株式超入門株式投資の心構え

貯蓄プラン.BACK / NEXT株価の特性を知る / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る

U 株式投資の心構え

   基本は余裕                                                                            
     株式投資には多くの魅力がありますが、一方で値下がりのリスクが伴うことも忘れてはなりません。
     そこで、始める前に三つの余裕を確認して下さい!
     余裕が出きるまでに、十分株式投資の知識を身につけ、実際の投資に備えてください。
     株式投資は決して無理をするものでなく、投資チャンスも一回限りのものでもありません

     
   ★ 資金の余裕                                                                            
      使う時期や目的がはっきりしている資金、突然の出費に対応するための資金は株式投資向きではありません。
      このような資金を除いてもまだ余裕のある資金を株式投資に当ててください。

      
必要な資金を当てると余計な焦りを生み失敗を招くもとです。
   ★ 心の余裕
      最も重要なのが、心の余裕です。
      
株価は毎日動いていますから、機敏な行動を必要とする時もありますが、それはすべての計画上の行動であるべきで焦り
       による行動であってはいけません。

      
売買についても自分の投資スタンスをはっきりさせ、目標をたててのぞみたいものです。
                                                            
   ★ 時間の余裕
      株式は買ったらすぐ上がるというものではありません。時には目標値まで1年〜2年かかる事もありえます。     
      なかなか上がらないとつい動きの良い銘柄に目移りしがちですが、自分のモノサシで選んだ株式は、目標までじっと持ちつ
      づける
時間的余裕がほしいものです。


  自己責任の原則
                                                                                     
      3つの余裕の他にもう一つ確認してほしいことがあります。それは自分の責任と判断で行うということです。 

      いきなり、経験豊富な人と同じ事をやろうと思っても出来ませんし、かえって怪我をする可能性があります。      
      基礎がしっかりして、経験をつんでこそあらゆる状況での判断能力が養われてきます。
      情報は積極的に活用すべきですが、情報に振り回されたり、他人の言うままに投資していたのでは、いつまでも自分の判
      断力はつきません。
      銘柄選定は、自分の選択基準を決め、自分で最終決定をするように心がけてください。


貯蓄プラン.BACK / TOPへ戻るTOP / NEXT株価の特性を知る / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る