グッピーの飼い方
グッピーには、いろんな楽しみ方がありますが、
ここでは一般的な飼育方法をご紹介します。

育に必要な器具
1 水槽

品種改良や、グッピーの遺伝を楽しむのが目的なら、30〜40センチ水槽が複数あった方が便利です。一般的な飼育や繁殖を楽しむなら、45ー60センチ水槽が最適です。また、観賞が目的なら、オールインワン水槽やインテリア水槽でもかまいません。グッピーの飼育には特別な水槽は必要ありませんが、置ける場所があるなら、できるだけ大きな水槽をおすすめします。すこしでも水量が多いほうが水質も安定しますし水替えの頻度も少なくてすみます。   

2 エアーポンプ

何でも良いのですが予算があれば、なるべく大きいほうが吐出量が多く、何本かの水槽に、エアーを送る事ができ便利です。また、グツピーの場合、水槽の他、子どもが産まれた時の産卵ケースや、飼料のブラインシュリンプなどを湧かす場合などにもこのエアーポンプは必要ですので、ご購入前によくご検討下さい。後、水槽が10本以上の場合はブロアーポンプをおすすめ致します。

3 フィールター

グツピーに一番適しているのは底面式フィールター、スポンジフィールターです。
上部式、投げ込み式、外掛け式などのフィルターは、生まれてきた稚魚を吸ってしまう場合ありますのでもし、これらのフィルターをご使用の場合は、市販されているストレーナーフィルター(スポンジ)などで、カバーをしてご使用下さい。

4 サーモスタット、ヒーター

オートヒーター(水温一定型)と温度調整可能タイプとございますが、おすすめは温度調整可能タイプです。

5 砂利

サンゴ砂など、水質に影響を与える物は使用不可です。
それ以外なら、特に問題はありません。

6 その他
水温計、ネット、産卵ケース、水替え用のホースなどは必需品となります。
また、蛍光灯もあった方が、さらに魚の見栄えも増しますのでぜひご用意下さい。
水槽セットから生体ご購入までの水作り

水槽セット後、水をはり、市販のカルキ抜きを、適量入れ水道水の塩素を中和します。
その後、バクテリアを注入して、1週間ぐらい水をまわします。
グッピーこれでほぼ完了ですが、グツピーをご購入される際、そのショップに飼育環境をよく聞いてその飼育環境を再現されればなおベストです。
ちなみに、当店のグツピーは、カルキ抜きとバクテリアのみで飼育しており、その他の調整剤等は一切使用しておりません。

グッピー購入

信頼のできるショップで健康なグッピーを、ご購入致しましょう。
状態の良いグッピーは、背びれや尾びれに張りがあり、元気に活発に泳ぎ回っています。
逆に、背びれをたたみ、尾びれを閉じ、水面や水底にじっとして、泳がなかったり、立ち泳ぎをしているグッピーは購入しないで下さい。
ご購入を検討されている水槽内に1匹でも上記の様な症状の魚がございましたら、そこの水槽内の魚のご購入は控えられた方が無難です。
もちろん、病気と思われるグッピー(体やひれに白点がついていたり、血がにじんでいたり、ひれがぼろぼろの個体)は、絶対購入してはいけません。
すべての魚が元気に泳ぎ回っている水槽の中から、選んで下さい。

グッピーを購入したら、すぐに水槽に離さずに、袋のまま10分ぐらいつけて、水温をあわし、それから、少しずつ水をたしていきます。これを、最低3回以上行ってから、ゆっくりとはなしてあげてください。(水合わせ)
水合わせに時間をかけたほうが、グッピーの調子もくずさず、失敗もすくないです。

当店では健康状態にはこだわって万全の状態の魚のみを販売致しております。

えさ

グッピーの餌には、イトミミズ、ブラインシュリンプなどの生き餌と、市販のグッピー用のフレークフードなどの人工餌などがあり、これらの餌を1日最低2回以上、バランスよくあげてください。(少しずつ食べ残しの無いように)
ブラインシュリンプは栄養価が高く、消化もよいので、特におすすめ致します。しかし、ブラインシュリンプを湧かすのが不可能な場合、冷凍シュリンプなども市販されてますので、これらをご使用下さい。

水替え

水替えは、水槽の大きさ、フィルターのろ過能力、魚の数などによって違うので一概には言えませんが、1週間に1/3〜半分は替えてあげて下さい。
元気に泳がなくなったり、ひれを閉じたり、えさを食べなくなったりしたら、水質の悪化が考えられますので、早急に水替えを行ってください。この時も、全部かえずに、半分位までにして新しい水を注入する場合も、少しずつなるべく時間をかけて、入れてあげてください。

その他
水草は入れてあげた方が魚も落ち着きますし、バクテリア等も活性して水の状態は良くなります。
又、稚魚等の隠れ家としても効果的です。
但し、水草をいれる場合は、必ず蛍光灯が必要になります。
万一病気になった時
大切に飼育していた魚が万一病気になったら、その時の症状、現在の飼育環境(水槽の大きさ、フィルター、水替えのサイクルなど)などを出来るだけ詳しく把握し、ご購入されたショップ様にて早急にご相談下さい。
対応が早ければ早いほど、完治する確立が上がります。
ここでは、グツピーが一番感染しやすい、カラムナリス、皮膚炎等の対応方法掲載致しますが、病気にはさまざまな種類があり、対応方法も違ってきますので、冒頭に掲載していますようにまずは、ご購入されたショップ様へご相談後、適切な処置をお願いいたします。
下記の対処方法により、万一の事故が行っても、当店では一切責任を負いかねますので、ご了承の上、ご確認よろしくお願いいたします。

症状) 新たに魚を追加したり、急激な水替え後、急にグツピーがヒレをたたみ、水面や水低でじっとしたり、複数のグツピーが固まって元気に泳ぎ回らなくなったり、ヒレが急激にぼろぼろになり体色もくすんできてしまった場合など。
1、まずは飼育水の水を半分替えて下さい。
2、水10Lに30gのあら塩を、水で溶かしたりせずそのまま「ドボッ」と注入し、水槽内で自然に溶かして下さい
3、グリーンFゴールド顆粒を規定量の半分注入してください。(これは水でしっかり溶かした後注入してください)
(水草、コリドラスなどが一緒に混泳されてた場合は、これらは隔離して一緒に薬浴行わないで下さい)
4、5日ー1週間そのまま完全に薬浴行って下さい。
薬浴中、餌は食べるようでしたら与えてもかまいませんが、食べないようでしたら、食べ残しの無いように、ごく少量にしてください。
5、薬浴後、2日に一回、半分ずつの水替えを行って下さい。
6、ろ材を新しい物に交換してください。
最後に

グッピーは、丈夫で美しい大変魅力的な魚です。また、繁殖も楽しめますし、少し勉強すれば、品種改良や、コンテスト等にも出品できるなど楽しみ方も多数ございます。どうか、大切にしっかりと育ててあげてください。