記事タイトル:たんぱく質の過剰摂取について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ウォルサム    URL
ウォルサムの発行してる本を買ってみました。一部抜粋します。
ヒルズやアイムスもそうですが、特にウォルサムは、フードは原材料はアレだけど
栄養要求量などの研究は素晴らしいと聞いたので。ゆーほさんもウォルサムの解説をブログに引用してるし。
やっぱりワイソングを使って説明してた人と同じようなことが書いてありました。

「食餌性蛋白の最適摂取量は12〜13歳の郡の方が、9〜12歳郡より大きかったとしている。

高齢犬のほうが 若齢成犬より蛋白要求量が高い。

その一方で、高蛋白は腎臓に負担となる。

したがって、蛋白要求量は食事中の蛋白含量を 単純に増加させて満たせば良い というものではない。

蛋白質の量よりむしろ、蛋白質の質を考えた方が良い。

高齢犬の場合、高生物価の蛋白質で」とあります。

老齢の猫に関しても同じように書いてありました。
「遅い時期の高蛋白摂取が有害であると言う意見もあるが、今のところこの考え方を支持する所見はない。
確かに慢性腎不全治療では食餌性蛋白を制限するが、
制限によって蛋白栄養不良を起こす可能性がある健康な高齢猫にこれをそのまま当てはめるのは懸命ではない。」
ウォルサム
http://www.masterfoods.co.jp/study/index.html

お名前: 教えて下さい   
>ヤフーの掲示板で、おじや先生のレシピで過ごして
大変なことになったって話題もありました。

すみません、すごく気になるのですが、その情報を探すヒントでも
よいので教えて下さい。

お名前: キャットフードについてだけど某所から転載   
イノーバエボは今のリコール問題が落ち着いたら(今は米国産避けたい気分) 
ローテの一つとして使ってみたい一品。 
元来ネコって肉食動物だしなw 
たんぱく質が多いと腎臓に負担がかかるという説もあるけど 
実はたんぱく質の「質」の問題らしいし・・・。 

4DとかMeat Meal(血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃、ルーメンなどを精製したもの)や 
bi-product meats(残り物の加工肉と言う意味で肉のどの部分なのかどんな薬品を使ったかも知らせる必要はない) 
なんて使ってないことは大前提。 

腎臓の機能はフィルターの役目だから質の悪いたんぱく質だと、腎臓も激しく働き続けて負担をかける。 
高品質のタンパク質なら悪いものが入っていない分、消化も早いし腎臓に負担がかからない。 

実際ワイソングの腎臓用の医療食(一般では買えない)は 
原材料の上位5は 
Beef, Beef liver, Chicken, Ground Beef and Chicken bone, Fish Oil・・・ 
牛肉、牛肉肝臓、チキン、牛ひき肉と鶏の骨、魚油・・・ 
成分:protein 50.0%  fat 28% fiber 2.8%  moisture 3.0% 
になってる。 
ttp://www.wysong.net/page/WOTTPWS/CTGY/RXDIET 
(Nephreon→ KidneyをクリックするとPDFで成分表でてくる) 

だから、自分としては高品質でヒューマンクオリティな動物性たんぱく質を使ったフードなら 
たんぱく質の量が多くても結構よさそうだなと思ってる。www

お名前: Pちゃん   
りんご様
ありがとうございます。うちの子が食べられるフードが、やっと解ってきました。
「みちり○」、「クイック ケーナイン スペシャ○(吉岡が製造)」、「ジロ吉ごは○」です。
こうみてくると、全部国産品なんです。すべて、トッピングありでないと食べませんが・・・。
トッピングというよりは、混ぜているっていうほうが適切かもしれませんが、「ワンパストレ
トル○」、「馬肉のレトル○」、「愛情物語 霧島鶏」等です。あと、「湖のワカサ○」も加
えています。これなら、完食です。(夕食のみ、亜麻仁油を加えています)
ちなみに、イノーバエボRFは、まったく食べなくなりました。3Kg袋、寄付しました。
真空パック器を持っていますので、RFでは一番小さいのが3KgだけどOKだと思って購入
したのですが・・・。ティンバーウルフ(オーシャンブルー)の1.8Kgも同じ運命に・・・。

お名前: りんご   
旧も新もドクターズサポートを与えた事は無いんですが・・・
マザーには小麦粉が入っていて、うちの1匹は小麦アレルギーなので与えられません。
新ドクターズサポートには小麦が入っていないので、興味はもっています。
でもお値段が・・・

特別、この先生に肩入れする気はないんです。
獣医さんの多くは、穀類中心のフードのせいで今の犬はアレルギー体質が増えた、高
タンパク食を与えなさいと言ってますね。(最近よく見かけます)
でも高タンパク食を長期間続けて与える事は怖くてできません。
もちろん穀類を中心に・・・というのも怖くてできません。

現在4歳のチワワは遺伝性の神経系疾患を患っておりますが、奇跡的に(?)元気
なんです。
同じ病気でも真っ直ぐ歩けない子や手術をしなければいけない子が多いのに。
うちは激しい運動を長時間してはいけないぐらいで、走ると早いし食欲もあります。
見た目では全くわからないので他のわんことの接触は慎重ですが・・・。

この子の今までのドッグフードを考えても高タンパク食を与えた経験がありません。
食欲が無い時は、ドッグフードをふやかしてヨーグルトを混ぜるとかりんごのすり
おろした物を混ぜるとかその程度です。
下痢もしないし。

私はタンパク質20%前後のフードに肉のトッピングをする方が安心です。
すっごく嬉しそうに食べますよ。
Pちゃんさん、ドライフードが苦手な子ならなおさら、プチ手作り食に挑戦されてみて
はいかがでしょうか?
チーズのふりかけ、ドライ納豆、ヨーグルトなどなど・・・
もちろんわんこによって好き嫌いがありますが、1種類でもトッピングしてあげれば
食べるようになるかもしれませんよ。

お名前: S先生は・・・   
おじやレシピ本を出していて
旧ドクターズサポートはマザーとほぼ同じ。
マザーといえば穀類フード。
高蛋白否定派で当然ですね。

お名前: ふむ   
環境や固体にもよるでしょうし
獣医師も考え方はさまざまですよ。

ヤフーの掲示板で、おじや先生のレシピで過ごして
大変なことになったって話題もありました。

ところで肉の含有量が50%ってすごいですね。

お名前: りんご   
ドッグフードの手作り本が売れている獣医さんのお話・・・
「高タンパク食は ヾ梁,防蘆瓦鬚ける ⊃嫗,防蘆瓦鬚ける
 分解や代謝にたくさんのエネルギーを必要とする。タンパク質には窒素が含まれて
 いる為、代謝産物としてアンモニアも発生してしまう。
 アンモニアを肝臓で毒性の低い尿素に変換し、次に腎臓がその尿素を血液からろ過し
 、尿として排泄する。
 よって高タンパク質の分解には肝臓・腎臓ともに大きな負担をかける事になる。」
 との事です。

私もイノーバエボRFに興味をもっていましたが、今日この先生のコメントを知って
ちょっと不安になりました。
やはり適度な量の方が安心です。
危ない賭けはしたくないですから・・・。

お名前: りんご   
凶暴の件は間違いなようですよ。
草食動物に高たんぱく質を与えて凶暴になったという実験の話を聞きました。
しかし犬は元々肉食動物なので凶暴になる事は無いらしいです。

イノーバRFではないのですが、肉の含有量が50%というフードを与えたところ、
初日からゲップがすごいですね・・・

長期間(5年や10年)、高タンパクを摂取していたらどうなるのでしょうか?
先祖がオオカミとはいえ、昔と今では環境が全く違いますし・・・
たにさんの仰るようにローテーションするのが良いと思います。

お名前: Pちゃん   
凶暴の件は、まったくのデマでしょう。
そんなことが本当なら、BARFを実践している犬は、
全部凶暴になるということになります。

お名前: どこぞの・・・   
たんぱく質(動物性?)を過剰に摂取すると、凶暴性が増すと何処かの
犬関連の本に載っていたようないないような・・・。
嘘か誠かは知る由もない・・・。

お名前: ちわ   
これは獣医さんや栄養学の専門家によっても意見が分かれますよね〜。

私はイノーバEVO RFか、今お試し中のティンバーウルフでローテを考えてます。

お名前: みっちぃ   
ドッグフードのタンパク質の吸収率は70%ほどと言われていますがどうなんでしょうねえ。
70%の計算でいくとイノーバエボRFでも36.4%ほどになりますよねえ。
メーカーによりますが、カロリーは代謝エネルギー(ME)で表示してるが、成分は総エネルギー(GE)
で表示してある場合が多いように思います。
どちらかに統一してくれたら良いのにと思いますねえ。

お名前: たに   
この手のフードは、10年以上の臨床を経ないとわからないと思います。
ただ、腎臓に問題のある固体は、確かにたんぱく質が多いと
悪影響を与えるそうですが、健康な固体は問題はないと思いますが、
これも長く供与しないとわからないと思います。
安全策は、ソリッドやアズミラなどの低脂肪、低蛋白のフード
などとローテするのがいいと思います。

お名前: Pちゃん   
我が家のワンコはドライフードが苦手で、馬肉レトルトや鶏肉レトルトを混ぜて
食べさせています。今何とか食べてくれているフードは、イノーバエボRFです。
イノーバエボRFは、脂肪分とカロリーを抑える代わりに、たんぱく質が52%
以上です。
人間の場合、たんぱく質の過剰摂取は腎臓にダメージを受けるようですが、先祖
がオオカミである犬の場合はどうなのでしょうか?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る