子供の健康 こどもの健康  乳児の運動発達  育児  子供の病気  小児科 

 

 

   【掲 示 板】        2020/08/01  掲載日の順でナンバーを付しています。       ◎ ワイドモニター で閲覧

 「豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富」 小児の健康管理の根幹を示唆していると考えました。

緊急掲示  新型コロナウィルス感染症に関して   2020/04/01     

 2019年末に中国から感染流行が報告され、現時点では世界各国に広がっています。

 日本での現状・対策・各自による予防策等の情報は連日に新聞・TV で伝えられています。

 医学的な情報は各国からの報告で日々更新されています。 

 医学的な情報は日本感染症学会に集められています。  この学会HP から一般の人向けのコメントが公表されています。  参考のために閲覧を勧めます。

    学会 HP http://www.kansensho.or.jp/modules/topics/index.php?content_id=31    

 子供の健康 HP からは説明を行いません。 

 ただ一言 「正しい情報を正確に確実に理解されて、家族の健康を守ってください。」 と伝えます。

緊急掲示 厚労省は 『小児にタミフルやリレンザなどを服用させた場合には充分な監視をおこない、監視が出来ない時には部屋には施錠をするように』 との告知を始めることを決めたと報道されています。  2017/12/01

  詳細な説明は他のコーナーで説明してあります。 クリック → 特別コーナーへ 

子宮頸がんワクチンの現状    2020/08/01

 2016年7月に副作用被害者から救済を求めて裁判提訴が行われました。 

 厚労省では再開を準備しているとの報道がありました。 しかし、再開の宣言はありません。

 2019年6月、新聞・TV で再開が延期されていると報道されていました。 ワクチンの効果を認める意見の紹介もされていますが、最近の接種数は1% とも報道されていました。 副反応には救済もされると報じていますが、納得できる救済ではありません。 被害者の訴訟は続いています。 「疑わしいは全て救済」は保証されていません。

 当 HP の記事を改訂するには時間を要しますので、内容と問題点を解説したページを新設しました。 

     子宮頸がんワクチン再開の問題点  ← 再開までの期間仮設です。

  @ ワクチン接種問隔制限 撤廃  2020/03/01  新掲載

 ワクチン接種に関しては制限事項が厚労省の方針で定められ、医療機関はこの制限に従ってワクチン接種を実施しています。

 確実な抗体を作るためと接種される子供の安全を第一として接種問隔に制限が設けられていました。 厚労省は本年10月から制限を緩めることに決定しました。

 改定される概要は、ワクチンの種類によって、次の接種まで期間を空ける事が義務とされていたのを外す事になります。

 詳細な事柄についての説明は省きます。 主治医・接種を受ける医療機関で説明を受けてください。

 幼児期から多くの種類のワクチン接種が可能となっています。 これらの複数ワクチンを効果的に接種するのには、個人に適した計画を立てることが必要です。 小児主治医と相談されて、最善の計画を作られるように望みます。 

  A 子宮頸がんワクチンの “積極的な接種推奨を中止” とする厚労省方針を継続  2020/08/01

  2014年8月の終わりに、「厚労省は、副作用の調査を続行する」 とのマスコミ報道がありました。 保護者の希望でワクチン接種は続いているとの話も耳にします。

  子供に副作用をもたらす危険には充分な配慮が望まれます。 2014/09/01

  2013年6月に推奨中止が発表されましたが、副作用を少なくする変更法が見いだせないので推奨中止は継続されます。  

  a) 子宮頸がんワケチンは接種の推奨を中断されました。 2013/06/14

        2020/08/01 現在も中断は続いています。   詳細はワクチン・解説のコーナーで説明しています。

  b) 子宮頸がんワケチンの接種で、 副作用は1968件が報告され、この内の106件は重篤であったと報じられました。  朝日新聞 2013/05/16 夕刊 

    c) 子宮頸がんワケチンの接種で重い副作用が発症しているので、医療機関に 『接種に際しては充分な注意が必要』 と注意喚起がされました。  朝日新聞 2013/05/29 朝刊

 2020/08/01  現在も中止勧告は継続され。再開の予定が無い事を確認しています。

 報道には再開の動きは報じられていません。 多発した副反応の本態、治療法が見いだせていないと推測出来ます。

   

 B 微少粒子物質 (PM2.5) による大気汚染が報じられています。 海外の医学論文で 『一歳未満の乳児は特に大気汚染の影響を強く受ける』 と報告されています。

 乳児を持つ保護者には充分な注意が望まれます。

     このニュースは別コーナーで詳しく説明しています。  ← をクリック 

 

 C 東日本大震災に際して、当HP からのコメントです。 『率直に怖がりましょう』

  東日本大震災に伴った地震と津波で福島原発が大きく破損されました。

  この結果として、農産物・牛乳・飲料用水道水の汚染が引き起こされました。 海水の汚染が魚介類にも影響し始めました。

  福島原発周辺で避難を余儀なくされている地域の外でも、学校での汚染が問題となっています。

  高濃度放射能汚染水が大量に漏れ出し、周辺の海岸からも海に流れています。 (2013/09/01 現在)

  福島原発事故の収束には長期間が必要と判明してきました。 食品に関する情報は正しく集めてください。 2011/05/01

  多くの専門家が解説していますが、率直に怖がりましょう。  

  近隣地区で不自由と犠牲を余儀なくされている人と共に、現状を知って今後の方向に意見をまとめる必要があるでしょう。

  福島原発の事故は過去形にすることなく、長く記憶に止める必要を感じます。

 

  相談室・連絡室 は閉鎖しております。  2015/07/01

  

コーナーの案内   このHPに掲載している記事の案内です。 上下方向の画面スクロールで、下記の @ A B を順次閲覧できます。

  @ 常設のコーナー  子供の病気と育児  育児365  乳幼児の運動発達   ワクチンの解説

  A 最新の情報  医療関連ニュース (必要な情報に限って掲載) 解説・主張・論説 (このHPの考えを伝えます) 木のおもちゃの作り方 

常設のコーナー   黄色の部分をクリックしてください。  

 子供の病気  育児コーナー  家庭医学  育児365日
      他のコーナーの記事を、乳児の一年間に合わせて配列しています。

 このコーナーに掲載している記事は他のコーナーと重複していることがあります。  

 内容の更新は随時に行って行きます。 記事の追加もおこないます。   

 育児365日は2007年4月から一年間掲載したコーナーです。

 模様替えをして再登場させます。 採用しています記事は一部を除いて他のコーナーにも掲載しています。

 誕生から一年間の育児に合わせた流れで、閲覧の便を図りました。

 乳児の運動発達  誕生から一年間の運動発達を詳細に説明  器用な子供育てる目的も込めて     
  ワクチンの解説   

  1 ワクチンの効果判定  2 定期接種と任意接種の違い  3 法律による予防接種の分類

コーナー案内に戻ります。

最新の情報  必要な最新の情報を集めています。  記事 の更新に努力します。        

 コーナー  更新日 リンク  掲載記事                 コーナー案内に戻ります。
 薬 の は な し  12/01/21   *タミフルとの治療効果は疑問  *タミフルと異常行動の関連に関する新聞報道  *タミフルの減産が決まりました *ンフルエンザ治療薬の「タミフル」に副作用例  *インフルエンザ治療薬の「タミフル」を一才未満の乳児に投与しないように
 質 疑 応 答   05/01/16    ワクチンの効果について  *乳児検診の目的   *高熱は脳障害の原因になりますか        他の質疑応答も掲載   * 長く有効と考える話題は残してあります。
 ト ピッ ク ス 14/06/16  

 *  子どもの手足がまひする疾患が増加しています  * ワクチン接種で年間にミス 2000件以上 未承認ポリオワクチンの問題   妊婦にタミフルは安全か  *子宮頸ガン・ワクチン *ポリオの感染者を確認  * 0才児もインフル・ワクチンは受けられます  *ハシカ免疫を持たない乳児が増加   *成人に百日咳患者   *タミフル服用と異常行動の関連  *中学生・高校生にも麻疹ワクチンの接種    他

 患 者 の 意 見   01/10/10    *医者の評判   *患者側のホームドクターの選び方      *インフォームドコンセントを考えてください。
 医 者 の 意 見   07/05/01    *真実と現実の違い   *時間外診療の診療内容の内情   *医療判断医  *小児科医の不足    *主治医には遠慮なく質問してください     *電話で診察の必要性は判りません         その他

  最新の情報を取り入れた解説を各コーナーで更新しています。

  他のコーナーで解説してある情報は、このコーナーに掲載していません。

長期掲載コーナー                    コーナー案内に戻ります。

 解説・主張・論説  12/02/05 更新  マスコミのインフル解説が変わりました  福島原発事故と森永ヒ素ミルク事件  新型 インフル・三割の患者で誤診  医療の説明にオドカシは必要なし  食品の安全と偽装  女性・母親の就労と育児   インフルエンザ治療薬・タミフルの副作用について  インフルエンザワクチンの有効性についての疑義  インフルエンザワクチンの評価    他
 99新型インフルの検証  09/06/01  99年に流行したインフルを振り返ります
 原発事故と放射能汚染  11/11/05  福島原発事故・放射能汚染に関するニュースと HP からのコメントを特設コーナに掲載しています。
 子供の集団健康被害  常設  サリドマイド事件 森永ヒ素ミルク事件 未熟児網膜症 注射に因る筋短縮症

  過去にいくつもの子供が被害者となった集団健康被害が起こりました。

  これらの集団健康被害から得られた多くの教訓は後の医療に役立てられています。

     保護者として知っておけば、必ず役立つはずです。

  その影響を甘受する子供と保護者に、被害者の無念を思い出して欲しいとの願いもあります。 

          木のオモチャを手作りしましょう      2004/02 から開設しました。

   街のオモチャ店で見かける木のオモチャに興味はあるが、高価だと敬遠される保護者が多いようです。

   DIY の店で材料を購入して手作りしましょう。

  新しく 、“器用な子供を育てるのに役立つオモチャ” の作り方 を追加しました。   (2009/01)

  一歳の誕生日前から使用して欲しいと考えています。  

 

コーナー案内に戻ります。


 

             子供の健康−Top へ戻る       


 

子供の健康-HP   コーナーの案内   このHPに掲載している記事の案内です。 

 コーナーの案内  三つのコーナー @ A B を設けています。 番号のクリックで選択できます。   

     上下方向の画面スクロールで、下記の @ A B を順次閲覧できます。

  @ 常設のコーナー  子供の病気と育児  育児365  乳幼児の運動発達   ワクチンの解説

  A 最新の情報  医療関連ニュース (必要な情報に限って掲載) 解説・主張・論説 (このHPの考えを伝えます) 木のおもちゃの作り方 

  B HP への連絡コーナー  (相談・投書を受け取ります)

         子供の健康−Top へ戻る