育毛シャンプー

育毛に効果的な育毛シャンプーを使おう!


 
育毛最新情報
育毛成功の秘訣
育毛チェック
育毛手当に
様々な悩み
女性の育毛
レストル育毛商品
新製品情報
体の中からの改善に
育毛商品の購入方法
育毛商品のご注文
無料育毛相談(男性)
無料育毛相談(女性)
雑誌・テレビで紹介
通販法に基づく表記
ご連絡事項
LINK
E-mail

TOP

 

 

 

 

育毛に効果的な育毛シャンプー

 

 

 

 

 

 

 

■間違っているシャンプーの知識
安くて便利な洗剤が開発されたとき、細胞や環境に対する危険性を指摘し警鐘をならした人はいたが、企業の大きな政治力によって封殺されてしまった。
洗剤の成分である界面活性剤は、細胞に対するダメージが専門家の間では危険視され、防御能力の低い体質の人たちはアトピーの悪化、主婦湿疹、かぶれ、内臓疾患などいろいろな症状を訴えている。
皮膚病の中に「シャンプー皮膚炎」という病名で分類されているほど、界面活性剤による皮ふへの攻撃力は強いといえる。
シャンプーやリンスもこの界面活性剤が主成分で、しかも毎日使うため細胞を攻撃し抜け毛、細毛、薄毛、頭皮の炎症などいろいろな症状をおこしている。
いかに企業が安全性をアピールしようが、毎日のようにシャンプーをするようになってから女性の薄毛が急増したし、いま使っているシャンプーを中止して「育毛シャンプー」に変えるだけで薄毛が改善されていくことからも、ヘア用シャンプーと薄毛の関連性は実証されている。
わたしがお客様の体質のことを聞いて育毛法を組み立てるのは「シャンプーの界面活性剤に犯されやすい体質」かどうかを判断するためで、いまでは薄毛・若ハゲの人には「まずシャンプーを育毛用に変える」ことから始めてもらっている。
ここで知ってもらいたいのは「髪にいい」ことと「頭皮・育毛にいい」ことは違うということで、育毛には頭皮に優しい育毛シャンプーを使うことで毛は回復してくる。
レストル育毛シャンプーだけでも、初期の薄毛の治療や予防には効果がある。

■シャンプーのチェック
育毛には使うシャンプーで効果が大きく違ってくるので、メールでの相談でも現在使用中のシャンプーと下記の項目を知らせてもらっている。
育毛には育毛剤よりシャンプーのほうに重点を置いて手当をしたほうがよく、そのためには使い方をチェックして検討しなおそう。

■シャンプーの間隔
毎日2回、毎日、2日ごと、3日ごと、それ以上。
シャンプーの間隔は使っているシャンプーの品質により決まる。
つまり「このシャンプーなら2日に1回くらいにしないと頭皮にダメージを受ける」というように、シャンプーで薄毛・若ハゲを進行させている人も多い。
いまは毎日洗う人がほとんどなので、頭皮にダメージを与えないシャンプー選びで育毛の成果が大きく違ってくる。

■シャンプーの価格帯、容量、目的
シャンプーの容量と価格がかわれば、およその原料費が逆算でき、原料費がかわればどのような界面活性剤を使っているかが推測できる。
またコンディショニングとかダメージヘア、リンスインなどの用途がわかれば成分も推測でき、頭皮にどのような影響を与えているかがわかる。
これを知るのはたいせつなことなのでかならず報告してもらっている。
また、目的とは損傷毛用とか、コンディショニング、フケ取り、などの用途のこと。

■洗い方
洗い方により悪化させて薄くもなれば、回復して毛が太くもなる。
レストルをお使いいただくときに詳しい洗い方や注意事項を別紙にしてお渡ししていますので、説明通りの洗い方でシャンプーしていただきたい。

■残念なこと
わたしどもが開発し提唱した「頭皮用」とか「スカルプシャンプー」「育毛シャンプー」が、効果面で話題になってきたことから、便乗した商品が多くでてきた。
もちろん根拠(こじつけた理屈でなく)があり良心的に処方されていればいいのだが、ヘア用シャンプーをすこし変えただけで頭皮用、育毛用シャンプーとして高く販売されている商品も多い。
お客様は必死で治そうと努力しているのに、まったく残念なことだ。




NEXT→

●育毛手当に
育毛に効果的な育毛シャンプー
本物と出会って
 

・・薄毛、若ハゲの頭皮改善!・・ レストル育毛法