厚顔無恥な恥母 紫の下着で…
2007年7月27日公開
製作…フィルムハウス  提供…
Xces Film

○スタッフ○
監督・脚本…山内大輔
企画…亀井戸粋人
プロデューサー…伍代俊介
撮影…創優和
録音…シネキャビン
編集…フィルムクラフト
助監督…小山悟
スチール…阿部真也

○キャスト○
徳永佳代子…花野真衣
成川陽子…倖田李梨
徳永朋美…椎名りく
徳永宏三…牧村耕次
成川悠司…柳之内たくま
タツヤ…山口慎次
男…吉岡睦雄
○物語○ 佳代子は夫・宏三、娘・朋美と三人家族で暮らしている。ある日、佳代子がシャワーを浴びて出てくると、目出し帽の男の影が接近した。佳代子は男に歩み寄ると、思い切り乱暴にして欲しいと誘った。二人は荒々しく燃えあがった。男は近所に住む陽子の息子・悠司だった。翌朝から宏三は名古屋への急な出張で家を空けた。実はそれは陽子との密会だった。その夜、佳代子が夕食の支度をしていると、朋美が悠司と付き合っていると告白した。宏三には内緒だと言われるが、佳代子の気持ちは複雑だった。放課後、校舎裏の資材置場で会う悠司と朋美。悠司は朋美に紫のパンティを履くよう差し出す。朋美はそれが母の物と知っていた。虚ろな目で抱かれる朋美。その夜、朋美は悠司から面白い話を聞いたと、紫のパンティを佳代子に投げつけ、ウチは一体どういう家族なのかと佳代子を責めた…。

2006年リストへ