2011年

5月29日 (日)  

劇団BRATS第2回公演
Sleeve
at 新宿シアターモリエール

 もう、ね。このキャスト陣の揃い具合を見て、期待しないワケないじゃないです か。でしょ?んで。これぽっちも期待を裏切らない、見事に見応えたっぷりの素晴ら しく濃ぃーーーい2時間を、存分に堪能させていただきました。
 あ。もちろん、いっちばんのお目当ては、斎藤健二さんですよ、当然。だって、安 田桃太郎さんがご自身のブログで「近くSatyさんに嬉しいお知らせが♪」とコメント に書いてくれた時、え?まさか?って思いながらも期待大で、その予想が的中して今 に至るんですもの。だから勝手に、これは桃さんがあたしにくれたプレゼントだ、っ て、おこがましくも思ってるんですもの。本当に嬉しかったし、本当に感謝の気持ち でいっぱいですもの。それでも、ケンケンだけじゃなく、今回はいろんな大好きな役 者さん達が揃ってて、案の定いろんな方々に視線を鷲掴みされながら観てました。
 まず、開演前にある上演中の諸注意に度肝を抜かれました、あちくし。まあね、パ クリなんですよ。映画の上映前に流れる「NO MORE 映画泥棒」ってヤツあるじゃない ですか。あれを、かぶりものといいパントマイムといい、ほぼ完コピですよ。い やー、マジで噴きました、めっちゃおもろかったです!!!そういや、あれって、桃さ んだったのかなぁ??
 ストーリーそのものは少し入り組んでいて、いくつかのエピソードが交錯ながら進 んでいくので、頭の中で考えて整理しながら観なくちゃいけない部分もあって。出来 ればもう少しコンパクトにまとめて欲しかったというのが正直なところ。とはいえ、 それでも、妖怪と人間と幽霊とがいろんな関係で結び付き、人間同士でも詐欺だの愛 だのいろんなしがらみや感情を併せ持って生きている(た)ことが描かれていて、とて も興味深い内容ではありました。それでいて、セリフにはところどころにクスッとネ タが仕込んでありまして。言うこと聞かない猫又(Lidaさん)に向かって「ニンジャ マンジャパンのライヴにちゃんと行くから!!」とか。陰陽師の燕鳥を演じる北村智晃 さんが嵐の「Believe」の振り付けをしたって話(うちの小僧がえらく食いついてま したわよ、嵐好きなんで)をみんな華麗にスルーしといて後からメンバーを連れてこ い的な展開になってみたり。なんともはや、メリハリが効いてて面白かったです。
 あと、タイトルをみて何が“sleeve=袖”なんだろうと思ってたんですけど、つま りは、おぐらさん演じる白蔵主と百鬼夜行の契約をする時に片袖を引きちぎるという くだりと、ケンケン扮する主人公の袖山(本名は小袖大和、妖怪袖ふり小僧になりか け)から来てるのだな、と。あ、ただ、本当の主人公は荻野恵理さん演じる京香ちゃ んだと思いましたけどね。

 とにかく出てくる1人1人のキャラクターがはっきりと立っていて、それもすごく面 白くて楽しめました。その中で、自分が注目してた皆さんを1人ずつ書いていくと。 …あっ、最初に言っておく!!ケンケンは最後ね♪
 縄田雄哉さんがねー!!!んもう、衣装込みで、むちゃくちゃカッコ良くてねー!!!後 半1回だけちょっとセリフが飛んでケンケンがフォロー入れてたけど、役柄として笑 いどころが全然なくずっと難しい顔をしたままの夜叉だったから、縄田さんの柔らか い表情筋が固まってしまったんじゃないかと思ったんだけど、夜叉の真剣さはその分 すごく伝わってきて。剣さばきも見事で、とにかくものすごく強かった!!
 南誉士広さんがねー!!!アクロバティックな動きがすごかった!!あれ、「テンペス ト」でも観た!!長身をグルッとクルッと回してダンッって!!それに、金魚ちゃんなラ ンチュウちゃんがまた、めちゃめちゃお茶目で面白くてカワイイんだー。江川武蔵さ んのデメコちゃんとのコンビもまた、小芝居含め、めちゃめちゃナイスでした!!
 伊藤教人さんがねー!!!あ、劇団の代表者でもあるんですけどもね。もうホント、 見た目そのまんま、っつーか!!けど、眉毛のない顔にもいつしか慣れてしまって、終 演後のお見送りの時にはフツーに挨拶とかしちゃってました、あはは。さとりという 役柄的に、ずっと中腰のような体勢でのそのそと歩く感じで、剣使いなんだけどド シッとした重いイメージで。実は、のりさんの背筋をピンと伸ばした姿勢でのガンア クションも見てみたかったりしたんだけどな(言わずもがな、仮面ライダーG電王や トリガードーパントを見てるから、なんですけど)。
 安田桃太郎さんがねー!!!あ、劇団の主宰で、脚色にアクション監督もされてたん ですけどもね。そう、のりさんのさとりと桃さんの真幸(マサキ)のコンビネーション がとってもステキなのですよ。なんて言うか、絶妙なんです。2回ぐらいかな、刀を パッと投げてパッと受け取るところがあったんだけれど、おっ!!と目を引く感じで ね。さすがです。その上、ニヤリとした表情も、グッとくる芝居も、イイんです、と にかく!!芝居の役だけでなく、スタッフ仕事も含めいろんなことをこなしつつ、しっ かりと目を行き届かせてる、見事に名前通りの“桃太郎”(あ、本名です。小僧に 「桃太郎っていうんだよ♪」って説明してくださってましたけど♪)な器のデカさを 感じました。本気で超ステキなナイスガイです、本当に。
 人見早苗さんがねー!!!もー、さなちゅんさなちゅん言い倒しておりましたけど も、シンケンピンクやゲキイエローなどの中の人です、大好きなんです!!!!!もう ね、カッコイイんですよーーーーー。同じJAEのむぎちゃんこと五味涼子さんが惚れ るの、ほんっとよく分かりました!!!っつか、あたいも惚れましたぜ、姐さん。すん ごく可愛くて、それでいて姉御肌というか、うぶめの役が持つ母性も素敵で、やっぱ とにかくカッコイイ!!!まるで前からの知り合いみたいに「さなちゅーん!!!」って呼 んじゃいましたけど、ようやく直接お会いできて、本当に本当に嬉しかったんで すっ。
 そして、おぐらとしひろさんがねー!!!あのね、いろんな意味でむっちゃオイシイ 役でした。でも、これ、おぐらさんならではの役だなとも思うくらい、すごく合って ました。いや、この人、本当の意味で変幻自在な人ですから、当たり前っちゃ当たり 前なのかもしれませんけど。当然ながら、作品全体をビシッと締めてまとめる役柄、 役回り。舞台に登場した瞬間からもう、ニヤニヤしながら目が離せなくて。そして最 後の最後に、むちゃくちゃカッコイイ殺陣とめちゃくちゃカワイイお茶目さを披露し て、すーーーっごく面白くて。あ、今度またお会いできる機会があれば、今度こそ声 をかけさせていただきますので!!!もうね、J-MENとかそんなのすっかり忘れちゃって て、J-MENも大好きですけど二の次のお遊びだと思いましたよ。ホント、舞台映えす るんですよね、おぐらさんのお芝居って。

 さて。斎藤健二さんがねーーー!!!結婚詐欺師という役柄が、ものすごく似合って て。ピッタリですよ。見た目の爽やかさと中身の腹黒さは必ずしも相反するものでは ないと何故だかわたしは知っていて、だから、この役をケンケンに持ってきたという のは、さすがお目が高いと思いましたよ。役柄上、直接の派手なアクションは少ない ほうだったけれど、それでも、派手に吹っ飛ぶ場面はさすがだったし、とにかく腕っ ぷしの強さが目を引いて、相変わらず惚れ惚れしながら観てました。小袖(袖山)の 本心を京香ちゃんはもちろん客席にもちゃんと分からせるための演出プランとして は、きっとアレしかないだろうなと途中から薄々感じてはいたのですけど、見事に予 想的中、本当にやっちゃいましたね、ブチューって。えー、このワンシーンで最低2 名の死者が出るということは想定した上での演出だったんでしょうかね、ええ、同時 にのけぞって即死した1人ですけども、何か。

 劇団BRATSは、まだ始まったばかりです。でも、変な言い方かもしれないけど、 ポッと出の演劇集団じゃなく、これまでしっかり経験と技術とキャリアと場数をガッ ツリ積み上げてきた猛者が揃ったプロ集団。だから、これからもさらに多くの様々な 現場で、技術的なものはもちろん、人脈の豊かさをさらに増して、より深く濃くデッ カイ劇団へと成長していって欲しいですし、そうなれると確信してます。演って欲し いテーマもいっぱいあるし、一緒に演って欲しい役者さん達もいーーーっぱいいます から、マジでめちゃめちゃ期待してますよ。
 最強なる悪ガキ達のさらなる活躍に、祝福あれ〜♪(←!!!)

次へ  戻る