Pink Film History

1957 ショー映画と称するストリップの記録フィルムが公開されはじめる(国映他)
1962 ピンク映画第1号・小林悟監督『肉体の市場』(大蔵)公開

本木荘二郎監督『肉体自由貿易』でデビュー

関孝二監督『情欲の谷間』(国映)でピンク映画デビュー

1963 「スーパージャイアンツ」の三輪彰監督『熱いうめき』でピンク映画デビュー

沢賢介監督『新婚の悶え』(国映)でピンク映画デビュー

若松孝二監督『甘い罠』でデビュー

『情欲の洞窟』(監督/関孝二)を取材した村井実が、独立プロ系の成人指定映画を「ピンク映画」と命名

新藤孝衛監督、オムニバス作品『おいろけ作戦・第1話プレイボーイ』でデビュー(第2話プレイガールは若松孝二)

1964 小川欽也(和久)監督『妾』でデビュー。初めてパートカラーが採用される

『誤審』(監督/若松孝二)ロケ中の事故で男優2名が死亡

TBSディレクター今野勉が『裸虫』を撮る

※この頃、ピンク映画製作会社急増。製作本数が百本を超える。一般映画から転出する監督も相次ぐ

1965 向井寛監督『肉』でデビュー

山本晋也監督『狂い咲き』でデビュー

『好色森の石松』(創映 監督/大貫正義)に噺家の柳家小せんを起用

ピンク映画初の海外ロケ『太陽のヘソ』(監督/若松孝二)がハワイで撮影される

渡辺護監督『あばずれ』でデビュー

西原儀一監督『激情のハイウェイ』でピンク映画デビュー

初のピンク映画専門誌「成人映画」創刊

『壁の中の秘事』(監督/若松孝二)がベルリン国際映画祭で上映され国辱映画と呼ばれる

梅沢薫監督『十代の呻吟(うめき)』でデビュー

女優の扇町京子が『やくざ芸者』で監督デビュー

※この頃から配給チェーン網が形成され始める。年間製作本数も二百本を超える

1966 木俣堯喬監督『肉体の河』でデビュー

大和屋竺監督『裏切りの季節』でデビュー 

足立正生監督『堕胎』でデビュー

東京12チャンネルで「意義あり!ピンク映画有用論」が放送され、大蔵映画社長・故大蔵貢が出演する

1967 人気女優・新高恵子が引退。劇団・天井桟敷へ

初のオールカラー作品として『あばずれの悦楽』(監督/小林悟)など三本が公開される

奇跡的にフィルムが現存しているピンク怪談『生首情痴事件』(監督/小川欽也)公開

日本初の立体映画『変態魔』(監督/関孝二)公開

『胎児が密猟する時』(監督/若松孝二)がブリュッセル国際映画コンクールに出品される

1968 『徳川女系図』(東映)、『女浮世風呂』(日活)など、大手会社の成人映画にピンク女優が大挙出演

前年に引き続きピンク怪談『怪談バラバラ幽霊』(監督/小川欽也)公開される

ピンク初の透明人間モノ『透明人間・エロ博士』(監督/関孝二)公開

若松孝二監督、伊丹十三を起用し、『金瓶梅』(松竹配給)でメジャーに進出

『恐るべき密戯』(監督/木俣堯喬)に野末陳平が出演。カラミを演じる

勝新太郎のそっくりさんを起用した『好色坊主・四十八手斬り』(監督/梅沢薫)に大映がクレーム

1969 『禁じられたテクニック』(監督/向井寛、66年作)が『ナオミ』のタイトルでイタリア公開され、ワイセツ過ぎると上映禁止に。早稲田大学の大隈講堂で凱旋上映される

陰部が光るアイデア映画『ピカピカハレンチ』(監督/関孝二)公開

のちに日活系で人気シリーズとなる未亡人下宿の第1作、『貸間あり・未亡人下宿』(監督/山本晋也)新東宝系で公開

『裸体(はだか)の街』(監督/木俣堯喬)に作家の田中小実昌が出演。カラミを演じる

沖島勲監督『ニュー・ジャック&ベティ』(モダン夫婦生活読本)でデビュー

足立正生らが永山則夫の足跡を描いた『略称・連続射殺魔』を製作

東通系(後のミリオン)ピンク映画配給スタート

※この頃からピンク女優の実演つき映画興行始まる

1970 ドキュメンタリー風の『ピンク映画十年史・性のあけぼの』(監督/梅沢薫)が公開される

ピンク女優・浅香なおみが、作家・鈴木いずみに転身

小水一男監督(ガイラ)『現代性愛論・私を犯して』でデビュー

1971 稲尾実(深町章)監督『色くらべ・色布団』でデビュー

中村幻児監督『完全なる同性愛』でデビュー 

若松孝二&足立正生監督がパレスチナの記録映画『赤軍-PFLP・世界戦争宣言』を製作

日活ロマンポルノがスタート。第1作にピンク女優だった白川和子が起用される

日活ロマンポルノの併映作品として、予算の高いピンク映画が製作される

1972 男優の野上正義が『性宴風俗史』で監督デビュー

女優の谷ナオミが『性の殺し屋』(脚本/団鬼六)で監督デビュー

若松孝二監督、ATGで『天使の恍惚』を撮り、「無差別テロ映画」と呼ばれる

『女学生芸者』(監督/梅沢薫)がわいせつ容疑で摘発される

高橋伴明監督『婦女暴行脱走犯』でデビュー 

木俣堯喬監督の息子・和泉聖治監督が『赤い空洞』でデビュー

小林悟監督、荒木一郎&ひし美ゆり子を起用し、『鏡の中の野心』(東活製作・松竹配給)を撮る

代々木忠監督『ある少女の詩・快感』でデビュー

浜野佐知監督『17才好き好き族』でデビュー

※この頃、後の東活になる和光映画・ゴールド・田園プロなどが、小林悟監督らを起用し、ピンク映画製作を開始する 

1973 大蔵映画が日活ロマンポルノに対抗して、製作費1億円の大作『人類の性典』(監督/小川卓寛)を製作する

ピンク映画専門誌「成人映画」廃刊

ピンク映画唯一のスタジオであった大蔵スタジオが閉鎖される

1974 スタッフ全員が大学生という『キャンパスポルノ・ピンクの乳房』が公開される。助監督の一人として大森一樹が参加

『未亡人下宿』(監督/山本晋也)がロマンポルノ併映作品として製作される

全作品がオールカラーになる

1975 池袋文芸地下で山本晋也監督作品が特集上映される

※この頃、日本シネマ・葵映画・国映・東京興映・新東宝の各社の作品が「新東宝配給」として統一される

1976 ピンク映画の監督・俳優が「独立映画人協会」を設立。配給会社に製作費のアップを要求する

ピンク&ポルノのアイドルとなる原悦子が『麻雀ポルノ・パイパン性合戦』(監督/小川卓寛)でデビューする

75年に自主製作された井筒和幸監督『行く行くマイトガイ・性春の悶々』が、ミリオン系で公開される

※この頃、東映セントラルが向井寛監督を中心にピンク映画製作を開始。後の獅子プロの母体となる

1977 元・東宝のプロデュ―サーで、変名を駆使して創生期からピンク映画を撮り続けた本木荘二郎監督が死去する
1978 女優・東てる美が製作・監督・出演した『闇に白き獣たちの感触』、自主公開されるも、ピンク系では公開できず

大蔵映画社長・大蔵貢死去

飯泉大(北沢幸雄)監督『さすらいの性』でデビュー 

1979 山本晋也監督、所ジョージ主演の『下落合焼き鳥ムービー』(東映セントラル)で一般映画進出

若松孝二プロデュースで新人監督のオムニバス作品『レイプゾーン・犯しの履歴書』(監督/福岡芳穂・磯村一路・鈴木敬晴)公開される

1980 第一回ズームアップ映画賞開催 

磯村一路監督『ワイセツ?ドキュメント連続変質魔』で長編デビュー

スチールカメラマン津田一郎による「ザ・ロケーション」発行される(84年、森崎東監督により松竹で映画化)

男優の市村譲が『女高生・いたずら』で監督デビュー

大阪で第一回ピンクリボン賞開催。監督を受賞した渡辺護は、翌年同賞の製作で、『好色花でんしゃ』(主演/鹿沼えり・チャンバラトリオ)を撮る

元小学校教師で女優の浜恵子が『痴漢民宿ざこ寝』で監督デビュー

池袋文芸地下で女優・日野繭子特集上映 

小水一男監督『ラビットセックス・女子学生集団暴行事件』でカムバック

1981 井筒和幸監督『ガキ帝国』(ATG)で一般映画進出

東活から増田俊光監督『暴行でめざめ』でデビュー

福岡芳穂監督『ビニール本の女・密写全裸』で長編デビュー

ズームアップ映画賞の母体となった雑誌「月刊ズームアップ」廃刊

滝田洋二郎監督『痴漢女教師』でデビュー

ピンク映画専門のミニコミ「ズームアップ?U」創刊 

女優の珠瑠美が『復讐セックス・女が犯す』で監督デビュー

1982 ホテルニュージャパンの火災で、女優・沢田多絵死亡

水谷俊之監督『猟色OL犯す』でデビュー

和泉聖治監督『オン・ザ・ロード』(松竹)で一般映画進出 

高橋伴明監督『TATTOOあり』(ATG)で一般映画進出。同作に主演した関根恵子と結婚し、話題となる

アダルトビデオをブローアップした『THE ONANIE』(監督/代々木忠)がヒットし、シリーズ化される

向井寛監督『おんな六丁目・蜜の味』(東映セントラル)で一般映画進出

東梅田日活&新宿東映ホール1が初の薔薇族映画『薔薇と海と太陽と』『白い牡鹿たち』『薔薇の星座』(監督は全て松浦康治)を公開する

中村幻児監督『ウィークエンド・シャッフル』で一般映画進出

高橋伴明プロデュースで、宇崎竜童(『さらば相棒』)&泉谷しげる(『ハーレム・バレンタインディ』)がピンク映画監督に挑戦。自身の監督作『狼』も含め、東急系でロードショー公開される

廣木隆一監督『性虐!女を暴く』でデビュー

1983 ENKが本格的に薔薇族映画製作に乗り出す。第一作は中村幻児監督による『巨根伝説・美しき謎』

片岡修二監督『予告暴行・犯る!刺す!』でデビュー

女優の五月マリアが『変態若妻責め』で監督デビュー

男優の北村淳が『女教師・緊縛化粧』で監督デビュー(監督名は新田栄)

にっかつがロマンポルノ併映用ピンク映画の買い取りを中止する

黒沢清監督『神田川淫乱戦争』でピンク映画デビュー

獅子プロ製作で、若手監督のオムニバス作品『移動売春いってもいいとも』(監督/西田洋介・片岡修二・渡邊元嗣)が公開される

木俣堯喬監督『鍵』で一般映画進出

1984 にっかつが1000万の低予算ロマンポルノの製作を開始。ピンク映画の監督が起用される

渡辺護監督『連続殺人鬼・冷血』で一般映画進出 

竹中直人が『痴漢電車・下着検札』(監督/滝田洋二郎)に出演する

風営法改正の余波を受け、成人映画の題名・宣伝物についての自主規制が始まり、女高生・セーラー服などの用語が使用できなくなる

渡邊元嗣監督『女教師・淫らな放課後』でデビュー

石川均(欣)監督『若妻変態性戯』でデビュー

周防正行監督『変態家族・兄貴の嫁さん』でデビュー

異色俳優の麿赤児が『性獣のいけにえ』で監督デビュー

細山智明監督が卒業製作の予定で撮った『実録・桃色家族性活』でデビュー

関根和美監督『OL襲って奪う』でデビュー

1985 望月六郎監督『本番ビデオ・剥ぐ』でデビュー

佐藤寿保監督『激愛!ロリータ密猟』でデビュー

1986 男優の港雄一が薔薇族映画『刺青・愛・裸舞』で監督デビュー

東映セントラルがピンク映画から撤退する

滝田洋二郎監督『コミック雑誌なんかいらない!』で一般映画進出 

小川欽也監督、新田純一&乙女隊主演で一般映画『乙女はいつか星になる』を撮る

1987 若手ピンク映画監督の一般映画進出相次ぐ(望月六郎『スキンレスナイト』、福岡芳穂『童貞物語3・とっておきVirgin Love!』、廣木隆一『童貞物語4・ボクもスキーに連れてって』)
1988 ミリオンフィルムがピンク映画から撤退する

にっかつロマンポルノ終焉。系列会社のエクセスフィルムがピンク映画製作に乗り出す

内藤忠司監督『悶絶!!処女の泉』でデビュー

笠井雅裕監督『いんらん姉妹』でデビュー

橋口卓明監督、薔薇族作品『ときめきの午後』でデビュー

1989 ピンク映画専門のミニコミ「NEW ZOOM-UP」創刊。第一回ピンク大賞を選出し、授賞式を亀有名画座で行う

サトウトシキ監督『獣-けだもの-』でデビュー

瀬々敬久監督『課外授業・暴行』でデビュー

岡沢勝洋(勝山茂雄)監督『契約妻の奴隷寝室』でデビュー

鈴木ハル(敬晴)監督『昼濡らす人妻』で長編デビュー 

実相寺昭雄監督のキネコ作品『いじめて、ください・アリエッタ』が、ユーロスペースやピンク系劇場で公開される

男優の佐野和宏が『監禁・ワイセツな前戯』で監督デビュー

周防正行監督『ファンシイダンス』で一般映画進出

1990 上野俊哉監督『最新ソープテクニック』でデビュー

常本琢招監督『制服本番・おしえて!』でデビュー

東活が消滅する

一般映画進出監督相次ぐ(小水一男『ほしをつぐもの』、磯村一路『ギャッピー・ぼくらはこの夏ネクタイをする!』、石川均『パンツの穴・本牧ベイでクソくらえ』)

1991 剣崎譲監督、薔薇族作品『アイスクリームのかほり』でデビュー

男優の山本竜二が薔薇族作品『ハッテンバ・ラブ・ストーリー』で監督デビュー

男優の池島ゆたかが『ザ・ONANIEレズ』で監督デビュー

1992 男優の下元史朗が『離婚妻快感ONANIE』で監督デビュー

中野貴雄監督『超過激本番・失神』でデビュー

柴原光監督、薔薇族作品『ほんとうの空色』でデビュー

ピンク映画30周年記念作品『日本発情列島・ONANIE百態』(監督/深町章)が公開される

山崎邦紀監督『超わいせつ息づかい』でデビュー

水谷俊之監督『ひき逃げファミリー』で一般映画進出

1993 松岡邦彦監督『本番露出狂い』でデビュー

坂本太監督『喪服妻悶絶』でデビュー

出馬康成監督『風俗天国・ホテトル湿恥帯』でデビュー

アテネ・フランセ文化センターで「新・日本作家主義列伝」として瀬々敬久監督の特集上映が行われる。翌年にかけて佐野和宏・サトウトシキ・佐藤寿保らの特集上映も行われ、ピンク四天王という呼称が定着する

1994 「NEW ZOOM-UP」が「P・G」として生まれ変わる

大木裕之監督『あなたがすきです、だいすきです』で薔薇族映画デビュー 

エクセスが、上垣保朗・すずきじゅんいち・浅尾政行(大門通)らロマンポルノ出身の監督を起用する

1995 伊藤正治監督『女囚・毛剃り私刑』でピンク映画デビュー

友松直之監督、薔薇族作品『わがまま旋風』でデビュー

久々のピンク怪談『色欲怪談・発情女ゆうれい』(監督/小林悟)公開

国沢実監督『巨乳・はさんで咥える』でデビュー

今岡信治(いまおかしんぢ)監督『獣たちの性宴・イクときいっしょ』でデビュー

佐々木正則監督『すけべ温泉・お座敷裸舞』でデビュー

上田良津監督『昼下りの暴行魔・団地妻を狙え!』でデビュー

1996 新東宝初のR指定作品『ぬるぬる燗燗』公開。俳優、藤田敏八の遺作となる

周防正行監督『Shall weダンス?』ヒットで、デビュー作の『変態家族・兄貴の嫁さん』が各地で上映される

男優の荒木太郎が『異常露出・見せたがり』で監督デビュー

佐藤寿保監督『藪の中』で一般映画進出

サトウトシキ監督『LUNATIC』で一般映画進出

男優の清水大敬が『レイプ願望・私をいかせて!』で監督デビュー

女優の吉行由実が『まん性発情不倫妻』で監督デビュー

榎本敏郎監督『禁じられた情事・不倫妻大股びらき』でデビュー

1997 瀬々敬久監督『KOKKURI/こっくりさん』で一般映画進出

田尻裕司監督『イケイケ電車・ハメて行かせてやめないで!』でデビュー

女池充監督『白衣いんらん日記・濡れたまま二度、三度』でデビュー

1998 瀧島弘義監督『人妻銀行員・不倫密会』でデビュー

鎌田義孝監督『若妻・不倫の香り』でデビュー

園子温監督『男痕』で薔薇族映画デビュー

大杉漣・吉行由実といったピンク映画出身の俳優が、映画賞を受賞して注目を浴びる

梅沢薫監督 逝去

1999 ピンク映画の名画座であった亀有名画座が閉館する

関西の「ぴんくりんく」、名古屋の「a piece of pink」など、各地でピンク映画情報を載せたフリーペーパーの発行がはじまる

工藤雅典監督『人妻発情期 不倫まみれ』でデビュー

坂本礼監督『セックス・フレンド 濡れざかり』でデビュー

現代映像研究会発足。貴重な16ミリ作品を発掘し、幻の旧作ピンク映画をスクリーンに蘇らせた

小林悟監督が石井輝男監督『地獄』をプロデュース。本作は大蔵映画の配給によりロードショーされた。また、女子大生のピンク映画ファンから女優に転身したさとう樹菜子(佐藤美樹)が本作のヒロインに抜擢された

田尻裕司監督『OLの愛汁 ラブジュース』が映画芸術、日本映画プロフェッショナル大賞などでベストテン入選し、高く評価される

2000 荒木太郎監督、吉行由実監督による二部作『せつなく求めて』が公開

P1グランプリが中野武蔵野ホールにて開催される

カジノ監督『鎖縛 SABAKU』でデビュー

菅沼隆監督『見られた情事 ズブ濡れの恥態』でデビュー

2001 羽生研司監督『和服熟女の性生活 二十・三十・四十歳』でデビュー

長崎みなみ監督『愛人夢野まりあ 私激しいのが好きなの』でデビュー

女優・愛染恭子が初の映画作品『愛染恭子vs小林ひとみ 発情くらべ』を発表

瀬々敬久監督『トーキョー×エロティカ 痺れる快楽』で、ピンク映画初のデシタルビデオ撮影が行われる

女優3人(しのざきさとみ、小川真実、佐倉萌)が監督を手掛けたオムニバス『人妻不倫恥態 義母・未亡人・不倫妻』公開される

小林悟監督 逝去

2002 加藤義一監督『牝監房 汚された人妻』でデビュー

森山茂雄監督『桜井風花 淫乱堕天使』でデビュー

脚本家・樫原辰郎が『美女濡れ酒場』で監督デビュー。ピンク大賞作品賞・新人監督賞・脚本賞を受賞

佐藤吏監督『人妻ブティック 不倫生下着』でデビュー

銀座シネ・ラ・セットにてピンク映画40周年記念特集「PINK FILM CHRONICLE -幻惑と官能の美学-」が行われる

2003 城定秀夫監督『味見したい人妻たち』でデビュー

堀禎一監督『SEX配達人 おんな届けます』でデビュー

かわさきひろゆき監督『綺麗に咲いた』でデビュー

池島ゆたか監督『恋する男たち』が第12回レズビアン&ゲイ映画祭にて上映される

2004 吉行由実監督『憧れの家庭教師 汚された純白』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて、『せつないかもしれない』が第13回レズビアン&ゲイ映画祭にて上映される

荒木太郎監督『お友達になりたい』で一般映画進出

竹洞哲也監督『人妻の秘密 覗き覗かれ』でデビュー

いまおかしんじ監督『熟女・発情 タマしゃぶり』が『たまもの』のタイトルでユーロスペースにてレイトショー上映されヒットを記録

2005 ピンク映画40年の歴史をテーマにしたドキュメンタリー『ピンクリボン』(アップリンク製作/藤井謙二郎監督)が公開される

女優・林由美香、34歳の若さで急逝

田尻裕司監督『孕み-HARAMI- 白い恐怖』で一般映画進出

2006 田中康文監督『裸の三姉妹 淫交』でデビュー

ポレポレ東中野で特集上映「R-18 LOVE CINEMA SHOW CASE」が定期的に開催される

新東宝のプロデューサー、福原彰が『うずく人妻たち 連続不倫』で監督デビュー

2007 井土紀州監督『ラザロ LAZARUS』三部作、インディーズとしては異例の大ヒットを記録、話題に

足立正生監督『幽閉者 テロリスト』、沖島勲監督『一万年、後…』と、若松プロ系の監督による久々の監督作品が公開される

堀禎一監督『妄想少女オタク系』、『憐 Ren』で一般映画進出

大西裕監督『おんなたち 淫画』でデビュー

2008 上野オークラにて、GWイベント「OP映画祭り」開催。日替わりで多数の監督、女優が来館し、大盛況。2009年以降も開催

注目高める城々秀夫監督、『妖女伝説セイレーンX』『ガチバン GACHI-BAN』『ホームレスが中学生』と劇場公開作を立て続けに発表。一部で高い評価を得たOV『デコトラギャル奈美』(吉沢明歩)も劇場公開の運びに

向井寛(=向江寛城)監督 逝去

2009

ゲイ映画の拠点・上野傑作劇場が、山崎邦紀監督『仮面の宿命 ~美しき裸天使~』をもって、改装のため休館。都内にゲイ映画の封切館無くなる

小川隆史監督『社宅妻 ねっとり不倫漬け』でデビュー

西原儀一監督 逝去

2010 アメリカのレーベル「Pink Eiga」よりピンク映画のDVDリリース(2008年より)。各国の映画祭でも人気を博し、
ロスで開催された「おっぱいと血の国際映画祭」にて池島ゆたか監督が国際生涯功労賞を受賞

上野オークラ劇場58年の歴史に幕を閉じ閉館。隣のビルに新館を作り、リニューアルオープンを果たす

俳優・監督としてピンク映画黎明期から活躍した野上正義 逝去

作成 石動三六・松島政一・林田義行  協力 牛山哲