株式超入門銘柄選択の基準

新聞の株式欄の読み方.BACK / NEXT株式売買の実際 / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る

Y 銘柄選択の基準

    ◎ 銘柄選択には、情報収集とは別に会社の決算内容を基準として(モノサシ)選ぶ方法があります。
       色々なモノサシがありますが、ここでは代表的なものを取り上げます。
       どのモノサシも万全ということはなく他のモノサシとくみ合わせて考える必要があります。

    業績予想                  
     業績予想は指標ではありませんが、重要なモノサシとなります。

      業績向上は大きな買い要因となります。過去最高の利益が予想される会社や赤字決算から黒字転換が予想される会社
      は株価の上昇が期待できます。

     ★ PER(株価収益率)
      
利益を基準に他の株式に比べて株価が割安かを判断するのがPERです。

      
利益そのものを比較しても会社の規模が違うため、同じ土俵で比べることは出来ません。
      そこで、一株当たりに直すとどのくらいの利益になるかを計算します。
      これだけで比べれば、数値の大きいほうが価値が高いことがわかります。しかし、株価が妥当かどうかは分かりません。
      そこで、株価が一株当たり利益の何倍になっているかを比較することによって、評価が高いか低いかを判断します。

      PERは、基準となる数値が最初からあるわけでなく全銘柄のPERの平均値や同業他社との比較で高安を比較するもの
      です。したがって基準値は常に変化します。

        ◆ PERの計算式  

             
PER=株価/一株当り利益   (一株当り利益=税引後利益/発行済株式数)

     ★ PBR(株価純資産倍率)
       
PBRは、経営基盤となる資本金などの純資産を基準にして、株価の高安を測るものです。

       
純資産とは、資本金、法定準備金、剰余準備金をいい、これらの資産が一株当りどのくらいかを表したのが、一株当り
       純資産です。この一株当り純資産と株価を比べて株価の位置を見るわけです。

       株価が一株当り純資産に近づけば、底値に近づいたとみることが出来ます。

        ◆ PBRの計算式

             
PBR=株価/一株当り純資産  (一株当り純資産=純資産総額/発行済株式数)
         眠くなって来たかなぁ〜?
     ★ チャート

       
チャートとは、株価の動きを表したグラフのことでケイ線とも言います。

       チャートには、一日の動きを表した日足、一週間の週足、一ヶ月の月足などがあります。
       日足で表すと激しい動きでも週足、月足になるに従い波の大きさは小さくなっていきます。
       従って、
大局的な流れを読むには、週足や月足のほうが向いています。
       株価が現在どの位置にあるのかを示してくれますから、投資判断には欠くことのできないモノサシといえます。

       チャートは、株価の平均値を表す移動平均線と共に用いられるのが一般的で両者の組み合わせで投資時期を測ります。

        * 移動平均線・・・一定期間の株価の終わり値の平均値段を表した線。
                     6日移動平均線という場合は、常に6日間の終値の平均を線にして表しています。
                    13週移動平均線という場合は、13週間の毎週の終値の平均を表します。         


新聞の株式欄の読み方.BACK / TOPへ戻るTOP / NEXT株式売買の実際 / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る