いくつになってもやりたい不倫
2009年6月26日公開
製作・配給…国映 新東宝映画  製作…Vパラダイス

○スタッフ○
監督…坂本礼
企画…朝倉大介
プロデューサー…衣川仲人
        森田一人
        高津戸顕
脚本…中野太
撮影…橋本彩子
照明…小川大介
編集…酒井正次
録音…シネキャビン
助監督…大西裕

○キャスト○
木下大助…吉岡睦雄
香山千尋…春矢つばさ
木下八重子…三木藤乃
青田重雄…飯島大介
後藤仁美…佐々木ユメカ
香山浩之…北川輝
青田敏子…長谷川晴枝
山崎…石川裕一
○物語○ 老いた重雄と八重子は不倫関係にあった。温泉旅館でのスワッピンクを楽しみ、帰路に向かう道中、ふたりの乗っていた車は事故を起こし、重雄は他界してしまう。それがきっかけで、ふたりの家族は彼らの不倫を初めて知った。八重子の息子・大助は躊躇いながらも重雄の葬儀へと出かけるが、重雄の娘・千尋に非常識だと香典を突き返される。その後、大助が重雄達が車で撥ねてしまった山崎の入院先へ出向くと、そこには千尋もいた。山崎は千尋が持ってきた見舞いの果物を突き返した。その帰り道、千尋は大助に葬儀でのことを詫び、父達のビデオを見ないかと誘った。そこには、重雄と八重子が観光地で撮った映像、さらには情事を録画した映像が映っていた。そのうちに大助と千尋は心を通わせ…。

2009年リストへ