子供の健康 こどもの健康  乳児の運動発達  育児  子供の病気  小児科 

title_202212

 

since 1999's  子供の日

  ◎ このHPは正確で有効な医学・医療情報を提供するように努力しています。情報・コメントは経験豊富な小児科医が協力して提供しています。近隣の小児科、内科医院では賛成されない時もあるでしょうが、経験したもの、世界から出される情報から有効なものにスポットを当てて提供します。

 ◎ 個々の健康管理については、ここに掲載された情報を参考にホ−ムドクタ−とよく相談され、個人の責任で進めて下さい。

 ◎ 引用しますNEWS の著作権保護には充分に配慮し、引用の元を表示します。 未公開の著作については許諾を得ています。 転載は原著者の許諾を得て下さい。 引用しましたNEWS では敬称は省かせて頂きます。

 ◎ 厚生行政に関するNEWS も掲載しますが、限られたマスコミ情報の転載になります。 より詳細な情報は個々に集めて下さい。

 ◎ [子供の病気]・[育児]・[家庭医学]に関する記事を掲載しています。 内容は随時更新をしています。 記事の追加も随時に行います。

 ◎  必要以上の敬語が氾濫していますが、ここでは使いません。 人格を無視するものではありません。

この HP では閲覧される読者のモニターに合わせた表示を選択できます。

  @ ワイド・モニター を使用される読者    A 標準モニター ・スマホ を使用される読者 

 ワイドモニター版では閲覧が便利になります。 

 新型コロナウイルス感染症の流行は第七波の収束に続いて第八波が始まっています。 感染は短い減少期が続いて全国全ての都道府県で増加が続いています。 新しい変異株の感染も確認される様になりました。 12 月・師走で人の集まる機会が多くなる季節に増加する事が繰り返されています。 各自の予防意識の見直しが必要と考えられます。

 新型コロナ感染が始まって三回目の冬です。 季節性インフルの流行期です。 「今年は季節性インフルが爆発的に流行する」 として、新型コロナ感染との同時流行を予想する意見も出されています。 2020・2021 年の季節性インフルの少ない感染数で抗体を保有する人が減少して今冬は増加するとする根拠に一理は有ると考えます。

 “同時流行” と “同時感染” は内容が異なります。 “同時流行” は同じ地域で二者が流行しているとの意です。  “同時感染” は一人の患者が二種の感染を同時に患うとの意です。  “同時感染” はほとんど起こらないと受け取ってください。

 当 HP の推測としては、 “同時流行” も少ない推測と考えています。 予防策の採用には努めてください。

 各種ワクチンのメリット・デメリットに注目してきた当 HP の評価を特設コーナーで説明しておきます。

  → 新型コロナウイルス・ワクチンについての説明コーナー 

豊かな国土 これこそ国の宝

 書き込みました 「豊かな国土と・・・・・」 を何回も読みかえしてください。 味わいのある・意義深い一文と思えませんか。

 健康な子ども育てる、家庭の環境作りも大切ですがこの一文に込められた概念は重要にして、基本的に必要な条件と考えました。  根拠となる解説は [主張・論評 原発再開に反対判決] のコーナーで読んでください。

2014/06

 

 

 管理データー      1  Ja_SODAN-ROOM-A_01             Sodansogoetsuran 

       sogoetsuran

     2022/12

***********************************

  A    B      C 

 

                                                     更新 2022/11/01