GEN SOLO 2(1995)
衝撃のデヴューから約1年ぶりに発表され、ゲンソロマニアには初期の名作との評価が高い2作目がついに流出!
前作同様アコースティクなサウンドです。スティービーワンダーのカバーなどが入ってますが特筆すべきはこの作品から日本語による詩が登場するという事です。
1995年発表作品。

1.Stay Gold 2.扉を開けては…3.Start Point,White Line
4.In The Name Of Love5.思い出して(REMENBER)

♪MP3のマークがついている曲名はmp3で試聴ができます。
♪Realのマークがついている曲名はReal Playerで試聴ができます。
STAY GOLD
スティービーワンダーの曲
コメント
これはいいでしょ。
他人の曲だし。
扉を開けては…


最後の切符を握りしめて
君が残した言葉を拾う
さよならと叫んだわけじゃないけど
もう2度と同じ、夢は見ないだろう
壊れかけたテーブルにもう一度
君はバラの花を、飾って見せたっけ
どうか僕だけ傷つけて
どうか僕だけ罪を与えて
他の人を傷つけないで
僕は大丈夫ですから

最後の電話をかける度に泣いた
「でも俺達は友達だろう?」と言い放す
「さみしいよ」といつも言ってたね
僕は力になった事などないのに
君は母になり
愛する笑顔に囲まれる
それを感じとれない事が
とても悲しいよ
どうか僕だけ傷つけて
どうか僕だけ罪を与えて
他の人を傷つけないで
僕は大丈夫ですから

扉を開けては…

♪MP3
♪Real
コメント
この曲は付き合っていた女性が亡くなった事に関しての曲です。
とても辛い事です。何が辛いかと言えばその女性自身がどんなに小さい幸さえも味わう事が出来なくなった事です。
死は運命かもしれないがその運命を変える事が出来たのは俺だけだった。と自分を攻め続けました。来る日も来る日も。いつでもどこでも。表向きは笑顔で居ても心の中はいつも黒く重い雲に覆われていました。
だが1年近くたった10月8日の朝起きたら、突然晴れてたのです。あれがなんだったかはわかりません。しかしあの空の青さは永遠に忘れないでしょう。
全ては終わり、そして始まった。その日から3年間魚や肉をいっさい食べなくなりました。血の入ったものを体内に入れたくない感情です。
なぜベジタリアンを辞めたかと言うとマラソンの本に豚肉を食べると良いと書いてあったからです。ビタミンB2ですな。確かに肉喰ってからタイムは縮まりました。
扉とは天国のこと。今ではいつでも天国から見守ってくれてると思っています。
都合の良い話ですが(^_^)
START POINT,WHITE LINE


START POINT, WHITE LINE
CHILD'S CRYING, HAVE A LUNCH
SHOUT OF JOY, A LIGHT WIND
FLAG WAS SWING, SMILING FACE
WE WOULD PRAY FOR TOMORROW
AND BELIEVE IN TODAY
WE LIVING IN LOVE
WE WOULD PRAY FOR TOMORROW
AND BELIEVE IN TODAY
WE LIVING IN LOVE


♪real
コメント
この曲はゲンソロ3でリズム入りでも演奏してます。
出発地点は白い線。マラソンのレースですかな?
明日を願い、今日を信じ、愛に生きる。
人生はマラソンのごとく、まさにマラソンマンの生き方ですわ。
冬のスペインをイメージさせる曲調ですな。
IN THE NAME OF LOVE


水平線 遠くで光る稲妻
夕立ち避けて トンネルの中 震えた
抱き合うよ 濡れたままで 一晩中二人
声にならない 熱い吐息 君は僕の腕で眠った
I JUST IN THE MEMORIES OF CRAZY DAYS
I JUST IN THE NAME OF LOVE

壊れかけの 時計もとに戻して
愛と言う名の 誘惑のベルを鳴らした
ここに立てば 思い出すよ 短い夏の思い出
僕と君のハーモニーは
輝く波の 中で眠るよ
I JUST IN THE MEMORIES OF CRAZY DAYS
I JUST IN THE NAME OF LOVE

OH SUMMER TIME CALLIN'
時が経って 君は誰も
寄せつけないほどキレイさ
都会に2人 軽く笑顔で
それぞれの道に 進んで行くよ
I JUST IN THE MEMORIES OF CRAZY DAYS
I JUST IN THE NAME OF LOVE

♪real
コメント
この曲はドラマチックな演出の愛を描写したものです。ハイーティーンブギとか?(笑)
結局は別れてそれぞれの道へ旅立ったと言う事かな?ひと夏の甘く切ないドラマですか?
角田浜のトンネルが目に浮かびますな。幽霊でそうだけど。
思い出して(REMEMBER)


短い間だったけど
ゴクロウ様でございます
都会の腐った空気は
確かに身体に良くないね
ロッカールームで流した涙
腕立て、腹筋、しごかれた夜
だけど今考えれば全てが,EASY忘れないで、永遠の愛を
思い出して僕のことを
忘れないで、永遠の愛のことなど

楽しい事もあったでしょ
苦しい事ももちろんね
でも総合的に評価すれば
まぁまぁ良い思い出かな?と
白い息凍る、真冬の掃除
鉄拳、制裁、愛のムチ
だけど今考えれば全てが,HAPPY
思い出して僕のことを
忘れないで、永遠の愛を
思い出して僕のことを
忘れないで、永遠の愛のことなど

故郷に帰って
コールドストームの
CD売ってくれよ、お願い!
長野でライブをしたら
友達100人連れて
見に来てくれよ、お願い!

思い出して僕のことを
忘れないで、永遠の愛を
思い出して僕のことを
忘れないで佐藤現と言う名を
思い出して僕のことを
忘れないで、永遠の愛を
思い出して僕のことを
忘れないで、永遠の愛ことなど


♪real
コメント
この曲は僕がお世話になっていた三鷹の美容室のスタッフが郷土の長野へ帰ると言う事で贈った曲です。ドフォーク的なメロディですな。
永遠の愛の論者として名を馳せていた佐藤現はよく皆に論じたもんです。自分のことは棚に上げといて。同人種主義とかね。
これは夜マラソンしてた時に思い付いた曲ですな。マラソンして出来た曲けっこうあるね。マラソンしてるとランニングハイと言って脳からα波が分泌され気持ち良くなるんですよ。マラソンして曲が浮かび、だんだん形が整ってくると走る方も乗ってくるですよ。それで家へ戻って今出来た曲を鼻歌にしながら気持ち良くシャワーを浴びるんです。そこまではいいんです。その後タオルで身体拭いて、着替え終わるとだいたい忘れちゃうんだよね。使う脳が違うのかね?この曲は運良く残った曲です。
GEN SOLO TOP