運動発達について、不安を持たれる人へ    ( HP子供の健康 )     TOP-page へ戻る  

  不安を解消する為に知って欲しい事項

  ネット検索でこのページに直接来られた閲覧者は 乳幼児の運動発達_TOP  から閲覧を始めてください。

 この コーナー で出来ることは、検診で 『 異常はありません 』 ・ 『 病気ではありません 』 の確定診断を受け取っても、運動発達の遅れに不安を持たれた保護者に改善の方法 (育児法の改善) をアドバイスすることです。

 治療に相当するものではありません。 育児アドバイスの延長で、運動不安を解消する目的に限っての育児アドバイスです。

 “ 異常なし ” ・ “ 病気でない ”  と診断された乳児の運動発達が遅れで不安になる場合、その大半は育児法に原因が有ります。

 家庭で出来る方法を検討する為には、過去の育児法を振り返る必要があります。

 今までに実行された育児法に自信があっても、白紙にして振り返ることから始めてください。 多分、実行された育児法と異なる方法が説明されているはずです。 育児法が後に悪い影響をもたらしたことも判るはずです。

 標準の発達ルートを読まれると、不安の原因も推測出来るはずです。

 原因の確認無くして改善の方策は考えられない事を了解して、振り返ってください。  

 振り返りの作業を済まされて不安の原因が判れば、育児法の改善をアドバイスさせていただます。

 このコーナーを読まれた読者は、次のコーナーに進んでください。

 次のコーナーから、不安を解消する育児の実際について説明します。 最初に四つのアドバイスを説明しています。

    次のページー へ進みます。

          案内ページ    案内ページに戻ります。

  

  管理用データー    07-FUANKAISHO  Total_07_FuanKaisho