約束の絆

 

★約束の絆とは

光栄から発売されたWin版専用のPC用ゲームです。

光栄から発売されるゲームとしては珍しく恋愛シュミレーションゲームとなっています。

 

★シナリオ(設定)

主人公は、幼い頃泣いていた自分を元気付けてくれた女の子と桜の木下で10年後の再開を『約束』します。

しかし、その日を境に女の子の姿を見ることは無く10年の歳月が過ぎ、主人公が高校2年生の夏から

ストーリーは始まります。

約束の日までは、後1年を切ったいま、約束の女の子が持っていったであろうあの時のキーホルダーを学校で

見つけた主人公は思いでの女の子を探すことを決意するのです。

 

★ゲームの概要

ゲームは、大きく言って平日と日曜日(休日)のパートに分かれており、平日は一週間単位で行動の

スケジュールを決め、休日はリアルタイム制を導入したマップ上の町を移動して女の子と出会ったり

しながらストーリーを薦めます。

ヒロイン候補との会話やイベントを通して好感度を挙げることが攻略の条件です。

但し、このゲームが普通の恋愛シュミレーションと違うところは、ゲームのテーマが決められていること

幼い頃に交わした『約束』を守ることがベストエンディングへの必要条件となります。

そのための特定のイベントを経験しないといくら好感度を挙げてもベストエンディングにはたどり着かない

点がこのゲームの特徴です。

 

★キャラクターについて

「七緒あんず」さんがキャラクターデザインを担当されているということで、発売前からずっと心待ちに

していました。久々でしたし、昔からのファンでしたから。

相変わらずかわいいキャラクターで大満足! だったんですが、プレイするまでは。

残念なことにCGに起こされた画像が…う〜、悔しい!

せっかくのイベントシーンの醍醐味が半減しちゃったなぁ、本当にこの点が残念!

やはり、ピノッチアに期待しよう(笑)

 

★ゲームシステムについて

平日のスケジュールについては、放課後の行動を学校内&町内の特定の場所を指定することで進めるのですが

女の子の行動パターンを把握できないと空振りが多いので、暫くはなんのイベントも起こらない日が多かった

りしてちょっとイライラさせられます。もう少し序盤のヒントが欲しかったなぁ。

休日のリアルタイム制の移動に関してはこつを掴むまでが大変でしたね。女の子の歩く速さが主人公と同じな

ので目当ての子を見つけてからと言って追いかけても追いつけなかったりして(笑)

結局は、休日も女の子の好みのスポットをチェックして通うほうが効率的かな?

但し、キャラクターによっては、移動中の会話が重要になることも有るのでこの点が要注意。

 

★ゲームについて(攻略への早道)

ヒロイン候補の行動パターンを掴み効率的なアプローチをすることが大事で、特に休日はリアルタイムに進む

ので、「ボ〜」っとしていると気がつくと期限が迫っていたりしますので以外にシビアです。

1回目のプレイは色々試してみて2回目以降のプレイに力を入れたほうが効率的かも。

ヒロイン候補の行動パターンについては、彼女達の会話からも情報が得られるけれど、休日の行動を正確に

把握するためにはこれと決めた女の子を一日付け回すのが一番で、私自身は『ストーカーゲーム』と呼んでい

たりします(笑)

キャラクターの攻略が二人同時に進行させる必要があるヒロインもいますのでこの点も注意かな?

最もこれに関しては、仲の良いキャラクター同士一緒にいてくれることが多いのでそれ程気にする必要もない

かもしれませんが。

 

★ゲームの感想

かなり取っ付きが悪いゲームの部類に入るかもしれません。

システムとかゲームの流れを掴むまでがちょっと大変かな? でもこつさえ掴めばイベントも多く準備されて

いるので飽きずにゲームを進めることが出来ます。

自分のパラメーターなどを育てる要素が無く、会話の選択肢を大きく間違えなければヒロインとは会うだけで

仲良くなれるので難易度も低く、手軽にプレイできます。

但し、前述にもありますが、ベストエンディングを見るのがキャラクターによっては非常に難しい!

追いかけ続けただけでは見ることの出来ないキャラクターもいたんですよね。この辺の攻略については

全てのキャラについてまだ攻略が終わっていないのでそのうちにまとめてレポートしたいと思います。

 

戻る