【 乳幼児の運動発達 4】  育児へのアドバイスと注意  ( in 子供の健康 ) 09

     H ピョンピョンさせる遊びはさせないでください。   (38)  

   運動発達のコーナーで説明している発達経路を順調に進める育児法をアドバイスします。

    完全・全てを網羅した注意ではありません。 最小の注意と受け取ってください。 

 五 or 六ヶ月頃、首も座り,身体全体がしっかりした感じを強く実感されるはずです。

 この頃になると親は座った状態で膝の上で,子供を脇で支えてピョンピョンさせる遊びをするでしょう。 ベビーは足で親の膝・床をけって喜んでいるように見えます。

 この遊ばせ方はあまり感心出来ません。 この遊びを多くやりますと子供は喜びますが,足を突っ張るクセが付きます。

 足に突っ張るクセを付けますと,歩き始めの頃に踵を地面に付けないで歩行する傾向が強くなります。

 けつまづき易い歩行になります。

 異常として長く残るものではありませんが,良い傾向でないことは理解してください。

 歩行器・カタカタ押し車は良くない遊具とこのコーナーでも説明しています。 同じ理由で使わないでくださいと説明しています。    

コーナーの目次     次に I へ進んでください。

 @ 最初の注意  A 発達の不具合  B 標準コースを外れる   C 乳児の抱き方     D うつ伏せで遊ばせましょう  

  E ベビーカーの背もたれ     F 四ヶ月まで立て抱きは止めましょう        G 育児器具の評価   

  H ピョンピョンさせないで   I 四つ這いについて    J プログは無益

 

    管理データー  04-IKUJIADVICE  Ikuji_09