裸の三姉妹 淫交
2006年3月31日公開
製作・配給…新東宝映画

○スタッフ○
監督・脚本…田中康文
企画…福俵満
脚本…内藤忠司
    福原彰
撮影…小山田勝治
音楽…大場一魅
編集…酒井正次
録音…シネキャビン
助監督…小川隆史
スチール…市川晶

○キャスト○
千代田星美…麻田真夕
華乃美月…薫桜子
華乃美夜…淡島小鞠
吉岡進…武田勝義
大塚雅志…竹本泰志
大塚由美子…吉行由実
千代田浩輔…たんぽぽおさむ
男A…風間コレヒコ
男B…岡田智宏
男C…吉岡睦雄
○物語○ 妻子ある男との不倫に溺れるキャバクラ嬢の美月とひきこもりのイラストレーター美夜。両親をなくしふたりきりで暮らす姉妹の家に叔母のもとに養女に行った長女星美が現れる。叔母の夫は有名な画家千代田で、星美も新人画家としてデビューしている。その夜、星美は男を連れ込み情交に溺れた。遅くに帰宅した美月は呆れ、文句を言おうとするのを美夜が止めた。数日後、美夜の担当編集者の吉岡が訪ねてきた。星美はまた別の男を連れ込んでいた。美月は会社の資金繰りに苦しむ愛人の大塚に金の相談をされた。ママのみどりは二人の様子を心配し、美月に忠告した。翌日、美夜を訪ねてきていた吉岡が星美の部屋の前を通りかかると、裸の星美が顔や体に絵具を塗りたくっていた。星美はひどく酔っており、突然その場に倒れた。彼女は自分らしい絵が描けないことで苦悩していた…。

2006年リストへ