ヒト 二足歩行のデメリット    戻る

 二足歩行はヒトに備わった機能です。

 二足歩行では、手には体幹支持機能の負担を少なくして、手先の器用さの獲得を促す利点が得られました。

 ヒトが保有しているこの機能はヒトに固有の文化を生み出したメリットもありますが、大きなデメリットもあります。

 二足歩行のデメリットに眼を向けてください。 

 二足歩行は脊椎に大きな負担を及ぼします。 脊椎の各高さでは、その高さより高い部位の重量を支える必要があります。

 脊柱の構造は椎体と呼ばれる小さな円柱体を積み重ねてあります。 前後左右に可動です。 

 脊柱の模型を見れば各部位(高さ)で前後の屈曲が自然に形成されています。 この湾曲は脊柱周辺の筋肉と靱帯が補助して保っています。 

 脊柱の各高さでは上位の重力を支えることになります。 頸部では頭、腰部では頭と上半身の重量に一生の長期間にわたって支える重労働です。

 耐えかねて肩こり・首痛・腰痛が疲労のサインとして現れます。 人類に特有のサインです。

 進化の過程ではこのサインの発言を減少させる体力を準備する為に自然の節理が作用して、人体各部の強化を進める強化過程が運動発達の順序性として用意されているのです。 

 充分な強化を得るためには、強化する部位にも順序は必要です。

 言い換えれば、運動発達の順序性は二足歩行のデメリットを最大限に少なくするために必要な機能です。 運動発達の順序性は肩こり・首痛・腰痛を少なくする為に必要な機能です。

 「歩けば良いだろう」 は運動発達の順序性を無視し、肩こり・首痛・腰痛を招く育児と考えます。

  管理データー   smaho   NisokuHokou_2