株式超入門貯蓄プラン

株式用語集トップページへ.BACK / NEXT株式投資の心構え / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る

T 貯蓄プラン                       

    株式を貯蓄と考える                                       

        個人貯蓄が年々増加するなか、株式投資への注目の度合いも高まっています。

        
株式投資への関心が高まっているのは、株式投資に一般の貯蓄に見られない配当金や値上り益などの魅力や、
        
考えて投資する愉しさがあるからだと思われます。

        とはいっても、株式投資人口がまだまだ少ないのも事実です。それでは、なぜ株式投資に踏み切れないのでしょうか
        多くの方は、おそらく「難しい」「値下がりの危険性がある」「知識がない」といった理由からではないでしょうか。

        知識がなければ踏み切れないのはもっともなことです。知識を持たずにいきなり始めるより賢明です。

        株式投資は、資金さえあれば始めることが出来ますが、奥の深いものですから、一朝一夕に身につくものではありま
        せん。まず基本を身につけ、あせらず、ゆっくり始めてください。
        始めるに当たっては、値上り目標を一般の貯蓄年利回りより、若干高めに設定し、貯蓄の延長として考えてください。

        ご自分の資産運用の現状を十分検討したうえ、無理のない範囲で貯蓄商品として考えられてはいかがでしょうか。


    株式投資の魅力 魅力って?    

       株式投資で最も期待されるのは値上り益ですが、ほかにも色々な魅力があります。

        その一つは、
配当金に代表される株主に還元される利益です。
        また、自社の商品やサービス券などを配布する株主優待制度を設けている会社も少なくありません。
        さらに企業によっては株式分割(無償増資)といって、新株を無償で交付するところもあリます。



  株式超入門へ戻る.BACK / TOPへ戻るTOP / NEXT株式投資の心構え / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る