女剣劇の不二洋子
 戦前・戦後を通じて一世を風靡した女剣劇の女王不二洋子(本名迫静子)は当市上平良の出身である。生れは香川県坂出町(現坂出市)で大正5年(1916)に平良村の興行師迫日出雄(本名出雄)の養女となり、女剣劇の道を歩み出して行くのである。昭和9年(1934)に不二洋子一座が旗揚げし、女剣劇の草わけの第一歩を踏み出した。以降、浅草大衆演劇の一つである女剣劇の黄金期を迎えるのである。
「夢まぼろし女剣劇」より 不二洋子寄進燈籠 はつかいち点描  

不二洋子公演記録
昭和○○年5月30日〜6月14日
 女剣劇の全盛期浅草の常盤座で不二洋子一座・浅香光代一座合同公演された時のパンフレットである。
 公演では「愛の灯火」「切られお富」「白浪人形」「幡随院長兵衛と平井権八」が演じられ、下記演目に不二洋子が主演している。
 6月15日からの第四弾不二洋子一座・浅香光代一座合同公演では「夫婦仁義」「恋の千両旅」「伊勢音頭」「雪女郎秘聞」が公演予告されている。
原 厳作 
浜田秀三郎演出

白浪人形
第一場 角兵衛獅子
第二場 島破り
第三場 なみだ雨
第四場 真如の月
第五場 花嫁人形


不二洋子一座の21名が出演している。
佐々木憲作演出

幡随院長兵衛と平井権八
第一場 吉原京町
第二場 鈴ケ森
第三場 吉原上総屋
第四場 新町土手
第五場 村山座の舞台
第六場
 幡随院長兵衛宅
第七場 水野十郎左衛門邸
第八場 同 湯 殿

不二洋子・浅香光代ニ座の延50名が出演している。
昭和○○年5月3日・4日  不二洋子が浅草公園劇場で公演していた頃に、群馬県伊勢崎市公民館で出張公演した時のパンフレットである。
 初日の公演では「おしどり街道」「三日月草紙女河内山」「極付国定忠治」、二日目は「春がすみ遠山桜」「瞼の母番場の忠太郎」「白井権八」を公演している。