株式超入門情報収集

株価の特性を知る.BACK / NEXT新聞の株式欄の読み方 / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る

W 情報収集                                                  

    自分で情報収集

     ◎ 株式には色々な変動要因がありますが、その要因をいち早く見つけることが株式投資の大きなポイントになります。
        情報の集め方についてみてみましょう。 
 
     -社会の動きに敏感になる-

        自分で情報を見つけることはとても難しいように思われますが、素人でも見つけることの出来る情報もあります。
        今何が流行っているのかをより早く掴むことで、これは、株式投資のうえで意外に重要なポイントとなります。
        コンピューターソフト・飲料・映画等大ヒット商品もすぐには株価に結びついていません。

        新しい動きを捉える
アンテナを常に張りめぐらせるのが情報をつかむ第一歩です。


    
   証券会社の利用 情報収集は寝ていてはだめじゃぞ!                                                        
      -情報の速さと正確さ-

     ★ 証券会社
        
株式に関する情報は、なんと言っても証券会社です。
        情報の伝達スピードが早くなっていますから、規模の大小は関係ありません

         取引の便利な証券会社を利用すれば良いでしょう。


      ★ 営業担当者
        営業担当者は投資者と証券会社を結ぶ窓口であるとともに、資産運用の専門家です。
        株式投資で疑問な点があれば相談して、経験に基づく適切なアドバイスを受けましょう。


     
★ 銘柄情報
         
証券会社では独自の調査による銘柄情報を持っています。
         情報を新聞・レポート・インターネットのかたちで最新動向のサービス提供している証券会社もあります。
         但し
最終判断はご自分で下すことをお忘れなく!


    四季報・会社情報の利用                                    
     ◎ 会社研究に欠かせないのが『会社四季報』『会社情報』です。
        会社の概要・業績がわかり、株主優待一覧やその時々の話題に応じた特集等が載っています。
       -数字から会社を読む- 以下のようなことを知ることが出来ます。

       ★ 何をしている会社か
           
 会社の事業内容と分野別売上比率からその会社の強い分野を知ることができます。

       ★ 資本金
            
会社の規模(大きさ)を示しています。

       ★ 最近の事業概況
            
最新の売上予想・新規事業への参入動向などがわかります。
            会社の新しい情報は常に評価の対象となりますから、新聞等でも注意を払う必要があります。


       ★ 業績の推移と予測
            
業績の流れより会社の成長度がわかります。
            予想数字は会社の将来を示しますから、大きく数字が伸びているときは高く評価された株価に反映します。

              
            ● 営業利益
                 
企業の本業から生じた利益 売上高から経費(売上原価・一般管理費・販売費)を引いたもの。

            ● 経常利益
                 
本業以外に生じた利益や損益(金融収支など)を営業利益に加減したもの。
                 会社の実質的な利益といえます。


            ● 利益(税引き後利益)
               
経常利益に特別損益(固定資産売却損益など)を加減したもの(税引前当期利益)から法人税などの税金
               を差し引いたもの、当期純利益とも言います。


       ★ 1株当たり利益
            
全体の利益がいくら多くても、1株当たりの収益が低ければ株式は低く評価されます。
            この数字は銘柄選定のモノサシとなるPERの基になるデータです。


       ★ 1株当たり純資産
            
数字が高いほど資産内容が充実していることを示します。PBRの基になるデータです。

        配当の有無
            
配当金が1株当たり年間何円あるかを示します。
            配当金が前年より増えたり、無配から復配(再び配当する)などは買い要因となります。


       ★ 転換社債の発行や増資の状況
            
転換社債は一定基準を満たした会社だけに認められます。
            転換社債等の発行に合わせて株価上昇があるため、転換社債発行の情報は注目を集めます。


             
 増資・・・資本金が増え経営基盤をより充実させることになります。

             
 無・・・・・無償増資のことで、1:0.1というのは1株につき0.1株、つまり、1000株持っている場合は、
                     100株もらえる(お金は要りません)という意味です。

             
 三者・・・第三者割り当てのことで、取引先など特定の第三者に引き受けてもらうことです。

             *転換社債
・・・株式に転換できる社債で、最初は社債として発行されますが、定められた期間であれば、
                        発行時に決められた値段で株式をてに入れることが出来ます。
                       転換してしまうと社債としての権利はなくなります。

       ★ チャート
             過去の株価の動きが一目でわかります。
(罫線・グラフ

       ★ 決算期
             
何月に決算を行なうかを示しています。この月の末日現在に株主に対して配当金が支払われます。
             中配は中間決算の時の配当金の有無を示します。



株価の特性を知る.BACK / TOPへ戻るTOP / NEXT株式投資の心構え / トップページへ戻るTOP PAGE / HOMEへ戻る