★9月13日★

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩はしのぎやすい日が多くなり、少しずつ秋の気配が
感じられるようになりました。セミの鳴き声も静かになり、田んぼでは稲刈りが始まり、あんなに
暑かった夏もやっと終わりが見えてきた感じがします。
季節は変わっても相変わらず市内のコロナ感染者は多く、あまり外へ出かけたい気にはなりません
が、もう少し涼しくなったら、人混みをさけて美味しいものでも食べに行けたらいいなと思います。

最近ネットオークションを利用することはほとんどありませんでしたが、先週久しぶりにオークシ
ョンへ出品をしました。
出したものは屈折望遠鏡の鏡筒で、1月に架台だけが欲しくて鏡筒と一緒になっているセット品を
購入し、鏡筒は使わないまま保管していましたが、部屋の中のスペースは取るし、これからも使う
予定はないので、今回出品することにしました。
未使用の鏡筒ですが付属品がないので、価格をかなり安くしたところ、出品したその日に落札され
ました。ちょっと安くしすぎたかとあとで反省、まあ欲を言ったら切りがないのですが、余分な荷
物が整理できて良かったとすべきでしょう。

火星の観望期に入り、晴れたら毎日撮影をしていますが、今回の最接近では火星表面で砂嵐が発生
していないため、鮮明な模様の火星像が撮れています。また新たな試みとして火星の2つの衛星の
撮影にもチャレンジしていて、今シーズンは2倍楽しい火星撮影を行なっています。
火星にはフォボスとダイモスという名前の2つの衛星が回っていますが、直径がそれぞれ22Kmと
13Kmと小さくて、見かけの光度が12等級と暗いので、撮影するのはシリウスB以上に難関です。
火星は非常に明るいので、衛星がなるべく火星から離れた時を狙って撮影するのがポイントで、先
週11日にダイモスの撮影に挑戦して成功しました。
残るフォボスはダイモスより火星に近いところを公転しているため、なかなか火星から離れた位置
になるときと撮影タイミングが合わずに苦戦していますが、チャンスを捉えて撮りたいと思います。