若未亡人 うるむ肉壺

2012年5月10日公開
製作…関根プロダクション
提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督・脚本…関根和美
撮影…下元哲
照明…代田橋男
編集…有馬潜
録音…シネ・キャビン
助監督…金沢勇大
スチール…小櫃亘弘
選曲…山田案山子
効果…東京スクリーンサービス

○キャスト○
結城リエ…東尾真子
坂井美沙…文月
野田さやか…片瀬由奈
野田敬太…なかみつせいじ
元木健…泉正太郎
結城淳司…牧村耕次

○物語○
未亡人・リエは仏壇の前で酒を飲みながら亡き夫・淳司との熱いセックスを回想し、火照る体を自身で慰めた。そこへ以前働いていた会社の上司・野田が訪ねてきた。今日が淳司の納骨の日と知って、リエを心配して来たのだった。野田はリエと酒を飲み交わしながら、以前からリエを想っていたことを告げた。リエは最初は拒んだものの、野田の強引さと優しさに負けその身を任せた。
翌日、リエが遺影に手を合わせていると、野田から電話が入った。野田はまた会いたがるが、リエは忘れたい思いで、距離を置こうと電話を切る。リエは先輩でやはり未亡人の美沙に野田のことを話す。リエの困惑は理解出来るが、美沙は年下のホスト・健と割り切った付き合いをしており、迷うなら野田との関係を続けろと言った。
リエは美沙の言葉で野田に電話し留守電にメッセージを残すし、数日後彼と会った。妻・さやかの存在を気にするリエに、野田は美沙と同様、自分の気持ちに素直になれと言う。酔った二人はリエの家に帰宅する。リエは野田の人生を狂わせることに恐怖を感じながらも、彼に身を委ねてゆく…。

感じる若妻の甘い蜜