワンだったら私も生食をしたいのですが。
手作りの食材の各分量はどうやって決めていらっしゃるのでしょうか?

りんかさん、参考になるサイトのご紹介をありがとうございました。
勉強になりました。

お名前: りんか   
追加です。http://www.aydoggy.com/contents/pickups/allergy3.htm
獣医さんによっても見解は違いますが、
私の懇意にしている獣医さんのお話とよく似ているので
参考まで良かったら見てください。
アレルゲンの特定は難しいですが、
『スペクトラムラボ』という検査もあります。
↑検索で出てくると思いますよ。

お名前: るみ   
食物アレルギーは、食材を変えてから大よそ1ヶ月半〜2ヵ月程度で
出てくる事が多いそうです。
食物アレルギーの子の症状には、発疹・嘔吐・下痢・外耳炎など
その他・・があります。
食物アレルギーである場合、アレルゲンになりそうな食材を
一つずつ減らして、長期間様子を見なければいけないと思います。
排毒症状の可能性もあると思いますが、どちらにしろ夜中まで掻き毟ると
いうのは、ワンちゃんにとっても辛いですし、大きなストレスになります。
皮膚に発疹が出ているのは可哀相なので一度 病院で見て頂いた方が
良いと思いますよ。 掻いた所が傷になると可哀相ですヨ。
 私は手作りと生肉食をローテーションしています。
カロリー重視で量が増えると、うんちが緩くなるので、たんぱく質量を
重視するようにしています。
穀類は、たまにしかあげていません。
 

お名前: まま   
手作り食への移行期でのトラブルについてお世話になりました者です。
その後、手作り食に完全に移行したのですが、
完全移行2ヶ月目から皮膚に痒みを主体とするトラブルが出て、困っています。
(ほぼ全身に発疹が出て、夜中まで掻き毟るといいう状態が1ヶ月近く続いています。
あまりにもひどく、長期に渡っているので、排毒なのか食物アレルギーなのか
わからない状態です。
手作り食先輩方にもこの様なことがあったのでしょうか?)

そこで、食材の見直しも含め、食材配分の見直しもしているのですが、
配分方法がわからなくなってきました。
穀類、動物性タンパク質、植物性タンパク質、野菜、油脂・その他を、
重量比で配分しているのですが、
それをカロリーやタンパク質量に置き換えると、必要カロリーに達していなかったり
タンパク質過剰となったりします。

手作り食先輩方は、何を基準に全体を組み立てていらっしゃるのでしょう?
各々の食材の重量配分をどのように決めていらっしゃるのか、等々、
教えて頂けると助かります。
(手作り食の本は3冊程参考にしているのですが、
読めば読むほどわからなくなります。)
よろしくお願い致します。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る