記事タイトル:おやつ 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 噛む噛む   
ありがとうございます。
この掲示板タイトルはドックフードですね、犬の食べ物という事だと勝手ながら理解していました。
ドックフードという定義は割愛しまして、ココチ様カミーユ様それぞれの意見ありがとうございます。
ペットショップで有ろうと無かろうとペットを購入し飼育する事は人間のエゴです、これは私見です。
ならばそのペットを長生きさせるための悪戦苦闘もエゴですね、これも私見です。
飼育という事自体人間のエゴである訳ですから、飼ったからにはいろいろと考えてあげたいのです。
それがワタクシ勝手な責任だと思っています。話がそれてしまいますが人間も、
人間の三大欲求のひとつでも欠けていれば総じてストレスに陥りやすくはないですか?
ペットという生き物はペットで有るが故、欠けてしまっています。
欲しい時にもらえない、決まった時間にしか外に出られず…諸々等々、窮屈ですよね。
せめて噛むという欲求はさせてあげたいなと思った次第です。話がそれそうなので…。
まとまらずすみません。

お名前: ココチ   
>カミーユさん

書き込みのタイミングが悪かったかもしれませんが
私は特にあなたの発言に反応したわけでは無いので
お気になさらずに・・。
あなたのおっしゃってる事はもっともだと思っています。

いずれにせよ、食の安全性についてはシビアになりがちな昨今
犬たちのためにせよ人のためにせよ何を信じて選べば良いのかわからない
という現状には困ったものですね。

我が子同然のかけがえの無い犬たちのために少しでも良い情報があるなら
知りたいという気持ちはスレ主さんと同様です
ただ、情報を判断するのもまた至難ですけれど。

お名前: カミーユ   
>ココチさん

別にあなたの言った事に対しては、何も言ってないですよ。
あげる・あげないの是非は無駄だと書いただけです。

この人は、「あげてる人は何に注意してるの?」って言ってるんですよ。
だから、「私は○○を注意して選んでます」って答えでいいんです。
だから、あなたの答えかたは合っているのだから、
どうこう言ってないですからね。

でもね、、思うのは、犬のおやつの安全性よりも
自分の子供のおやつの安全性にでも
もっと気をつけた方がいいと感じる飼い主が多いよ。

犬は、飼い主のストレスの吐き場所じゃないんだけどね。

お名前: ココチ   
自分たちが食べる食べ物においても、完全自給自足でも無い限り確信を持てる
安全な食べ物なんて存在しませんから。
確信を持っているならそれは完全な思い込みにすぎないでしょう。

犬にとって安全な食べ物となると自分自身の体が取り入れるのでないだけに
なおさらわからないとおもいます
それはおやつのみならずフードもそうでしょう
とても人に無責任に何が安全ですよなんてアドバイスなど差し上げられない事だと考えます。

それをふまえたうえで、私の場合はリスク回避のため一応自分が納得したもので
種類の違ったものを少しずつあげていますよと書かせてもらったまでです。

私の場合、愛犬は家族ですから何かあってもとにかく最後まで面倒をみてあげる覚悟でいますが。

お名前: カミーユ   
質問者はそうゆう事を聞いてないでしょ?

もうあげているんだから、あげなくなる方が可哀想だよ。
どんなのが安全?って聞いてるんだから、
あげる・あげないの是非みたいな議論は無駄だと思う。

基本的に、飼い主の自由なんだからさ・・
あげるもあげないも。

自分の考えでは、キチッとしたカロリー計算の元に
長生きして欲しいなんて思ってない。
そこそこ安全で、そこそこ美味しいくて、
尚且つ犬の体調を、そこそこ管理できていればいいと思う。

犬の食い物にそこまでナーバスになるのならば、
自分達も食い物に、もっと注意した方がいいと感じる。
飼い主に何かあったら、犬が一番迷惑するんだからな。

捨てられる犬で近ごろ多いのが、
飼い主が「病気」になってしまって飼いきれない為に・・・
っていうのが多い。

気をつけようね^^。

お名前: aha   
噛むものを積極的に与えなければならない…ってのも迷信?みたいな部分もあります。

歯(歯周病など)とかも内臓や、口腔内(唾液)など身体全体の問題ですので硬いもの
を毎日噛ませればOKってことはないです。安全性が高いものでも噛むおやつによって栄養
バランス(なんらかの栄養素の過多など)が崩れれば歯は悪くなります。内臓や唾液の状態
に問題なければ歯磨きなども基本的には不要ですよ。
何か「噛む」必要があれば木でも小屋でもかじって犬は自己解決しちゃいます(爆)
ごはんが強ければ草を食べて中和?しますしね。

理想論というか原則論としては
歯磨きはどうすればよいの? →しないでよい状態に管理してあげること
シャンプーの安全性? → シャンプーをしょっちゅうしないでよい皮脂の状態に体調を
             管理してあげること
躾は? → 個体差はあっても極端に問題のある気性の犬は繁殖されてないはず(?)
      その犬種にあった環境のもとで体調がよければ飼い主を困らせるわんこは
      そうはいないはず(飼い主の過剰な要求は別にして)
  その他……云々と

わんこにあれもこれもするより、できるだけ何もしない(おやつを無理にあげる必要は
ない)で済むように基本管理の原点に帰ることも必要かと。

    

お名前: おもち   
あとは良質の生骨(うちの犬は脂肪の多い獣骨は苦手なので低脂肪な大型魚の魚骨)が手に
入ったらやります。生→ゆがいたものも含みます。
加熱乾燥させた骨類も含めてわざわざ探して買ったりはしませんけどね。

お名前: おもち   
噛むもの
うちは自分でついた「おもち」を時々です(硬いのをそのまま)
ついた時は毎日あげるのでごはんとトータルのカロリーとしてです。
ワンコのためにわざわざおもちをつくわけではありませんが。

ちゃんとした食餌をしていておやつがもらえないから状態の悪いワンコは見たことないです。
おやつのもらいすぎで病気だったり、状態(気性も)の悪いワンコはよく見ます。

お名前: 犬飼い   
なぜ犬を飼うのでしょうか?

犬に癒されたい、犬から愛されたいならおやつもどんどんあげましょう。もちろんどんなに
高価なものでも、貴方の食費より高額でもお金も惜しんではいけません。

犬を愛して、犬を愛するという自分自身の行為によって結果として「癒される」方は
おやつを与えることを前提にして、食餌や日々の育て方をしていないと思います。

おやつは犬にとってはその程度のもの(時々与えるもの)として考えれば、飼い主さん
と同じケーキでも構わないと考えます(塩分や糖分ほかもたまになら深刻に考えなくても
良い程度に気楽に考えれる頻度)
この掲示板本来の「ドッグフード」は毎日の主食なので安全性なども重要なわけですから。
おやつの安全性を心配するなら与えないことでしょうね。

お名前: るり   
私は人間と同じような意味での「おやつ」は基本としては与えない方です。
おそらくシンプルさんの与えないとおっしゃってるのも人間のような意味での「おやつ」
は与えないと言うことだと思います。
噛みごたえのあるものなどは食餌の一部として間食ではなく、なるべく食餌時間の前後に
取り入れるようにしてます。加工食品や主食より栄養価(脂質やたんぱく質など)の高い
もの→噛み応えはあっても乾燥肉類などはあまり与えませんね。

擬人化した「ペット」としてはおやつをあげるのは愛情表現であったり、飼い主にも満足
なのも確かですが、犬という「動物を飼育」していくという意識が希薄になってきている
面も感じます。
ペットして考えるとおやつもあげないのは薄情な飼い主と思われますが、動物としての
健康を含めた「飼育管理」として考えればシンプルさんのおっしゃる「余計なものは与えない」ということも飼い主の愛情だと思います。

そういった点でいくと人間的な「おやつ」はたまに程度でよいのでは?
日常的に継続して与えるのでなければよほど毒性の強いものならともかく、小さいわんちゃん
でも安全性を過剰に心配しなくてもよいわけですし、

お名前: HM   
よく公園など犬がよく集まる所で、おやつを過剰に他の犬達にあげまくっている人がいますが、
そうゆう人の犬は決まって肥満ですね!
家は手作りした物や信頼できるshopで購入した100%ナチュラルな物を長時間の散歩の時や、
躾のご褒美などで少量与えています。

お名前: おやつ   
おやつは犬にとっても楽しいひとときだとは思います。
我が家は、しつけ上のご褒美は1cm角ほどの小さいクッキーを作って冷凍しています。
他は時々、ヤギミルクや果物、カルシム補給の為に信用おけるところから入手した骨をかじらせます。噛む欲求、栄養、歯磨き効果とバッチリです。
いわゆる犬おやつはあえてあげません。
ただ絶対にあげないと決める必要も、絶対に3時のおやつの時間をつくるって決める必要もないと思います。
犬は人間ではないということ。人間を癒す道具だけではないということは認識しておいた方がいいです。
犬はヤワではないですが数倍人間より身体が小さい分、粗悪なおやつほど身体に悪く、少しの量が毎日重なって病気になった子を何頭も知っています。
与える以上は、しっかりと吟味し安全な物や身体にいいものをしっかりと見極める必要があると感じますね。
不透明なおやつならあげない方がマシということだと思います。
しっかり食事を与えていればそうは沢山のおやつは必要ないですし。
だらだらと食べることは人間でも健康によくないのと同じ。
リスクを背負ってまであげる必要もなし。リスクを回避するようなおやつを毎日あげない方がいいですね。

お名前: ココチ   
私は「おやつ」はどちらかというと積極的にあげるほうです。
ただ「本来必要でないもの」という認識もあるにはあるので
やり過ぎには注意して少しずつあげています。
うちでは「終わり」を認識させるしつけにもなっていると思います
実際少しをあげたあと「終わり」を言ったあとは催促しては来ません。

食べたい・噛みたい という欲求を無理におさえさせている事の方が
不健康のようにも感じますし少々おやつをあげたくらいで
病気になるほど犬って”やわ”な生き物じゃ無いって勝手に思っていますが。
それよりなにより、おいしそうに食べている姿をみて目を細めるのが
飼い主としての喜びで、一緒に生活する甲斐があるというものではないでしょうか?

市販されているおやつは加工食品なので、産地や原材料については
表示を信用するしか無いですよね、詳細に書かれていないものもありますし。
出来るだけ同じものを続けてあげないで、種類も違ったものを順番に少しずつ
あげるようにしてリスク回避してはいるつもりです。

お名前: シンプル   
おやつは「あげない」のが理想。
特に食餌と食餌の間に与える「間食」は胃腸など内臓を常に動かすことになるのでマイナス。
食餌と別に与える食材(歯磨き?のための噛み応えのあるものなど)なら食後すぐに与える方が負担が少ない(食餌と一緒に消化させて後は胃を空にして休ませる)。

おやつ(間食)は飼い主の心理的満足のためのもので犬にとっては本当に必要かどうか。
昔からの犬飼いの格言「余計なものを食べさせれば余計な医者代がかかるだけ」。
与えなければおやつの安全性に悩む必要もなし。

お名前: ふわふわ   
同じく近頃おやつ選びでは悩みます。あくまで私の基準ですが
国産(産地がわかる)あるいは欧州産ぎりぎり米産で豚の耳やアキレスなど
そのものズバリの物を選ぶ様にしています。トリーツなどはホリスティック
と書いてある物を選びます。グリニーズは小麦の出所が判らないので
あたえてません。なのでけっこうな金額になってしまいかなり痛いです(泣)
でも先日の中国産毒入りぎょうざのような大当たりを引いたら人間より
小さな犬は死んじゃいますから…。ここは慎重に。

お名前: 噛む噛む   
皆様はフードに強い関心を持ち、こだわりを持つ方達とお見受けしますので、
基本 ペットにおやつの類いは与えないとは思いますが、
最近とくに他国からの輸入食品で事件が頻発しております。
ショップ等で見かけるおやつの類いは殆どが他国の原料、製造と記載されていて
与えられる物を探すのも至難の業です。
もちろん国産のものでも怪しいものがとても多くて正直、何が良いのか迷うばかりです。
このような現状の中でも噛む欲求を満足させてあげられる安全なものをリサーチさせて頂きたく思います。
皆様の内、おやつを与えてらっしゃる方は何に注意を払いどのようなものを与えていらっしゃいますか?

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る