[HOME]
<凡例>

ファンタジィのなりゆき


 この本棚は本を買い始めた頃からハマっているファンタジィ作品が収められています。私のきっかけはパトリシア・A・マキリップの「星を帯びし者」を友人に薦められたことでした。それ以来、本棚の大半はファンタジィ作品が占めています。ファンタジィというと英雄冒険譚やメルヘンチックな小説をイメージされる方が多いと思いますが、ファンタジィにも様々なジャンルがあります。特に早川文庫FTの初期に出版された物は、カタカナのファンタジィと言うより「幻想文学」と言う方が内容にそぐうように思われます。まずは是非のぞいて見て下さい。