記事タイトル:魚を食べられない子は 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: mayu   
カプセルで買うと10キロまで1カプセルと書かれてて
2キロの子だと5分の一?って思うんですよね。
そんな少なくて良いのかなって。でも、ビンで買うとみなさん
スプーンで計ってて量を比べてもぜんぜん違いますよね。
中の成分の量が違うのかな?
では、一日1杯程度ですね。試してみますね。

お名前: 風パパ   
一日2回の食餌だとすれば、1回でティスプーン半分〜8分目位
でいいと思いますよ。
脂肪分の摂り過ぎを気にする人が多いけど(僕も最初のうちは
そうでした)人間と違って犬の場合、体に蓄積される(太る)より
先に、活動のエネルギー源になるし、脂溶性のビタミンの吸収にも
必須なので、少ないよりは多いほうがいいと思っています。

お名前: mayu   
風パパさん聞くのを忘れていました。
いつもカプセルのオイルを使ってて市販の瓶のオイルは使った事がなくて。
ワンコは2キロ程度の子なんですけど、スプーン1杯も多いですよね?

お名前: mayu   
なるほどです。
参考になりました。これから少しオイルの事も勉強して
添加していきたいと思います。

お名前: 風パパ   
結局、オイル単体のバランスではなく、食餌全体でのバランスが
重要なので、蛋白質源が魚の場合はオリーブオイル、肉の場合は
亜麻仁油か荏胡麻油という風に使い分ければいいんじゃないかな。
n6(オメガ6):n3(オメガ3)の比率が4:1が理想的と
言われてますが、正確に計算するのはかなり苦労するので、
そのへんはアバウトで。
ちなみにゴマ油は132:1なので常用はどうかと思います。
たまにだったらいいかもしれませんが。
キャノーラ油はバランスがとれてるので、魚でも肉でもOKですよ。
調理(加熱)するんだったらキャノーラがいいかもです。

お名前: mayu   
オメガ6と3のバランスですね。
交互に入れるって言うのでも良いのかな?
一つのカプセルにバランス良く入ってるものもあるみたいですね。
でも、調理でオリーブとかゴマをよく使うのでどうなのかな〜。

お名前: 風パパ   
フラックスシードオイルなどのαリノレン酸から、必要に応じて
DHA,EPAに代謝するので、直接とるか、間接的に
とるかの違いですね。
それより大事なのはオメガ6とオメガ3のバランスだと思いますよ。

お名前: mayu   
あっ。やっぱり量が多いのかな?お肉の時と同じ量でも魚の場合は
少しだけでも量を減らした方がいいのかな。
そう言えば量的に見た目、魚って感じになってたような気がします。

オイル、フラックスシードなんかでも代用できるんですね。
魚の代用はフィッシュオイルって思っていました。
フィッシュオイルはDHA,EPAなんかが摂れるって書いてたんで。
でも、フラックスシードもDHA,EPAに変わるんですね?
これは直接DHA、EPAを摂るかって事なんでしょうか??
ややこしくなってしまいました。すいません。

お名前: 風パパ   
魚を食べて下痢というのは、ヒスタミンが原因だと思いますよ。
フィッシュオイルは多分、大丈夫だと思いますが、あえて、魚に
こだわらなくても、フラックスシードオイル(亜麻仁油)や荏胡麻油
で充分、オメガ3は摂取できますよ。

お名前: まや   
家も、沢山あげると柔いウンチがでます。とくに鰯とかは。
鮭などは大丈夫なんですが。なので、鰯は少な目にあげます。なんの魚でもダメですか?白身魚は?
量を減らしてあげてみては?

お名前: mayu   
こんにちは。
今手作りご飯勉強中です。
アドバイスお願いします。
今うちにはマルチーズの子が1匹います。
なぜか魚を食べた次の日は下痢になってしまいます。
魚はオメガの摂取のためには良い蛋白源なのですが。
魚を食べれないとなるとフィッシュオイルを変わりに入れたら
良いのでしょうか?また別問題なのでしょうか?
回答お待ちしています。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る