株式用語集 株search-株式用語
   −S−

[あ]

[か]

[さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

[A]

[B]

[C]

[D]

[E]

[F]

[G]

[H]

[ I]

[J]

[K]

[L]

[M]

[N]

[O]

[P]

[Q]

[R]

[S]

[T]

[U]

[V]

[W]

[X]

[Y]

[Z]

[The Others]

[S]
SQ(エスキュー)
(Special Quotation)
特別生産指数のこと。株価指数先物・オプション取引の売買最終日の翌日に、構成銘柄の「初値」に基づき算出される特別な指数。
日経225オプションの場合、該当するSQ値は、各限月の第2週金曜日になります。

STRIPS(元本利子分離債)

(Separate Trading of Registered Interest and Principal of Securities)
米国財務省によって開発されたもので、利子債の元本部分と利札部分を分離して販売するものであり、帳簿記載方式によって売買を行う。
利付債は通常元本部分と利札で構成されるが、元本部分をこの利付債の償還を満期とする割引債(ゼロ・クーポン債)、各利札をそのクーポンの支払日期日が満期の割引債(ゼロ・クーポン債)として、販売するものがストリップスである。


SP500

米国の有力投資情報会社であるS&P(スタンダード・アンド・プア-ズ)社がニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、NASDAQ登録の合計500銘柄について発表する株価指数。


SWAP(スワップ)

2当事者(A/B)間で、事前に合意された数式に従って求められたキャッシュ・フローを、決められた期間において、決められた回数だけ交換する契約のこと。
交換されるものによって、金利スワップ、通貨スワップ、エクイティー・スワップなどと呼ばれる。これらは、固定であっても変動であってもよい。
金利スワップのもっとも代表的なものは、プレイン・バニラ・スワップ(Prain Vanilla Swap)と呼ばれる。これは、同一通貨の固定金利と変動金利との交換である。
一方の当事者Aが契約締結時に決定しておいた想定元本に対して決められた固定金利分を他方の当事者Bに契約期間支払う。
これと同じにBはAに対して同額の想定元本に対して変動金利を支払う。
基本的に2当事者間での交換がスワップであるが、交換の回数、一方当事者に権利が付与されているかどうかで分類も分かれる。(フューチャー、オプション)


株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る