ワクチンの解説コーナー           子供の健康 Top ページ へ戻る

 

● ワクチンの接種法、ワクチンの本態を知る前に知っておいて欲しい話題を取り上げています。

  説明コーナーへ

● ワクチン接種を自己判断するために必要な事項・法律関連の説明

    @  ワクチンの効果判定    A 定期接種と任意接種の違い    B 予防接種の法制度による分類     C ワクチン接種の自主判断   D ワクチン接種に良いTPO   E 幼児のための接種スケジュール   F 推奨期間に接種を受けられなかった子供の救済 

  このグループの説明コーナーへ 

● 定期接種とされる予防接種  現在次のワクチンが用意されています。  

    @ B型肝炎    A Hib ワクチンについて    B 小児用肺炎球菌ワクチン    C 四種混合ワクチン    D 水痘ワクチン    E BCG    F MRワクチン (麻疹・風疹 混合)    G 日本脳炎    H 子宮頸がんワクチン     

   これらの説明コーナー へ

補注 現在、子宮頸ガンワクチンは厚労省の措置により、接種奨励か中断され、任意接種ワクチンと同等に扱はれます。 任意での接種は可能ですが、副作用・後遺症の保障は任意接種ワクチンと同等に処理されます。

● 任意接種とされる予防接種  現在次のワクチンが用意されています。  

    @ おたふくかぜワクチン    A ロタウィルス    B インフルワクチン    C A型 肝炎ワクチン     

   これらの説明コーナー へ

注 小児に接種する場合の分類です。 インフルワクチンは 65歳以上の人への接種は定期接種として扱われます。

 ワクチンに関連する情報・マスコミニュース のコーナー へ

 

HP・子供の健康 の意見

 ワクチン接種は全てに本人・保護者の自主判断で受けるものとされています。

 全てのワクチンを厚労省の方針に従って推奨出来るとは考えていません。

 個別の説明で触れています。 子宮頸がんワクチン・インフル・ワクチンの説明に注目してください。

  根拠 → 関連情報にも書いてありますが、 H・子供の健康では厚労省方針を批判して “インフル・ワクチンには予防効果は低い” と説明を永年続けてきました。 2012年に厚労省も予防効果は期待できないと方針を転換しました。 他のワクチンについても疑義があります。

 

お知らせ  ← クリック

     上に書いていない情報を書いています。

     現在は閉鎖中  2015/01

 

    *管理データー       Secondary page   WAKUTIN-kanren  la Waku