記事タイトル:お肉について 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: ミュー   
ヒヨコさん

ヒヨコさんがおっしゃる生肉食に対する懸念、私もよくわります。私自身、ステーキはウエルダンしか食べません。
かわいいワンコに生肉を食べさせるのは抵抗があります。
一方、加熱処理によって失われる消化酵素、ビタミンを他から補うというのも、はっきり言って、
コストと労力の点から二の足を踏みます(もちろん、その方法がワンコのためになるというのであ
れば当然その方法に従います)。
ヒヨコさん、冷凍肉の生肉を解凍しても細菌、寄生虫等の問題は残るのでしょうか?
また、ヒヨコさんが言われる加熱処理によって失われる消化酵素、ビタミンを他から補う場合、ヒ
ヨコさんは具体的に何をワンコに与えているのでしょうか?是非、参考にさせてください。

お名前: あす   
みなさん肉を保存する場合は冷凍?冷蔵?

お名前: Bil   
Mewさん!はじめまして。
馬肉を捜していらっしゃるとのことですが、私もここ2年間は馬肉のみです。
色々な店を試したのですが、今年の1月からスパイラルミートという馬肉を使っています。新鮮(生馬
肉もあります)で、解凍しても血液があまり出ないし、岐阜県産という表示もあり、安心です。
それに、いろんな骨付き肉もあり、それでいてあまり高くないです。
日本デジャヴという会社で販売しているみたいです。ちなみに私は、クール便で送ってもらっています。
一度、HPを覗いて見てください。http://www.nihon-dejavu.co.jp

お名前: ヒヨコ   
牛肉もミディアム程度に焼く方が良いそうですよ。

お名前: ヒヨコ   
カンピロバクターやサルモネラ等の強力な細菌について、もっと考慮するべきだと思います。
これ、人間にも伝染しますし。
栄養云々言う前に、基本は衛生管理だと思いますよ。

どこから「生肉を与えた方が良い」という話が出てきたのか、本当に疑問です。
まったく細菌の危険性については軽んじて、メリットのみを誇大に主張している
業界人でもいるのでしょうかね?
所詮ペット・・・、所詮ビジネスって事なんだと思います・・・。

お名前: ヒヨコ   
「肉の表面の細菌が気になる場合は、水:酢4:1の溶液に肉を1時間浸す」

こんな事をしても細菌は死滅しませんよ。

お名前: Mew   
>はなはなさん。
早速教えて下さりどうもありがとうございます。
はなはなさんの様に人間用の食材を扱っているお店で、自分の目で見てそして聞いて、
安心できる食材を求められるという事は私の理想とするスタイルです。
(食材を扱っていたお店が閉店してしまい、現在とても不便です)
近くに安心して購入できるお店があると本当に有難いですよね。

はなはなさんがお使いの食材、人間にもわんこにも良い物ですね。
作り方もとても参考になりました。ありがとうございます。

『マクロビオティック』という言葉、初めて知りました! 少し検索してみただけでまだ殆ど理解出来ていませんが、
Holisticな考え方に通じるものがありそうですね。是非参考にさせて頂きたいと思います。

お名前: はなはな   
11キロで1日のお肉の量は100グラムぐらいです。
なので犬用ではなく、日頃利用しているコープで買い求めます。
地鶏のガラや鴨などは百貨店で、ラムはスーパーです。
以前は、皆さんが挙げているネットショップを利用していたのですが、
送料が高くつくし、冷凍庫のスペースもあまりないのでやめました。

Mewさんがお尋ねのいろいろな食材とは、昔から日本人が食べていたようなものです。
我が家は犬を飼う前から和食中心の食事なのでその延長線です。
お米は、無農薬有機栽培の玄米を購入して家で7部つきにし、押し麦や五穀を
いれたご飯をやわらか
めに炊きなおしたもの。
野菜は季節の旬のものを、量は少なく種類を多く。
切干大根、高野豆腐、干ししいたけ、豆類などもよく食べます。
だしをとった後の煮干と、鰹節。
発芽玄米がいいと思うのですが、我が家の犬は消化できないのでやめました。
週の半分はご飯の代わりに、全粒粉のパスタを使います。
パスタはたんぱく質が豊富だし、人間のようにアルデンテにする必要もないので
手軽で便利です。
魚は、犬用に売られているカワハギやたらを使ったりすることもあります。
同じグラム数でも肉の3倍ぐらいのたんぱく質があります。

10数年前にボストンの久司インスティチュートを知りました。
マクロビオティックの理念を完全にはできませんが、できるだけ医食同源を心がけています。
もし関東にお住まいでしたら、新宿の伊勢丹にあるイーストパラダイスにいけば
マクロビオティック料理が食べられます。
またネットでも購入できます。

お名前: Mew   
少し資料が古いのですが、お肉の灰汁について調べてみた中で分かり易いと感じたHPがありました。

『NHKオンライン』のHP “ためしてガッテン”
・1996年9月25日放送分のページの一番下
・1996年12月4日放送分のページの下の方
(化学薬品.抗生物質.汚染された食材を投与された等の過去を
持っているかどうかについては、このページでは分かりませんでした)

『食肉品質研究会』のHP “食肉の常識 990602”
・第58回
・第60回
(第60回に掲載されている内容から考えると、化学物質による不安を少し感じました)

Linkの許可について良く分からないので、この様な書き方ですみません。

お名前: Mew   
>ブリンドルさん。
こんばんは。早速教えて頂きましてどうもありがとうございます。
「水:酢4:1の溶液に肉を浸す」方法は本村先生の書籍だったのですね。
本村先生のHolisticなCareの仕方や食事の与え方についても、
知りたいと思っていました。是非参考にさせて頂きます。

ミンチについて教えて下さりありがとうございます。
脂質の量が増えるのですね。お肉が痛みやすいという事しか知りませんでした。
馬肉の様な低脂肪の物ならば、時にはミンチも良いかもしれませんが、
我家のわんこはあと+0.6Kgで体重オーバーになってしまいますので、
豚肉の様な比較的高脂肪の物のミンチは控えたいと思います。
お肉の痛みやすさから考えてみても、ブリンドルさんの様に小さめのブロックで
また、出来れば冷蔵の物よりも真空や冷凍の物を求めたいと思います。

お名前: ブリンドル   
「肉の表面の細菌が気になる場合は、水:酢4:1の溶液に肉を1時間浸す」
と本村先生の本に書いてあるわけです。
犬用の切り落としやミンチでも十分だと思います。
価格は安いですし、栄養的にも同じです。
私は、空気に触れる面積が大きいので痛みやすいのと、
ミンチだと脂質の量が増えるという理由で避けています。
「○みかた」だったと思うが、奥さんがバラ冷凍の方が楽で便利とか
いっていたと思う。肉屋がそう言っているのだから、
賞味期間は短くなるが、バラ冷凍でも問題はないのでしょう。
うちの場合は、200〜250gくらいのブロックを4日くらいで使い切る
(手作りは夜だけ)というのがよいので、
犬用の500gとか1kgのものは使わないです。
私は、肉は肉屋で買おうと思っています。

お名前: Mew   
>はなはなさん。
こんにちは。お返事を下さりどうもありがとうございます。
我家では現在半手作り.半ドライフードです。いずれ完全手作り食に移行したいと思っているのですが、
わんこに必要な栄養素など、まだ勉強不足な点が多々あるので完全手作り食にする自信がないからです。

「ポッテンジャー博士のネコ研究」は非常に興味深い結果ですね。
少し似た様な話ですが、ドライフードについて調べた結果もありましたよね。
やはり3代目に現代習慣病があらわれたり、繁殖機能が失われたりという内容だったと思います。

はなはなさんのわんちゃんは一度も下痢や食中毒になった事はないそうですが、
人間用の食材として販売されているお肉を使っておられるのですか?
Net Shopでの購入の際にもう1つ悩んでいる点があります。
それは人間用とわんこ用に区別されている場合、どちらを購入しようかという点です。
全てがわんこ用の方だけに切り落とし部分が使われているという事でもなさそうなのですが、
ザッと価格を見比べてみると、わんこ用の方がお手頃価格なんですよね。
そこにも何らかの価格のトリックがあるのかなと・・・・・・ちょっと不思議に思っています。

「お肉の汚染に関しては色々な食材を食べていればある程度体外に排出される」のですね。
とても気になっていたので“目から鱗”です。もし宜しかったらはなはなさんが与えておられる
色々な食材についても教えて下さい。

お名前: Mew   
>ヒヨコさん。
こんにちは。お返事を頂きありがとうございます。
ヒヨコさんが記して下さった色々なご意見、とても勉強になりました。

ヒヨコさんが仰られる様に、食肉加工される動物に食餌には抗生物質.成長ホルモン剤などを
添加されている、食餌として与える穀物にも農薬が散布されているという話は良く聞きますね。
私の希望としては、食肉加工される動物に与える食餌は勿論の事、穀物や野菜も全て
Organic認定をパスした食材を求めたいのですが、その実情を知る為には何年も前からの
土壌汚染や環境汚染の段階から調べなくてはならず、到底不可能な事だと思います。

私は、「加熱処理された食品は非自然的で不健康であり、野生時代のような
骨付き生肉・生内臓肉を与えるべき」という一部の主張を鵜呑みにしている訳ではありません。
現在我家では半手作り.半ドライフードなのですが、ドライフードのみを与えていた時期に比べ、
食欲もUPし血液検査でも正常値になりました。消化器系統が弱い子でしたが嘔吐しなくなりました。
また、お肉(ボイルした物ですが)を与えているせいか手足に筋肉が付いて来た様に思います。

ドライフードが流通する様になってから犬の寿命が伸びた事を考えると、ドライフード
(特にプレミアムフードと呼ばれる物)は総合栄養食としての役割を担っていると思いますし、
健康を保っている犬が居る事も事実だと思います。しかし私はヒヨコさんが仰られる様に、
「栄養バランスを考えられて作られているドッグフードを与えられる環境であるならば、
特に生の内臓肉を与えるメリットはリスク以上には無い」とも思っていません。
一説よるとドライフードの普及によって、犬の慢性疾患が増えたともされていますね。
生の内臓肉については良く分かりませんが、我家のわんこはドライフードのみの食事の時よりも
お肉(ボイルですが)を与える様になってからの方が健康的です。

お肉をボイルする事で酵素やビタミンの破壊が問題となりますが、サプリメントを用いる事も
良いと思いますが、サプリメントは使用如何によっては返って害を及ぼす事もありますし、
出来れば自然の形で取り入れる事が1番の理想の形だと私は思います。
(自然に取り入れる事が出来ない物質については、サプリメントが非常に有効だと思います)

BARFにするかどうかは分かりませんが、わんこの様子を見ながらいずれは完全手作りに移行したいと思っています。

お名前: はなはな   
Mewさん、こんにちは。

Mewさんはドッグフードを利用されているのでしょうか。
それによって違ってくると思いますが、完全手作りの意見として読みすごしてください。

なるべく生食にする理由は、ポッテンジャー博士のネコ研究を知ったからです。
同じ食材を、一方のグループには生で与え、もう一方には加熱して与えた結果
生食のグループは、健康だったが、加熱食のグループは現代見られるような
病気になり3代目には繁殖ができなくなったというものです。

人間もサラダ、刺身、果物で生ものを大量に摂取していますね。
犬の場合、野菜ジュースにでもしない限り生ものを摂取する量は限られます。
なのでお肉は生を主にあげています。
魚のばあいもあるので、生肉は週に3,4日ぐらいです。
人間も馬刺しや鳥刺し、ユッケを食べますので
そういった食材であれば心配する必要はないと思います。
我が家はそのようは高級品は使っていませんが、いままで一度も下痢、
食中毒になったことはないですね。
骨は、硬いものを噛むことにより歯を丈夫にする、カルシウムの摂取が目的です。
血便などは一切ありません。
ただし与えっぱなしではなく、必ずそばにいて割れた骨がとがっていた場合は
取り上げます。
チキンのスペアリブは一飲みなので噛まないです。
おやつとして販売されている骨でもいいのですが、
より原料に近いほうが安心できるかなという思いがあるからです。

お肉の汚染に関しては、なるべく汚染の少ないものを買い求めていますが、
いろいろな食材を食べていればある程度体外に排出されるといわれていますので
あまり気にしていません。

お名前: ヒヨコ   
また「加熱した物を食べるのは人間だけ。犬は元々、生肉を食べていた。だから
生肉を与える事は自然で健康に良い。」という意見も聞きます。
でもそれを言ったら人間も大昔は生肉を食べていたわけですし。
火を使い、衛生的になった為に寿命が延びた事実は否定できません。

「犬の胃酸は強い。また、摂取から排泄までの時間が短いので、寄生虫が繁殖する事は
無い。」との意見も聞きます。
でも実際、犬の祖先とされる野生のオオカミには寄生虫がいます。
きつねにも寄生虫はいます。

「生の骨付き肉を与えるべき。それによってミネラルの補給が出来る。」という意見も
聞きます。
羊の骨や牛の骨などを与える場合もあるようですが、テレビ等で見る限り、アフリカで
牛やシマウマがライオンやヒョウに食べられた後、骨だけが残っているように記憶して
います。
なので、特に骨を与える必要は無いと思います。
野生の犬が羊を襲い、骨まで食べるとは想像できません。
食べるとしても、ウサギやネズミ等の小動物だけだと思います。これは獲物が小さすぎて
肉だけを選んで食べる事が困難な為だと思います。
鶏の骨も生なら大丈夫とする話もありますが、本当にそうなのでしょうか?
手羽先であっても、少し多めに食べたりすれば血便が出るはずです。
鋭利に裂けた骨が消化器管をキズ付けている事は明らかだと思います。

「犬は獲物の内臓からビタミン・ミネラルを摂取していた。だから生の内臓肉を
与えるべき。」なんて話もありますが、それはあくまでも動物を狩って食べる事
しか出来ない環境において、ビタミン・ミネラルを摂取する唯一の手段だっただ
けであると思います。
現在のように野菜や果物、さらには栄養バランスを考えられて作られているドッ
グフードを与えられる環境であるならば、特に生の内臓肉を与えるメリットは、
リスク以上には無いと思います。

わたしは生食を否定する気はありませんが、ただ「加熱処理された食品は非自然的で
不健康であり、野生時代のような骨付き生肉・生内臓肉を与えるべき」という一部の
主張を鵜呑みにするのは如何なものかと思っています。

お名前: ヒヨコ   
多分ほとんどの場合、抗生物質や成長ホルモン剤などをエサに添加してると思います。
さらには、エサの穀物を育てる際に農薬も使うでしょう。

当然、生肉にはそれらが蓄積されています。
その肉を生で食べるという事は、その危険物質を犬の体内にとり込む事になります。
さらには、有害バクテリアなどもいます。
寄生虫がいる場合もあるでしょう。

肉をボイルする事でバクテリアと寄生虫は消滅しますし、肉に含まれる危険物質も
減らす事が出来るので、非常に有効な方法だと考えられます。

肉をボイルする事で問題となる「酵素の破壊」「ビタミンの破壊」は、他の食品で
いくらでも代用できるので、とくに肉にその効果を期待する意味はリスク以上に無
いと考えています。

お名前: Mew   
その他、100%○lu○さん. ○ちのく○ァームさん.○んわん倶楽○さん. 
パ○ドックスさん.ペット○ルさんなども良さそうな素材なのでとても関心があるのですが、
実際にそれらのお店のお肉を使ってみた方はおられますか?
(BBSの注意事項に触れる可能性があるので名称を一部伏せました。
尋ねておきながら分かり難い書き方ですみません)

また少しトピと外れてしまいますが、お肉をボイルした時に出る灰汁について
食肉加工された動物が化学薬品.抗生物質.汚染された食材を投与された等の過去を持ち、
それが灰汁となって排出されるという事を、以前にどこかのHPで読んだのですが
どこのHPだったのか全く覚えていません。野菜の灰汁については検索すると出て来るのですが、
お肉の灰汁についてご存知の方はいらっしゃいますか? 宜しかったら教えて下さい。

お名前: Mew   
>ポコさん。
早速お返事を頂きましてどうもありがとうございます。
GENさんも良く注目していた所だったので、お答えを頂いて一先ず安心しました。
加熱という程の処置ではなく、サッと湯引きする程度でしたら
ビタミンや酵素もそんなに酷くは破壊されないかもしれないですね。

お名前: Mew   
↓が読み難くなってしまったので、分けて書き直します。すみません。m(__)m

>ブリンドルさん。
早速お返事を頂きましてどうもありがとうございます。
お薦めのお店を教えて頂き、まずは少し安心致しました。
ブリンドルさんに教えて頂いた3つのお店が、購入をずっと考えていたお店だったからです。
(馬肉はパ○ドッグスさんの共同購入との間で気持ちが揺れていました。)
我家のわんこも小型犬なので出来れば真空パック...または冷凍を望んでいます。

私も調理器具の殺菌処理はとても重要だと思います。
「水:酢4:1の溶液に肉を浸す」というのはバクテリアなどの菌を、除菌.殺菌する方法ですか?
バクテリアが気になる場合、加熱処理.または一緒に生姜を少し与えると
殺菌効果が得られるという事しか知りませんでした。
お酢に殺菌能力があるという事は良く耳にしますね。
「水:酢4:1の溶液に肉を浸す」方法にとても興味があります。
もし宜しかったら教えて下さると嬉しいです。

「除々に生に移行」については、尋ねておきながらすみません。
現在時間的な余裕が取れなくなってしまったので、
折をみてBARFのHPなども参考にしてみようと思います。

お名前: Mew   
>ブリンドルさん。
早速お返事を頂きましてどうもありがとうございます。
お薦めのお店を教えて頂き、まずは少し安心致しました。
ブリンドルさんに教えて頂いた3つのお店が、購入をずっと考えていたお店だったからです。
(馬肉はパ○ドッグスさんの共同購入との間で気持ちが揺れていました。)
我家のわんこも小型犬なので出来れば真空パック...または冷凍を望んでいます。

私も調理器具の殺菌処理はとても重要だと思います。
「水:酢4:1の溶液に肉を浸す」というのはバクテリアなどの菌を、除菌.殺菌する方法ですか?
バクテリアが気になる場合、加熱処理.または一緒に生姜を少し与えると
殺菌効果が得られるという事しか知りませんでした。
お酢に殺菌能力があるという事は良く耳にしますね。
「水:酢4:1の溶液に肉を浸す」方法にとても興味があります。
もし宜しかったら教えて下さると嬉しいです。

「除々に生に移行」については、尋ねておきながらすみません。
現在時間的な余裕が取れなくなってしまったので、
折をみてBARFのHPなども参考にしてみようと思います。

>ポコさん。
早速お返事を頂きましてどうもありがとうございます。
GENさんも良く注目していた所だったので、お答えを頂いて一先ず安心しました。
加熱という程の処置ではなく、サッと湯引きする程度でしたら
ビタミンや酵素もそんなに酷くは破壊されないかもしれないですね。


その他、100%○lu○さん. ○ちのく○ァームさん.○んわん倶楽○さん. 
パ○ドックスさん.ペット○ルさんなども良さそうな素材なのでとても関心があるのですが、
実際にそれらのお店のお肉を使ってみた方はおられますか?
(BBSの注意事項に触れる可能性があるので名称を一部伏せました。
尋ねておきながら分かり難い書き方ですみません)

また少しトピと外れてしまいますが、お肉をボイルした時に出る灰汁について
食肉加工された動物が化学薬品.抗生物質.汚染された食材を投与された等の過去を持ち、
それが灰汁となって排出されるという事を、以前にどこかのHPで読んだのですが
どこのHPだったのか全く覚えていません。野菜の灰汁については検索すると出て来るのですが、
お肉の灰汁についてご存知の方はいらっしゃいますか? 宜しかったら教えて下さい。

お名前: ポコ   
お住まいがどちらか分かりませんが、関東ならGENさんはお勧め。
馬肉、鶏、マトン、その他色々あります。
遠くても冷凍配達だから問題ないかな?

うちはマトンと馬肉と鶏丸ごとパラパラミンチを使ってます。
冷凍で、1枚100g位がスライスで1キロパックになっています。
パラパラミンチはパラパラで使いやすいです。小型犬なので。
お値段も良心的だと思います。
ちなみにうちは生です。心配なら湯引きしたらどうでしょう?

お名前: ブリンドル   
鶏:「とり○園」
ラム:「○みかた」
馬:「○丸」の共同購入
がお薦めかな。
(理由:うちは小型犬だから、少量を真空パックしているものしか買いません。)
「徐々に生に移行」個体差があると思います。(一般的にはそう言われてますね。)
よく「水:酢4:1の溶液に肉を浸す」とか言われていますが、
私はやったことがありません。上記3店の肉なら、まず大丈夫だと思います。
それより、肉を処理するまな板とかをきちんと殺菌する方がよいと思います。

お名前: Mew   
こんにちは。
先日、今までお肉を購入していた実店舗が閉店してしまいました。
他の店舗が自宅からは大変遠く不便なので、Net Shopからの購入を考えています。
こちらのBBSの過去ログを見て、お肉を扱っているNet ShopのHPを見たり、
検索エンジンで調べてみたりしましたが、保存されている手法が違ったり、
お値段も高い物からお手頃の物まで様々で悩んでしまいました。
こちらのBBSに書き込みをされる方々には、大変詳しい方が多くいらっしゃいますので
お薦めのNet Shopがありましたら、その理由等を含めて是非参考にさせて頂きたいです。
(管理人様へ:もしもこの書き込みが注意事項に触れる様でしたら削除をお願いします。m(__)m)

また、お肉を与えておられる方にお尋ねします。
消化管の弱いわんこにお肉を与える場合は、最初から生肉を与えるのではなく
初めはボイルした物を与えて、問題が生じない様ならば徐々に移行したら良いのでしょうか?
加熱処理をすると消化酵素が減ってしまいますし、生肉ですとバクテリア等の菌がいると
聞きますので、どうするべきか悩みながら現在はボイルした物を与えています。
皆さまがどの様に調理をなさっておられるのか、是非参考にさせて下さい。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る