大切な育毛自己診断

進行度と深刻さを調べる


 
育毛最新情報
育毛成功の秘訣
育毛チェック
育毛手当に
様々な悩み
女性の育毛
レストル育毛商品
新製品情報
体の中からの改善に
育毛商品の購入方法
育毛商品のご注文
無料育毛相談(男性)
無料育毛相談(女性)
雑誌・テレビで紹介
通販法に基づく表記
ご連絡事項
LINK
E-mail

TOP

 

 

 

 
●育毛チェック
大切な育毛自己診断
頭皮の状態を分析
抜け毛でわかる進行度
育毛法を組み立てます

 

 

 

 

 

 

 

前から見るとたくさんあるように見える髪も、真上から見ると頭皮がすけて見えるしもっとよく見ると後頭部と頭頂部の毛の太さが違うことで、頭頂部の毛が弱って寿命が短くなっていることがわかる。

■どのような育毛が必要か
ほとんどの人がいまの症状を軽く見たり、安易な育毛をしているため、育毛しても効果がないことになる。
もっと具体的に頭皮や髪の症状を調べてから育毛法を組み立てた方がいい。
自分の頭皮や毛がどれだけ緊急事態になっているかがわかると、育毛も真剣に取り組まなければならないことがわかってくる。
予防や初期の育毛なら、レストルの育毛シャンプーだけでよかったのに、時機を逸し ていろいろな手当をしなければならないことになり、時間と労力それにお金までかかることになる。
ついには境界線を超えて回復ができないまでになってしまう。

■若い人ほど進行は早い
50才の薄毛と20才代の薄毛では、20才のほうが治しにくい。
進行も早く激しく現れるため、手当をしていてもジリッジリッと進行することがある。
だから20〜30才代の人は気になり出したら迷わず本格的な育毛をしよう。
けっして「シャンプーして育毛剤をふりかければ」というような安易な育毛ではよくなら ないこと、多くの人が初期の育毛法を間違えたため時期を逸して苦労していることを考えて欲しい。

■点検事項
自分で調べたい項目は下記の通り。(詳しくは次ページを参照)

・抜け毛の本数 
・どんな種類の抜け毛が多いか 
・頭皮の緊張度 
・頭皮の色 
・皮脂の分泌度、フケの状態 
・毛の太さの比較 
・毛の伸びの比較

これらのことがわかると、どのような育毛法をしなければならないかがわかるし、どれ くらい本格的に育毛しなければならないかがわかってくる。
心配な方は自己診断して早急に本格的な育毛をしたほうがいい。



NEXT→

●育毛チェック
大切な育毛自己診断
頭皮の状態を分析
抜け毛でわかる進行度
育毛法を組み立てます
 

・・薄毛、若ハゲの頭皮改善!・・ レストル育毛法