2009年

10月23日 (金)  

つるの剛士
ひとのうただけどつるのうたツアー
at 大阪国際会議場メインホール

 赤いじゅうたんの前に赤いモニターが4つ並んで、赤いひだカーテンがゆっくりと 開いて…。赤い階段の上にスクリーン。アラームが鳴る映像、つるが目覚めるシー ン。役者として、芝居から始まるのか?!と思いきや、身支度を整えて、いざツアーに 出発!!の半ドキュメント映像だった。
 そして、階段上にキーボード、そして、つる登場。ピアノの弾き語りでスタート …?ではなく、イントロをがっつりと弾き終わると、ハンドマイクを手にとって、 「M」。若干声がかすれ気味…?一瞬、歌詞飛ばした??(mixiのコミュの書き込みによ ると、泣いていたらしい。)続けて「プライマル」。客席は皆、着席のままで(一 部、立ちかけたけど、結局座った。)、じっくり聴かせるライヴなんだな、と。そし て、MC。少し声がかれ気味に思えるが。「2時間ちょっとあるんで、座っててくださ いねー。」って。「たこ焼きベイベー!!!」って言ってたぞ。次に「レイニーブ ルー」、そして「ラヴ・イズ・オーヴァー」と続けて。徐々に声がハッキリ出てき た。喉がつらそうに感じたのは、ホント、最初だけだったかも。MCではとにかく、 『つるのうた』『つるのおと』とカバーアルバムを2枚出せたこと、こうやってツ アーに出られたこと、それに関して楽曲を貸してくれた多くのアーティストさん達への 感謝の思いを、何度も何度も言っていた。次に福山憲三氏の「愛をくれよ」とGLAY の「HOWEVER」。合間に“スロースティー”ってのを飲んでるようで。しょうがとか はちみつとかが入ってる、喉にいいものらしいんだけど、あんまり美味しくないらし い(笑) それから、「君となら」。

 いったんはけて、再びスクリーンに映像が。今度はレコーディング風景で、タイト ルも“つるのおとができるまで”。ゴーストノートって音楽用語を勉強できましたわ ♪ジャケットの撮影風景もあって、ちょうど皆既日食のあの日、高槻にいたんだっ て。日食を見上げてるシーンなんかもあって、川をはさんだすぐ近くで、同じように 空を見上げてたんだって思うと、なんだかとっても、とっても嬉しかったんでした。
 ギターがギューンッっと鳴って、バンドサウンドがゴリゴリとうなり出したら、白 のストラトを抱えたつるロック登場。思いっきりバンドサウンドを楽しんだら、「大 阪ベイベー!!!」って叫びつつ「歩いて帰ろう」。バックに流れてた映像はPVかな?? 「後半戦、始まりました、ヨロシクーっ!!!」って言って、ジャケットを脱ごうとす るも、汗でひっついて脱げない(笑) そして「未来予想図U」を存分に聴かせたかと 思うと…。「12年ぶりに変身したいと思います。」と言って、ウルトラマンダイナの エンディングテーマ「君だけを守りたい」!!バックにはなんと、12月公開の映画『ウ ルトラ銀河伝説』の映像が!!!もちろん一部だけで、あとは12年前の「ウルトラマン ダイナ」のシーンが組み込まれていたんだけども、いやぁ、小僧と盛り上がりまし た!!!!!そのまま「オレのコスモを感じてくれ!!」と聖闘士星矢のテーマソング「ペ ガサス幻想」!!ギターもSGに替えて、もうまさにゴリゴリのtsururockがそこにい た!!!
 ウクレレに持ち替え、「星に願いを」を1人爪弾く…、ほっといたらこの人、いっ つまでもこうやって弾いてそうな気がするんですけど…。で、「笑顔のまんま」。ア ルバムで聴いた時は、力の入り過ぎた感じがしたんだけども、おそらく何度も何度も 歌ってて、やっと“自分のもの”になってきたというか、程よい力の抜き加減が感じ られて、素直に楽しんでるように思えたし、こちらも一緒に楽しめた。そして 「ビューティフル・ネーム」を、客席ともども大合唱。世界の子どもたちの写真と共 に歌詞もスクリーンに映し出され、それだけでなく、客電も点いて、リアルタイムで 客席を捉えた画像も流れつつ、つるちゃんも「右ーっ!!左ーっ!!」と振り分けつつの 大盛り上がりで。タオルを回して羞恥心の振り付けも披露してくれてたね。最後に、 再びSGを握り、トータス松本を称えつつウルフルズの「夢」。これもまた、肩の力が 程よく抜けて、楽曲のパワーがちゃんと“つるの剛士”を通じて響いてくる。これ で、本編終了。

 しばらく経って、アンコール。つる1人がステージ上の椅子に腰掛け、KANの「永 遠」を。スクリーンには、以前「クイズヘキサゴンU」でも流れた、奥様が撮影した 家族の映像が。…つるの家を見てるとね、自分の人生、もう一度やり直せないか、っ て、すごく思うんだ。何でこうなっちゃったんだろう、なんでこうなれなかったんだ ろう、って。…隣に小僧がいながらの、矛盾も感じながら。バンドメンバーも登場し て、「翳りゆく部屋」。“輝きはもどらない/わたしが今死んでも”という、一見、 絶望的な歌詞なのに、つるが歌うと、前向きに思えてくるから不思議だ。
 客電が、まだ点かない。ということで、アンコール2回目。本編の間から何度も客 席からリクエストされつつ「まだ早いから。」っておさえてきた、セミの鳴き真似、 ここにきて、ようやくの披露。まずはツクツクボーシ。次に「地味なリクエストだな あ。」とニイニイゼミ。そして「舞台の照明が、なんだか夕方になってきましたねぇ。 ということは…」と、ヒグラシ。ちなみに、例えばシャンシャン鳴くあのクマゼミが ヒトと同じ大きさだったとして、東京タワーに張り付いて鳴いたとしたら、その鳴き 声は鹿児島まで届くんだそうな。以上、セミ講座でした〜☆ってなワケで、大ラスは やはり「さよならの向こう側」。レコーディング風景の映像の中で、初日の一発目が この歌の録音だったそうで、「これからなのにいきなり“さよならの向こう側”って。」 なんて言ってたけれど。“さよならのかわりに”最後の最後まで存分に歌いきって、 「また来るかんね、ありがとーっ!!」と叫んで、皆で「ピース!!!!!」
 そして、赤いひだカーテンがゆっくりと閉じていき、膝をついて深々と頭を下げる つるの姿が、その中に消えていった…。

 あー、楽しかったぁ♪

次へ  戻る