記事タイトル:鶏レバー 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: carina   
風パパさん

コメントいただいていたのに、お礼を遅くなり申し訳ありません。
横レスが増えていたので見逃しておりました。

愛犬は10キロです。風パパさんのアドバイスしていただいた量を
めどに、新鮮なレバーが手に入った時だけ少量あげようと思います。
そんなに頻繁に与える必要のない食材だと分かりました。

ご親切にどうもありがとうございました。感謝致します。

お名前: みい   
通りすがり様
ご親切にありがとうございます!
早速検索してみます!!
※レバーに全く触れていなくて申し訳ありません。

お名前: 通りすがり   
カッテージチーズは自分で簡単に手作りできますよ。
それなら塩分も気になりません。
「カッテージチーズ 手作り」 で検索するといくつもレシピが出てくるので、
お好きなレシピで作ってみては?
基本的には牛乳を温めてそれにレモン汁(または酢)を入れて、
固まったものを漉すだけです。

お名前: みい   
横レスですみません。
いっしーさん、カッテージチーズは人間用ですと塩分が入っているように思いますが、
それでも問題ないのでしょうか。
カッテージチーズはお勧めだと聞いて気になっていたのですが、
塩分のことをお伺いできる機会がなく、ここにお邪魔してます。
一度にそんなに大量にあげるわけではないですよね。。
目安としてどのくらいあげたらいいのでしょうか。
ちなみにうちの子はもうすぐ一歳の8.3キロです。
よろしくお願いいたします。

お名前: いっしー   
追記:レバーペーストで検索して、火を通したものなら何日かは冷蔵保存出来るみたい
   ですよ。レーバーとカッテージチーズのレシピが美味しそうでした。
   カッテージチーズは良質の蛋白源ですし、バーフのときも入れてました。
   バーフのレシピは佐良直美さんのアニマル・ファンスィアーズ・クラブで教えて
   もらいましたが、カッテージチーズは必ず入れるように言われました。
   アニマル・ファンスィアーズ・クラブは全頭バーフを作ってあげています。

お名前: いっしー   
ななさん、そういう事情でしたか・・・
高齢の犬を引き取るのは勇気のいる事ですね!たとえわずかでも家族として暮らした
事が、幸せになってほしいですしね。
しかし、長期間そういった、ここでは駄目と言われるようなフードを食べてきている
なら、とりあえずそういったフードをあげて、体力をつけさせてあげてもいいのでは?
残りわずかだから、少しでも良い物をと考えるのはごく自然なことだと思いますが、
食べないのでは話にならないし・・・
レバーをトッピングで全部食べるなら、レバー風味のペーストも売っているので、
それを試してもいいかもしれませんね?それも添加物とか入ってるかもしれませんが、
フード全量添加物!よりも、ドライは無添加で少しのトッピングの添加物のほうが
気分的にいいでしょうし、それか、自分でレバーをミキサーとかでジュースにして、
他の挽き肉とかも混ぜてドロドロのペーストにして、ラップに小分けして冷凍しておいて
使うときにドライに混ぜてあげるとか・・・香りがつく最小量で済むでしょうしね。
こういったものを作るのは確かに手間ですが、何より安心です。
前日に冷蔵庫に移しておけば、使うとき適度に溶けてくれてますよ。

お名前: なな   
コメント下さったみな様、お返事遅くなり申し訳ありません。

いっしーさん
詳しい説明ありがとうございます。良く理解出来ました。
ハツ、さっそく試して見たいと思います。食べてくれるといい
のですが。

シャリィさん
家のわんは現在12才です。我が家に来てまだ1ヶ月弱。わけあって高齢の方から
引き取らせてもらいました。12年間、着色料豊富なドライしか食べた事しかあり
ません。手づくりをしようかとも考えましたが、野菜類も食べません。
鶏や牛は適度に食べてくれます。ですので、栄養バランス的にもドライに頼る
しかないと思ってます。そのドライもレバーなしではほんのわずかしか口にしな
いのです。今もやせ細っています。でも病気は特にありません。
12年間、ドライのみでしたので、せめて残りの犬生は大好きなレバーやお肉を
食べさせてあげたいと言う気持ちです。

風パパさん
実は、砂ずりなどは試しましたが、却下でした 笑
どうやらレバーのニオイが大好き見たいです。

毎日多忙な為、書き込みもおろそかな内容となりますが、みなさんの意見は
参考にさせて頂きたいと思います。ありがとうございます。

お名前: 風パパ   
フレンチブルドッグだと体重は12Kg前後でしょうか。
だとすれば、ビタミンAの上限量からだけ考えると、1日の許容量は
約90gです。(鶏レバーの場合で、あくまでラフな計算です)
ただ、これは上限いっぱいの量ですので、現実的には、週に1〜2度
20〜30gが現実的なラインではないでしょうか。

さて、本題ですがウチでは鶏レバー、牛レバー共に生でそのままあげて
ます。心配でしたら、さっとボイルでいいと思いますよ。

>>ななさん
レバーの代用で僕のオススメは砂肝ですね。カロリーも低いし、比較的
リンも少ないですし、大量に与えても問題のない食材です。
第一、安くて手に入りやすいのがいい。ウチでも大活躍してますよ。

お名前: シャリィ   
横レスごめんなさい
栄養があるものをたくさん与えればよい…ではないのが食生活の難しいところですね。
特に動物は野生生活では必要な以上は食べない→食べるためには狩りをしたり、食糧
を探したりと危険や労力をたくさん使いますから、生きていくのに必要な分とそれを
得るためのリスクをバランスを取ります。
ペットとして大事にされてるわんこにとって栄養の極端な不足は考えにくいですよね。
取りすぎ、食べすぎ(量というより内容)で病気になるペットの方が多いかも。

特にフードへのトッピングは栄養の不足より、取りすぎに注意が必要だと思います。
トッピングを前提にされるならその分フードの方の栄養価を抑えたものにすることも
方法でしょうね。脂溶性ビタミンに限らず。脂質の取りすぎ(メタボや脂肪肝など表面
の肥満ではなく身体の内部の問題も)もありますしね。犬は人よりそういったものには
強いとは言いますが…。

少し厳しい言い方かもしれませんが「トッピングをしないと食べてくれない」のは犬
ではなくて「食べてくれると安心」と言う飼い主さんサイドの問題もありますよ。
犬に飼われる飼い主さんになると犬自身にとっても幸せではありません。

批判とか否定ではなく受け取っていただければ幸いです。おせっかいごめんなさい。

お名前: いっしー   
遅くなりました。ななさんこんばんは。
ビタミンAですが、脂溶性ビタミンですので、確かに、大量に毎日というのは
問題あるかと思いますが、僕は詳しく分かりませんが、1日摂取量体重当たり何mg
か獣医さんとかネットで調べられれば、それに合わせた分量であげればいいのでは?
グリコのHPに栄養成分ナビゲーターなるものがあるので、それで計算してください。
レバーの代用でハツといっても、ビタミンAに関しては話にならないくらいハツの方が
低い値ですし、逆にハツの方が多い成分もあるので、簡単に代用といったのは良くなかった
かもしれませんね。
僕が、バーフをやっていたころは1か月分まとめて作って1回分ずつ冷凍してましたが、
鶏レバーと鶏ハツを半々くらい、全体の10%以下にしてミキサーでドロドロにして
肉や野菜と混ぜてました。だから、おおよそ全体の5%くらいでしょうね。その時は
特に問題無かったですが、2年くらいなのでもっと長期となるとわかりません。

ただ、ななさんはドライの上にトッピングとのことなので、ドライ自体にビタミン類が添加
されているはずなので、脂溶性ビタミン全体(ADEK)が過剰になる恐れがあると
思われます。レバーの分だけドライを減らしていればいいのですが、トッピングと
言われているので、たぶん規定量のドライ+レバーではないでしょうか?
A以外にもビタミン類は過剰・不足で症状が出ますので、注意が必要でしょう。

話が長くなってしまいましたが、よく言われるのは、内蔵は週1くらいにしたほうが
いいようですよ。出来れば頑張ってドライだけで食べるようにワンちゃんにしつけた方
がいいと思います。うちもバーフからドライに切り替えるときは大変でしたが、いまは
ドライだけでもバクバク食べてますよ。その上で、おやつ代わりにレバーをあげるとか・・・
トッピングしないとどうしても食べてくれないようなら、とりあえずハツにしてみては
いかがでしょうか?レバーに比べるとAや鉄分など低くなりますが、アミノ酸が豊富で
栄養価は高いですし、他の肉類のトッピングでも食べてくれるかもしれませんので、
色々試してみてください。

お名前: らいおん丸   
ライオンでもトラでもオオカミでも毎日レバーを食べたりしませんよ。毎日獲物を獲る
わけではないので。

お名前: のん   
毎日沢山与えなかったら良いと思うんですが。
レバーも熱を通すとかなりビタミンAはなくなると思います。

お名前: なな   
横レスすみません。いっしーさんにお尋ねしたいのですが

レバーはビタミンA過剰摂取と言う事で毎日あげるのは避けた

方が良いとの意見をよく聞きますが、ハツはレバーの代用との

事ですがレバー同様毎日あげるのはよくないのでしょうか?

家のわんはドライにレバーをトッピングしないと食べないのですが

毎日食べて問題のない代用を探しています。よろしくお願いします!

お名前: carina   
☆シャリィさん
アドバイスありがとうございます。レバーはあまりあげる必要がないのですね、
それでは教えていただいた通り、卵の黄身を少量あげることにします。今すでに
おじやの中に卵を入れてたまにあげているのですが、それでいいということで
しょうか、肌が弱いのであげすぎないように気をつけます。ありがとうございました。

☆いっしーさん
アドバイスありがとうございます。ハツですか、焼肉屋さんのメニューで見た事が
あります。近所の商店街にお肉専門店がありますので、一度見に行ってみようと
思います。レバーはそういう心配があったのですね、非常に参考に、勉強になり
ました。ハツを手に入れることができましたら、冷凍保存しておきますね、
ありがとうございました。

お名前: いっしー   
carinaさん、こんにちは!
ぼくも以前手作りバーフダイエットのときには混ぜてあげていましたが、
レバーの代用となる内臓は“ハツ"心臓です。
栄養成分は近いものがありますし、肝臓のような解毒器官ではないため、
薬物等の残留の心配も少ないですよ。
手に入りにくいかもしれませんが、お肉屋さんで頼んでおくと仕入れてくれます。
1回分ずつ冷凍しておけばいいかと思います。
ネットのお肉屋さんでも手に入りますよ。

お名前: みみ   
鳥レバーあたしも与えています。
1日に数グラムと聞きました。でも続けては与えていません。
シャリィさん、卵の黄身は少しだけでしょうか?
うちは卵が好きで週に2回くらい生卵を7g程度オジヤに入れたりしてるんですが
みなさん どの位与えてるのでしょうかね?
ちなみにうちは2.5キロの子です。

お名前: シャリィ   
新鮮なものなら色が変わる程度にさっと茹でてあげれば良いと思います。
人間のような複雑な調理や、クセをなくす処理は必要ないですから。

ただレバーなどは常食はさせない方が良いです。また一回あたりの量も
ごくわずかで十分です。栄養がありすぎて?与えすぎは特に皮膚の弱い
子にはマイナス効果になることも。フードがダメな子は強すぎる食餌は
手作りでも苦手なケースが多いように思いますので、特定のアレルギー
物質より、強すぎないようなバランスに配慮する方が良かったりもします。
もちろんケースバイケースですが。
レバーの蓄積物などの安全性も言われますが、少量で継続して与える
ものではないのでさほど神経質になることもないと思います。

無理にレバーを摂らせる必要もないと思いますよ。うちではレバーより、
卵の黄身を与えます。週に一回程度、半熟卵を少しなめるくらいの量の
です。多すぎると一時的ですが皮膚が赤くなったりしますので。

お名前: carina   
最近手づくり食に切り替えた者です。
愛犬はフレンチブルドッグです。肌が弱くあれこれフードジプシーをした
結果、良い方向に向かわなかったので手づくり食に切り替えることにしました。
まだはじめて数週間なのですが、すでに涙やけが治りました。

さて、よく手づくり本などを見ているとレバーを食事に…とあります。
人間がレバーを食べる時、下処理が大変だと聞いたことがあります。
スーパーで新鮮そうな鶏レバーが売っているので買ってあげたいのですが、
犬にあげるとき、どのような処理をしなければいけないのでしょうか。
血抜き、下ゆでなど処理の仕方をご存知な方いらっしゃいましたら教えてください。

普段は、鶏肉・豚肉・魚(鮭・たらなど)をローテーションしており、
野菜、きのこ、おからなど色々混ぜてあげています。

よろしくお願いします。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る