チャート入門 戦術基本篇

株価変動の見極め/ 陰陽足の名称と性質/ 罫線組合せ判定法/ 戦術基本篇/ TOP/ HOME
 
ポイント基本的な一本足から二本足を組合せ、さらに相場戦術的にまとめられた酒田五法。三山、三川、三空、三兵、三法の5つで構成されているものです。
 
                       Dr.バウ                 酒田五法13のタイプ
名称 パターン 解釈
三山(三尊) 三山とは大天井の体型をあらわす線。

底値より波瀾を繰り返しながら上伸して下押し、これらの運動を3度繰り返す。

三尊とは仏像の配置からきており、中央に釈迦両脇に文殊、普賢の両菩薩の形。

トリプルトップ、ヘッド・アンド・ジョルダーズ(米)と称し天井形成としてよく知られる。

特に
出来高の動きが特徴的に現れる際には、 天井の気配が色濃くなる。
 
毛抜き天井(ダブルトップ)、団子天井(円形天井)などのパターンもある。
逆三山(逆三尊)

三川宵の十字星

3本線から相場の転換期をとらえる。

三川は三山の反対にして、底値にて突っ込みては戻すという運動を繰り返す。

先述の三川宵の明星は「売り線」、三川明けの明星は「買い線」と説明した以外に、
三川の十字星、三川上放水二羽烏は「売り線」、変型三川底の「買い線」がある。

鳥は不吉なカラスのたとえと言われている。

三川上放水二羽烏
変型三川底
赤三兵 三兵は陽なら陽、陰なら陰が3本平行して同一方向に向かっている場合を指す。

赤三兵は、高寄りしないが終値が確実に切り上げている形で、大きな上げ相場の前兆。

ただ同じ赤三兵でも上影を引いている
赤三兵先 詰まりは上昇力の鈍ってきた証拠。

さらに三線目が小陽線のコマとなる
赤三兵思案 星となる場合は転換時期が近い。

先詰まり
思案型
HOMEへ戻る /  ページのTOPへ戻るTOP
黒三兵(三羽烏) 赤三兵の反対で下落相場の典型(黒三兵)。      Dr.バウ

大引け安値が三日続いたのが坊主三羽、大引値と翌日寄付き値が同じ形で続いているが同時三羽で、
特に弱いとされる
坊主三羽
同時三羽
三空 先述で紹介。
上げ相場の場合は「三空上げに向かえ」といわれる。

一空目は新規の新規の買い勢力、ニ空目は売り方の撤退と買い方の買い乗せ、三空目は踏み(売り方が損を承知で買い戻す)と買い方の成り行き買いによるもので、ここで
吹き上げ天井の公算大となる。

この逆が「三空たたきこみには買い向かえ」で、買い方の投げ、うりかたの売り崩しによって底形成となる公算大
上げ三法 三法は売買休で、休戦することをいう。

休むことができるかどうかが相場巧者となるかの分かれ目。

上げ三法は上昇過程において出現した大陽線のあと小さな陽線・陰線を孕み、その後再び大陽線大引け坊主となったもの。

中間の三線は休みだが、先の大陽線を下回れず、次ぎに下げを一気に取り戻す。
新しい
上伸力を評価するもの。

目先筋なら中間の三線で一旦利食い。

下げ三法はその逆。

他に上放れ三法、下放れ三法、放れ三手の新
値づかえがある(判定困難)。
下げ三法
HOMEへ戻る /  ページのTOPへ戻るTOP

株価変動の見極め/ 陰陽足の名称と性質/ 罫線組合せ判定法/ 戦術基本篇/ TOP/ HOME

Copyright 1999 - 2001 migrant .All Rights Reserved.