親友の母 生肌の色香
2006年9月1日公開
製作…ブルーフォレストフィルム  提供…オーピー映画

○スタッフ○
監督…竹洞哲也
脚本…小松公典
撮影・照明…創優和
音楽…與語一平
録音…シネキャビン
編集…フィルムクラフト
助監督…小山悟
スチール…佐藤初太郎

○キャスト○
遠藤美和子…ミュウ
高野藍子…青山えりな
赤松愛子…冬月恋
竹山行英…富窪大介
遠藤健治…松浦祐也
遠藤繁之…サーモン鮭山
○物語○ 大学生の健治は夏休みを自分の田舎でバイトして過ごそうと、同級生の行英を誘う。健治には愛子という恋人がいた。そして田舎には高校時代から付き合っている藍子がいる。偶然にも同じ名前の彼女だが、自由奔放な愛子とは対照的で、藍子は健治しか男を知らなかった。健治の実家に着いた行英は母親の美知子の美しさに驚く。健治はバイトが終わると藍子の元へ行き、セックスを楽しんだ。未知子と二人きりになった行英は彼女を女として意識しはじめる。一方、夫を亡くし今は一人きりで生活している美知子は久しぶりに一緒に食事する相手がいて嬉しかった。行英に足をマッサージしてもらううち、彼の気持ちに気づい美知子は、今日だけと言い聞かせ行英に体を開く。童貞の行英は美知子に導かれるまま初めての体験をする。それ以来、二人の関係は深まってゆくが…。

2006年リストへ