株式用語集 株search-株式用語
   −E−

[あ]

[か]

[さ] [た] [な] [は] [ま] [や] [ら] [わ] 株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る

[A]

[B]

[C]

[D]

[E]

[F]

[G]

[H]

[ I]

[J]

[K]

[L]

[M]

[N]

[O]

[P]

[Q]

[R]

[S]

[T]

[U]

[V]

[W]

[X]

[Y]

[Z]

[The Others]

[E]

EBITDA                     

営業利益と減価償却費を合計したもの。償却方法、税率(課税方法)、金利などは各国で異なる。
このため特に、償却費や金利負担の影響を受けやすい通信産業の国際比較を行ううえでは重要視されている。
この倍率が低ければ株価が割安なことを意味する。


ECOプログラム

(Expanded Confinacing Operations Program・世銀拡大協調融資)
ECOプログラムの目的は、自国のクレジットのみでは債券発行がしにくい、あるいは世銀が何らかのかたちでサポートをすればスムーズに債券発行ができる発行体をサポートするために、世銀が一部保証など何らかのクレジット・エンハンスメント(信用補完)をほどこし、債券発行による資金調達の道を開くこと。
対象は、発展途上国、中進国のプロジェクトであり、国、公共体の一般借入目的の為の資金調達には適用できない。


ECB

(European Central Bank)
各国の中央銀行総裁を含む政策委員会でユーロの金融政策が決定される。
同委員会のメンバーは17名で原則隔週木曜日の開催としている。


ECU

欧州通貨単位(エキュー)
統一通貨ユーロが発足する以前の帳簿上の通貨単位。
1999年1月にユーロと一対一で交換され、その使命を終えている。


EPS

一株当り利益(EPS)は、当期純利益を期中平均発行済株式数で除した数値です。
年間を通して利益の額を一株当りに換算して、持分証券である株式の投資価値を測定する指標として利用されており、一株当り利益の時系列の推移を見る場合には、一株当り配当金と同様に、株式分割等の影響があった場合は修正後の一株当り利益を用いるのが一般的です。


EV

企業価値と訳された時価総額に純負債を加えたもの。償却方法、税率(課税方法)、金利などは各国で異なる。
このため特に、償却費や金利負担の影響を受けやすい通信産業の国際比較を行ううえでは重要視されている。
この倍率が低ければ株価が割安なことを意味する。


EVA TM

(Economic Value Added・経済的付加価値)
株式市場では、収益力を反映した株価格差が明確になってきます。今後の株式の銘柄選択では、「経営の質をふまえた投資の物差し」が重になります。
EVAは、税引き後利益から資本コストを引いて求められます。株主が投下した資本に求められる期待収益率をコストとして、人件費等と同様扱っているのが特徴です。
企業が利益を上げるだけでなく、事業に投下した資本の収益率が、資本を預けている株主の要求する収益率を上回らなければ、EVAの数値はプラスになりません。


株式用語集トップページへTOP PAGE /  HOMEへ戻る