株式用語集 株search-株式用語
   −R−

[あ]

[か]

[さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

[A]

[B]

[C]

[D]

[E]

[F]

[G]

[H]

[ I]

[J]

[K]

[L]

[M]

[N]

[O]

[P]

[Q]

[R]

[S]

[T]

[U]

[V]

[W]

[X]

[Y]

[Z]

[The Others]

[R]

ROA(総資本利益率/利益利益率)                     

総合的な収益性の財務指標。
企業に投下された資本(総資産)が、利益獲得のためにどれほど効率的に利用されていたかを表す。
分子の利益は、営業利益、経常利益、当期純利益などが使われ、総資本(総資産)営業利益率、総資本(総資産)経常利益率、総資本(総資産)純利益率、とそれぞれ定義される。

総資本(総資産)利益率=売上高利益率(利益/売上高)×総資本(総資産)回転率(売上高/総資本)と表現できる。

従って、総資本(総資産)利益率を高めることは、利益率の改善(費用・コストの削減)又は回転率の上昇(売上高の増加)によって表現される。実際の会計では、総資本を総資産として把握することが多い。


ROE(自己資本利益率/株主資本利益率)

(Rate of Return On Equity)
企業の自己資本に対する税引き後利益の割合。
企業は、株主資本(自己資本)と他人資本(負債)を投下して事業を行い、そこから得られた収益の中から、他人資本には利子を支払い、税金を差し引いて最後に残った税引き利益が株主に帰属する。
自己資本利益率は、株主の持分に対する投資収益率を表す。
経営者が株主に対して果すべき債務を指標とみることが出来る。
また、それは株主に帰属する配当可能利益の源泉となり、配当能力を測定する指標となる。

ROE=EPS(一株当り利益)/BPS(一株当り純資産)で表される。

BPSが所与とすれば、自己資本利益率を高めることはEPSの上昇に繋がり、将来的な企業利益上昇の期待から株価上昇につながる。


RR(リスク・リターン分類)

投資信託協会では、リスクとリターンの関係にもとずいてファンドを安定重視型(RR1)、利回り追求型(RR2)、値上り益・利益追求型(RR3)、値上り益追求型(RR4)、積極値上り益追求型(RR5)の5つの型に分類して、投資家が自分の投資ニーズに合わせてファンドを選びやすいように便宜を計っている。


株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る