株式用語集 株search-株式用語
   −さ−

[あ]

[か]

[さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

[A]

[B]

[C]

[D]

[E]

[F]

[G]

[H]

[ I]

[J]

[K]

[L]

[M]

[N]

[O]

[P]

[Q]

[R]

[S]

[T]

[U]

[V]

[W]

[X]

[Y]

[Z]

[The Others]

[さ]

採算買い

株式の予想利回りを投資尺度として買うこと。


採算株

利回り採算の取れる株。配当が安定している割に株価が低く、高利回りが期待できる株。


材料出つくし

相場を動かす好・悪材料が出ても、実際に発表された時はすでに織り込み済みのため、反応なしかったり、反動で下がること。


材料難

これといった材料が見当たらず相場の推移をみる市場人気の状態を言う。


下げ足

相場が安くなって行く状態。


下げ渋る

相場が下げた後、少し持ち直すこと。


下げ止まる

相場が下げた後、横ばいになること。


指値注文

値動きを見て値を指定して注文すること。


様変わり

相場局面が急変して、下げ相場が急に上昇したり、上げ相場が急に下落すること。


ザラバ

寄付きと引けの間のこと。


散発高

全般的に低迷している中でポツポツ買われて高くなっている銘柄がある状態。


魚の頭と尾っぽはくれてやれ

最安値で買って、最高値で売りたいが欲張ったことは考えず、魚にたとえて頭と尾っぽは残してしまえ。


塩漬け

買い付け株が下がってしまい見きることが出来ず長期保有すること。


仕掛難

売り買いともに注文の出しにくい状態。


仕切り

顧客の注文に対し証券会社が相手となって注文を成立させること。


品薄株

資本金が小さく安定株主が多いため、浮動株が少ない株式のこと。


地相場

各銘柄の長期的に見た安定的な株価水準のこと。


下ささえ

株価を一定水準以下にならないように意図的に値段を保つこと。


下放れ

ガクンと値が安くなること。


しっかり

相場が高めで推移すること。


上伸

上昇基調を続けていること。


TOPへ戻るTOP / 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

処分売り

資金繰りの関係で持ちつづけられずに売却すること。


じり貧

じりじり安くなること。


循環物色

次ぎから次ぎへと業種を替え銘柄を替えて買って行くこと。


知ったらしまい

株価に影響を及ぼす材料は早くから市場ではやされ、実際に発表された時には織り込み済みになる場合が多い。


頭重い

戻り待ちの売りが控えていて上昇への動きが難しい状態。


成長株

年々の利益の伸びの高い会社の株。


整理

相場が買い進まれて警戒人気となり、手持ち株が売られること。


節分天井

新春から節分のころにかけ、新春相場で買い人気が強くなる状態。


先駆株

上昇相場のリード役になる株で仕手系が多い。


選別買い

業績の良い銘柄・資産内容の良い銘柄・材料含みの銘柄を選別して買うこと。


底入れ

下げ相場が終わったこと。


底固め

相場が底に届き、売り物が消化された状態。


底堅い

下がりそうでなかなか下がらない相場の状態。


底値鍛錬

相場が下がり、安値圏内で売買が入り混じってもみ合いが続くこと。


相場師は孤独を愛す

株式投資で成功するには他人と同じ事だけをやっていてはだめで一人で挑戦しなければならない。


相場に過去はない

「あのとき・・」等いたずらに過去のことを思い返すのではなく、前向きの姿勢が必要である。


相場のことは相場に聞け

相場の動きを無視すると失敗しやすい。相場には一定の動きがあるので素直な気持ちで流れに従うことも必要。


相場は明日もある

好材料が出るとすぐ買いたくなるが、よく調べもしないで買うのは危険、明日も相場はあるのだから慌てることもない。


備えあれば迷いなし

カンだけを頼りに投資するのではなく、研究して自分の相場観を持ち相場に臨む。


損して休むは上の上

損をした時こそ、はやる気持ちを抑えて落ち着いた態度を取る事ことが必要。投資チャンスは必ずやってくるものだ。


損玉を早く見きる、これ相場の神仙

神仙とは神通力のある仙人のことで相場の神様は損玉を早く見切るもの。


TOPへ戻るTOP / 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る