株式用語集 株search-株式用語
   −か−

[あ]

[か]

[さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

[A]

[B]

[C]

[D]

[E]

[F]

[G]

[H]

[ I]

[J]

[K]

[L]

[M]

[N]

[O]

[P]

[Q]

[R]

[S]

[T]

[U]

[V]

[W]

[X]

[Y]

[Z]

[The Others]

[か]

買いあおる

株価をつり上げる為、正当評価以上に投機的に買い進むこと。


買い安心

上昇相場のなかで、買えば必ず儲けが出るような状態。


買い埋め
信用取引でカラ売りを反対売買により決済することを言う。買い建てを決済することを売り埋めと言う。

買い方
信用取引で買っている投資家を指します。これに対し、売りを入れている投資家を売り方という。

買い一巡

業種、銘柄を変えつつ買い続いた状態。


買玉
信用取引で買い付けた株式のこと。「売玉」の反対語(株のことを【玉・ぎょく]】という)。

買い越し
一定期間内の買いが売りを上回った状態を言う。例:ある集計期間内で、外国人の買いが売りを上回った場合、「外国人は買い越し」と
使われる。

買い占め
特定の銘柄の株式をその企業の意向を考慮することなく、一方的に大量に買いを集めることを言う。目的としては経営権の支配、株価
をつりあげて値ざやを稼ぐ、買い集めた株式を高い価格でその企業(関連会社など)を通じてに引き取らせるなどがある。

買いたい弱気

上昇相場なので買いたいが、できれば安値で買いたいので弱気を口にすること。


買建て
信用取引で新規に買いの約定をすること。

買い疲れ

上昇相場を期待して買ったが、相場が止まり買い気が薄れること。


買付余力
株式(現物取引)を買い付けることのできる上限額。信用取引等がある場合、その取引ごとに決められた水準を下回らない範囲となる。

買いつなぎ
現物を売っておいて、一方で信用取引で買いたてることをいう。反対語「つなぎ売り」。

ガイドライン
信用取引における過当投機を未然に防ぐため証券取引所が1978年に設けた管理制度。信用取引の残高、株価動向、売買高をもとに
注意基準、規制基準が設定されている。注意基準に達した銘柄については「注意銘柄」として、信用取引残高が毎日公表され、規制基
準に達すると委託保証金率の引き上げや、信用取引の停止措置がとられる。

TOPへ戻るTOP / 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

買い残
信用取引の買建玉のうち、未決済となっている残株、または残高(金額ベース)。信用買いでは投資家が証券会社などから資金を借り
ているので融資残と呼ばれることもある。

買い場
買い値ごろ、または買いの好機をいう。

買い細る

買い気がなく商いが減ること。


買いもたれ

買いが盛んで上がったものの、どの投資層も手持ち株が増え買いすぎた状態。


買い戻し
信用取引の売り決済時に証券会社から借りていた株を市場から調達して返すこと。

顔合わせ

上がった株価や下がった株価が以前と同じ株価になること。


格付け
債券の信用力(元利金支払いの確実性の度合い)を記号で表示したもので、起債者(債券の発行体)の資金調達コスト、および投資家
の意思を決定する重要な要素となっている。日本化付研究所、S&P、ムーディーズ・インベスターズ・サービスなどがある。

貸株
信用取引の売り注文を受けた場合、通常、投資家は証券会社から株を借入れ、市場で売ることになります。投資家が借りた株を、証券
会社から見て、貸株と呼ぶ。逆に、投資家からみれば借株となる。

仮装売買
売買高、価格が一定水準を維持しているとかを偽装するために意図的に行われる売買。相場操縦の一つとして証券取引法で禁止され
ている。

株価維持政策
政府が郵便貯金、厚生・国民年金などの公的資金を使い、株価の維持、回復を図ること。市場関係者からは「PRICE KEEPING O
PERATIO」、PKOと呼ばれる

株価規制
相場が過熱化し反動的な下げが懸念されるとき、投資家保護の観点から大蔵省、証券取引所が株価規制のためにとる措置をさす。
信用取引に対する委託保証金率の引き上げや代用有価証券の担保引き下げのほか、値幅制限の強化などがある。

株価収益率(PER)
現在の株価が1株当たり純利益の何倍の水準にあるかを表した指標[株価÷1株当たり純利益」。PER参照

株価純資産倍率(PBR)
現在の株価が1株当たり純資産(自己資本)の何倍の水準にあるかを示した指標「株価÷1株あたりの純資産」。PBR参照

株式配当
会社が株主に対する利益の分配を現金によらず、新株で行うことを指す。会社側にとっては利益剰余金を資本金に組み入れ新株を発
行するため、現金を流出させないで済む一方、株主にとっては持株が増加するという利点もある。

株式分割
資本金を増やすことなく、発行株数だけを増加させ、その増加分を株主の所有株式数に応じて配分することをいう。

カラ売り・カラ買い

信用取引で株を持たないで売ることをカラ売り、株を買うことをカラ買いという。


ガラ

全面的にきわめて大幅な下げで大暴落とも言える状態。


閑散

先行きの見通しが不透明なために売買が減ること。


金のなる木は水では生きぬ、汗をやらねば枯れていく

株式投資で成功して設けるためには、研究第一であることが大切な要件。


TOPへ戻るTOP / 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

気重い

相場に力がなく買い気がさっぱり盛り上がってこないこと。


逆ざや

同業種の銘柄で、一方が他方より業績がよく株価が高いはずだが、そうなっていない場合。


切り返す

いったんは、利食い売りなどで値下がりしても買い気が盛り返し高くなってくること。


強弱感

上昇相場の予想が強気、下落相場を予測するのが弱気。


株式の俗称。買い株「買い玉」売り株「売り玉」。


ケイ線

株価の動きをグラフ化したもので、その図表は投資判断のよりどころとなる。


ケツ入れ

信用取引で予想通り株価が下がり、儲けて買い戻すこと。


月曜ぼけ

総じて月曜日の売買が閑散とすることが多いため、このように呼ばれている。


減資

資本金を減らす。


現実買い

現実に業績も景気もいいので買うこと。


堅調

上昇基調にある状態。


権利落ち

増資や配当の割当日が過ぎてその権利がなくなり、値段が下がった株。


小甘い

わずかに安い。


小型株

資本金の小さい株(値動きの荒い株が多い)。


こじっかり

わずかに高い。


小幅往来

相場が上下に小さく動きつづけること。


TOPへ戻るTOP / 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る