絶頂家族 愛人だらけ

2015年10月30日公開
製作…加藤映像工房
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督…加藤義一
脚本…後藤大輔
撮影監督…創優和
音楽…友愛学園音楽部
編集…有馬潜
助監督…小関裕次郎
スチール…本田あきら
録音…小林徹哉
録音所…シネキャビン

○キャスト○
佐藤瞳…めぐり
室田由紀…玉城マイ
佐藤早苗…佐々木麻由子
石井卓郎…山本宗介
佐藤伸輔…なかみつせいじ
野村朗…那波隆史

○物語○
父の訃報を聞き、喪服姿の瞳が家路を急いでいる。そんな中、家の近隣で車のクラクションが鳴り響く。死んだはずの父・伸輔だった。怒る瞳に伸輔は同乗させていた由紀を紹介する。彼の不動産会社の事務員で愛人である。伸輔は離婚して第二の人生を彼女と踏み出すと話す。由紀との行為中に心臓発作で一度死にかけたが、中々帰省しない瞳をこの機会に呼び出すため芝居を打ったのだった。
伸輔の度重なる浮気に嫌気が差した早苗は、弁護士の卓郎と離婚協議の書類確認をしていた。仕事を超え、二人は深い関係になっていた。早苗に誘惑され肉欲に溺れる卓郎。そんな矢先、父と娘が帰って来る。卓郎は靴も履かずに裏口から逃走した。
娘の帰省に早苗は驚くが、瞳は親孝行と告げる。週末の離婚協議日に同席を求められる瞳。彼女もまた、出版社の編集長・朗と不倫の仲だった。両親を責める資格はないと落ち込む。朗へ電話するが、父の訃報はいたずらとは言えず、生理が来ていない事も秘密にしていた。その夜、ウシガエルの鳴き声に悩まされ、高校時代の初体験を夢に見る。相手はなんと卓郎だった…。

絶頂家族 愛人だらけ