兄貴と俺III 好きと言えなくて
2006年12月23日公開
製作…加藤映像工房  提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督…加藤義一
脚本…岡輝男
撮影…大江泰介
照明…淡紅朱天
音楽…レインボーサウンド
録音…シネキャビン
編集…酒井正次
助監督…小山悟
スチール…佐藤初太郎

○キャスト○
坂口祐馬…倉木亮
平岡敦…坂本裕介
速水徹夫…高見和正
鳥羽健作…丘尚輝
市原和也…横須賀正一
塚本順一…樹かず
玉木容子…風間今日子
○物語○ 商社マンの祐馬は仕事が忙しく婚約者の容子とすれ違う日々だった。幼馴染みでもあり祐馬を兄と慕う職場の後輩・敦はゲイで、夏祭りの夜に祐馬を誘い肉体に手を伸ばすが、祐馬は動揺して帰った。翌日、敦が祐馬に昨日のことを詫びていると、突然雷が鳴り、なんと二人の体が入れ替わった。戻る術もなく、二人は暫くそのままで生活するはめになる。敦は祐馬のマンションに行き、憧れの体を鏡に映しオナニーをはじめた。一方、敦のアパートに来た祐馬は部屋にある派手な下着やゲイ雑誌を見て驚く。そこへオネエ言葉を喋る和也が訪ねてきた。敦が彼とゲイクラブに行く約束をしていたからだ。祐馬は強引にクラブへ連れていかれる。別の日、敦は容子とデートに出かけるが、女心がわかる敦にとって彼女の機嫌をとることは簡単だった。祐馬は仕事人間の自分を反省し、敦を見直した。

2006年リストへ