【 乳幼児の運動発達 5】   器用な子供を育てる ための配慮 ( in 子供の健康 )  04

  C 携帯ゲーム機の功罪     (64)

     【 乳幼児の運動発達  4】 では、発達経路を順調に進める育児法をアドバイスしま した。

    このコーナーでは、標準の発達に加えて、器用な子供を育てるための情報と具体策を説明します。  [ 手の機能発達 ] を実践するアドバイスです。

ゲーム機の功罪が常に話題になります。

ここでは、罪について違った指摘をします。

‘変な箸の持ち方’ ・ ‘変なエンピツの持ち方’ が話題となっています。

携帯ゲーム機の成長期の長時間使用と無関係ではないと考えています。

‘握り’と‘つまむ’ は異なる機能で、‘握り’→‘つまむ’ と進化し、より成熟した ‘つまむ’ には訓練と努力が必要なことは、上の項に説明しています。

携帯ゲーム機 ( 携帯電話にも同じ事が云えます ) の操作は B & C の握りで使う動作の繰り返しです。 (B・C・D は以前の項の解説図を参照してください)

しっかり観察すると両手の人差し指にゲーム機を載せて親指でボタンを押しています。 親指の向かう方向は人差し指の側面です。 Bの握りであることが見えるでしょう。

ゲーム機の好きな子供はこの動作が特に多くなるはずです。 C から への進行を阻害する遊びと判断できます。

B & C  の状態で  D  への促進を努力しない事は  “ストップさせる” に相当しますが、携帯ゲーム機で長時間遊ばせる事は  “逆戻り”  に等しいと考えます。 ‘ 促進を努力しない ’ よりも悪い“ 逆戻り ” になっているのです。

手指の器用な運動が出来ない事に繋がります。

‘変な箸の持ち方’・‘変なエンピツの持ち方’ の原因として、“つまむ” が成熟していないことが考えられます。   注 参照

携帯ゲーム機は ‘つまむ’ を充分に成熟させた後に渡して欲しいと考えます。

‘つまむ’ の訓練・習熟は学童期の全般に続ける必要があります。  この訓練・習熟とゲーム機の平行が必要です。

ゲーム機は親指を巧みに動かすことで、親指の機能向上に繋がるとの意見があります。  間違った意見ではありませんが、ヒトの機能としては ‘つまむ’ が優先されると考えます。   ‘つまむ’ 機能を優先すべきと考えます。

携帯電話の場合は手のひらと中指・薬指・小指で電話機を支持しこの場合も親指でボタンを押しますが、親指の向かう方向は人差し指の側面です。  右の写真では携帯電話に変えて厚さ 2cm のプラスチック板を持っています。  

親指はキーの位置で動きますが、基本的には写真のように親指の向かう方向は人差し指の側面です。   

写真のプラスチック板をエンピツに持ち替えると、‘変なエンピツの持ち方’ にそっくりです。 ゲーム機・携帯電話の長時間使用に反対します。

 【D-手の機能発達】 B つまむ  で “摘む” の未熟を説明しています。

この写真と携帯電話・ゲーム機を持っている時の写真が同一です。

変なペンの持ち方とも同じです。

携帯電話・ゲーム機の功罪を知ってください。

スマホを使って、この HP を閲覧している人には受け入れられない注意になりますが、幼児・小児期の携帯電話の “罪” を知ってください。

ゲーム機・スマホを使いすぎると、上の写真の指の位置関係が常となり、つまみ機能が阻害されます。 手根部の腱鞘炎が起こることもあり、少年・青年にも有害です。

このコーナーの目次    次は D に進んでください。  

 @ “にぎる” を誘発する遊び  A  “ツマム” を誘発するオモチャ  B “ねじる” を誘発するオモチャ  

 C ゲーム機の功罪  D ボールを持たせましょう   E エンピツ・箸を正しく持たせましょう   

 

    管理データー  05-KIYOUNAKODOMO  Kiyou_04