若妻 しげみの奥まで
2007年1月9日公開
製作・配給…新東宝映画

○スタッフ○
監督・脚本…深町章
企画…福俵満
撮影…清水正二
編集…酒井正次
録音…シネキャビン
助監督…佐藤吏
スチール…津田一郎

○キャスト○
権藤真利子…里見瑤子
沢井和代…薫桜子
小島晴美…春咲いつか
沢井典夫…平川直大
権藤六輔…川瀬陽太
○物語○ 私立探偵・六輔のもとへ人妻の和代が調査依頼に訪れた。和代は夫の典夫の浮気を疑っていた。二人は滅多にセックスをしないが、浮気をした日はごまかすためか典夫は必ず和代に迫ってくるのだという。六輔はさっそく調査を開始した。典夫が浮気相手の佑香とホテルへ入ると、その隣室からふたりの様子を盗聴した。どうやら佑香は結婚が決まり、これが最後の情事のようだった。典夫は別れを惜しみながら最後のセックスに燃えた。六輔がそのすべてを和代に報告すると、典夫が浮気相手と別れたので求めてこなくなったのだと納得し、欲求不満を晴らすため六輔に迫った。とある日曜日、六輔の妻真利子がクラス会に出かけた。六輔が一人きりの休日を楽しんでいると、隣家の人妻・晴美がやって来た。二人は酒を飲み交わし、やがて晴美から誘い情事に溺れた。そのうちに和代が帰宅し…。

2006年リストへ