mikan
更新日:2021.10.16
FACE BOOK「吉田 誠のFB」



2021年 冬の出荷日決まりました
 ・2年半ぶりの投稿となりました。   大学の合併再編業務の中核にいたこともあり、しかもコロナ対策もあり、激務の2年間でした。   今年4月に新たな学部学科ができ、新入生も迎えて、何とか乗り切ったという感じです。   コロナ対策の方も、10月から全面対面方式(要は通常通りということです。)に切り替え、毎日   学生たちと会うことができるようになりました。   ご迷惑をおかけしましたことお詫び申し上げます。   今年の出荷日が決まりました。ご注文お待ちしています。                        (2021/10/16 MAKOTO)


今冬の出荷日決まりました
taki  ・久しぶりの投稿となりました。   今年は、着果率が低く品薄模様です。市場価格が上がるかもしれませんね。   消費税も上がりますが、吉田農園の価格は今年は据え置きです。   出荷日が決まりました。ご注文お待ちしています。                        (2019/9/22 MAKOTO)



taki  ・みかんのつぼみが日に日に膨らんでいます。   もうしばらくすると、芳醇なみかんの花の香りに里が包まれます。   世の中は「令和」のスタートに沸いていますが、里の時間はいつも通り流れています。                        (2019/4/30 MAKOTO)

あけましておめでとうございます
taki  ・あけましておめでとうございます。   本年もよろしくお願いいたします。   農作業は3日から開始していますが、今日は”御礼肥え”を散布しました。   1年間、異常気象や台風にもめげず頑張ってくれた木々への感謝の印です。              ヤノネカイガラムシの防除のためにマシン油も散布しました。              この作業で、この冬のシーズンが終わり、新しい1年が始まります。                     (2019/1/6 MAKOTO)

感謝
baloon  ・この冬のみかんの出荷が終わりました。   今年もご愛顧ありがとうございました。心から感謝いたしております。   皆様が素敵な新しい一年を過ごされますことをお祈り申し上げ、御礼のご挨拶   とさせて頂きます。                     (2018/12/31 MAKOTO)

今冬の出荷日が決まりました
sunset  ・今年のレモン、みかんの出荷日が決まりました。詳しくはご注文の欄をご覧ください。      台風24号は、幸い南にそれ、有田地域は大きな被害はなかったです。   それでも、強風による倒木と石垣の崩壊など農場には被害が出ました。   塩害で落葉してしまった森の広葉樹たちは若葉を出し、季節外れの新緑が山に              広がっています。              植物のしたたかで、たくましい生きる力を実感します。                     (2018/10/1 MAKOTO)

レモンパウンドケーキ
sunset  ・石川県加賀市のイヴェールボバンの河村シェフから摘果レモンを使ったケーキの試   作品が届きました。   苦みがある大人の味。好みがわかれるところですね。   やはりある程度登熟したレモンでないと難しいようです。                     (2018/9/17 MAKOTO) 

レモン
sunset  ・レモンも大きくなりました。長さが7cm直径が5cmくらいでしょうか。      温州みかんの方は、台風21号による潮風害の症状が出てきました。   葉が黄褐色化し、落葉するという典型的な塩害による生理障害です。   先週、消石灰(カルシウム)を散布し、塩分濃度を薄める手立ては打ったのですが、   予想以上に塩分濃度が高かったようです。   もしかしたら3g/m3以上だったのかもしれません。   秋枝が出て来て葉の数を確保してくれれば樹勢は回復するのですが、そうでなければ   枯死する可能性もあります。まだまだ心配は続きます。                     (2018/9/17 MAKOTO)

チェーンソー
sunset  ・台風21号により農場は大きなダメージを受けました。   今日は、台風一過、朝日を浴びて仕事を始め、夕日が沈んで仕事を終えました。   村中、山中のあちらこちらでチェーンソーの音が響きわたる1日となりました。   自然の脅威の前に、うちひしがれる人間の弱さ、切なさを感じる一方で、運命に立ち 向かう人間の逞しさを感じる響きです。    何とか後始末は終わりましたが、リカバリーの作業は収穫まで、まだまだこれからも続 きます。                     (2018/9/5 MAKOTO)

野分
雨  ・台風が近づいています。   その影響でしょう、南風が強くなりました。   秋模様の空の下は、猛暑。今年最後の農薬散布作業を完了しました。   (台風の被害状況によっては、風による傷口から病気にならないよう、もう一度殺菌   剤の散布が必要になるかもしれませんが。)    例年より1カ月も早く終わったのは、猛暑のため生育スピードが速かったのと病害虫の              発生時期がズレたからなんです。こんなところにも影響が出てしまうのですね。              台風の被害が少ないことを祈っています。皆様もお気をつけて下さい。                     (2018/8/22 MAKOTO)

雨  ・待ちに待った恵みの雨が降りました。   といっても、わずか12mmでしたが、潅水に比べれば効果は大きいはず。みかんの樹た   ちも喜んでいるはず。                        (2018/8/15 MAKOTO)

摘果
mikan  ・今日も朝から潅水作業。旱がずっと続いています。   降雨確率が90%で降雨量予測が0mmって、いったいどんな天気予報なんだよ!(*^^*)   みかんのサイズはずいぶん大きくなりました。   今年は着果率が低く、摘果しなくても大丈夫なくらい。お客様には小さいサイズを好む   方も多いので、摘果しない方が良さそうです。   そうそう豊作で孫たちが来るのを楽しみにしていた葡萄が何者かに食べられ全滅状態。   電柵の点検補修もしたのですが、念のため、罠を仕掛けました。     果たして謎の敵は???                     (2018/8/12 MAKOTO)
パティシエさん
Paticie  ・PCが6月についに壊れてしまい、復旧不可能に。   データの取り出しに結局1カ月以上かかり、このホームページへのアクセスも今日やっ   と出来ました。   こちらでは先月初めの豪雨以降、旱が続いています。フツーの雨が欲しい!というのが   今の切なる願いです。   先月は石川県、富山県から、パティシエさん二人が来園され、レモン園を視察されまし   た。取引となるかはわかりませんが、現在、摘果レモンが使えないかも試験していただ   いています。                     (2018/8/11 MAKOTO)
ベビーみかん
Baby  ・今日も良い天気。      みかんの花が散り、小さなみかんの実が少しずつ膨らみ始めました。   まだ、直径は1cmにも満たないBabyです。                           (2018/5/21 MAKOTO)

満開
満開  ・5月になりましたね。      農場は蜜柑の花が満開です。   甘い芳醇な香りに包まれての農作業です。      この時期は、街中がこの香りに包まれ、リビングでもお風呂でも窓を開け、薫風が運んで来る   この香りを満喫しています。                     (2018/5/1 MAKOTO)
春空
李  ・南風の心地よい暖かい一日となりました。   今日の作業はすす病とアブラムシ駆除のための農薬防除作業と微量要素と腐食質の散布作業。   微量要素というのは、鉄、マグネシウム、カルシウムなどの塩基物質で、不足すると人間と   同じように生理障害が起こってしまうんです。腐植質は広葉樹のチップから抽出したフミン 酸とフルボ酸の液剤です。腐植質は土壌中の栄養素と結合して水溶性の塩基になるので、み かんの木がいろいろな栄養素を吸収しやすくなるんです。   春から夏にかけては、こうした病気予防と害虫駆除、剪定、摘果が主な仕事になります。   みかんの木々は若芽が出始め、花芽も見えて来ました。   5月上中旬にはみかんの花が満開になり、濃厚な甘酸っぱい香りが街中に満ち溢れます。   今から楽しみです。   楽しみと言えば、明日から神戸。大学教授に変身して明後日の初講義に臨みます。1年生、2 年生、3年生のゼミを持つことになり、結構忙しいですね。でも学生たちとの出会い、交流が 今から楽しみです。新米教授、ぼちぼち頑張ります(^^)/                        (2018/4/10 MAKOTO)

李花
李  ・農場は李の花が満開です。   ようやく長い東京生活を終えて和歌山に帰ってまいりました。   退任を承諾してもらうのに半年かかりましたが、ようやく1月に認めてもらい、3月末で三菱   商事のシニアアドバイザーを退任出来ました。   4月からは神戸市内の小さな大学の教授と東京の企業の顧問として新しいスタートを切ります。              農場に行ける日数もかなり多くなりそうなので楽しみです。今まで以上に美味しいみかんと檸              檬をお届けできるよう頑張ります(*^^*)                             (2018/3/25 MAKOTO)

梅一輪
朝  ・梅一輪 一輪ほどの 暖かさ /服部嵐雪   日差しは春めいて来ましたが、風の冷たさはまだまだ身に沁みますね。   農場の梅園の開花が遅れています。              例年ですと今日当たりが満開の時期なのですが。              今朝もうっすら雪化粧でしたから、開花に必要な平均気温の積算温度がまだ不足しているので              しょうね。              北陸をはじめとする雪国のみなさんは大変そうです。何事もないことをお祈りまします。              先週と今週で昨年の台風で壊れた葡萄棚をようやく建て替えました。来週海外出張に行く前に              キウイ棚をつくる予定です。有機堆肥の散布もやらなきゃいけないし、結構忙しい初春です。                           (2018/1/12 MAKOTO)
Nyaungshweの朝
朝  ・12月24日、やっと年内最後の収穫出荷が終わりました。   今冬は、有田地方全域が稀に見る不作となりました。原因は日照時間の不規則な変動のようで   す。みかんの樹からすると春が3回も来たように感じる不規則な上がり下がりでした。   完全に体内の時計が狂ってしまったようです。   結実数も少なく、登熟も遅れ、おまけにカメムシの大量発生と踏んだり蹴ったりの状況だった              んです。              このため、みかんの出荷量が減少、価格が高騰。そのせいもあってか、我が農園へのご注文を    たくさんいただきましたが、指定サイズ通りのお届けが出来ず、量的にも何とかギリギリ間に 合わせたという状況です。    ご注文いただきました皆様には、ご迷惑をおかけし誠に申し訳なく思っております。    さて、師走も押し迫ってまいりました。どうかお健やかに年末年始をお過ごしくださいますよ うお祈りいたします。   写真は、今月初旬に滞在していましたミャンマー北東部のニャウンシュエの街の朝の風景です。                             (2017/12/24 MAKOTO)

紅葉
秋空  ・11月19日、今冬の早生みかんとレモンの収穫・初出荷を行いました。   今年は雨が多く、日照時間も短かったため、糖度が十分に上がっていないようで酸味が強く感   じます。   他の農園では、防腐剤や糖度アップのためのリン剤のの散布が始まっています。雨のせいもあ   って樹上で腐敗した蜜柑が多く、また収穫後の腐敗を防ぎ、糖度を上げるためなのですが、吉              田農園ではどちらも使用しないようにしています。              これらの農薬は、みなさんが手に取り食べる瞬間までその薬効が持続します。ということは、              みかんを食べる際にみなさんの手にそれらの農薬が付く可能性があるということなんですね。              吉田農園では、下記の防除歴に記載していますように、収穫1か月前には農薬の散布を終了す              るようにしています。通常、最近の農薬の薬効は2週間〜1か月程度で、成分が分解され、安              全になるからなんです。              農薬を使わない無農薬栽培をするに越したことはないのですが、温暖化もあり病害虫被害が増              える一方の現在、なかなかむつかしいものです。また、無農薬と言うのは、登録農薬を使わな              いということで、無登録の薬剤を使っている場合が多いのが実態です。              木酢のように自然由来の薬剤だから安全と言うのは事実ではなく、実は人体に悪影響を与える              ものもあることは周知の事実です。              ですから、安全性が科学的に証明されている薬剤を適切な時期に、適切な量、できるだけ少な              く使うことが安全性を高めるためにもっとも重要なことだと考えています。        (2017/11/19 MAKOTO)

秋空
秋空  ・空もすっかり秋景色となりました。   昨日は、追肥、礼肥に使う肥料を70袋丘の上の農場まで運び上げました。   10月、11月には有機配合肥料を、1月には堆肥を施肥します。     40リットルの1袋の平均の重さが17kg。これをトラックへの積み込み、モラックへの積み替え、   モノラックから降ろすという計3回積み下ろししますから、計3.3トンを一人で積み降ろし   たことになります。   流石に今朝は腰や腕が重いです(*_*;   東京にいる時は週一ジムに行きトレーニングしているのですが、このためにトレーニングして   いるようなもんだなと、一人苦笑してます。   9月23日には、今季最後の防除作業をしました。収穫の1か月前までに終わらせるようにして   います。今の農薬は2週間程度で分解し無効化するのですが、念には念を入れて安全を確保す   るようにしています。   さあ、10月となりました。今冬のご注文の受付開始です。   ご注文、お待ちしております。                               (2017/10/1 MAKOTO)


那須  ・台風5号”ノルー”の後始末に追われた1週間でした。   みかんの樹への被害はそれほど多くはなかったのですが。大木が倒れ、チェーンソーで伐採し   たり、葡萄だなが倒伏したので修理したり、排水路にたまった枯れ枝や草を除去したりとと結   構な重労働になりました。 強風で傷ついた木々は葉などの傷口からウイルスや細菌が入り病気に罹りやすいので農薬散布   も行いました。   8月5日から10日間の夏休みを取り帰郷しています。   半年間ミャンマーで苦労した自分へのご褒美です(*^^*)   みなさんは夏休み取れましたか?   故郷の我が家も子供たちや孫たちも次々と来てにぎやかになって来ました。   今年は、地元で波乗りをしたり、2年ぶりに紀南を訪ねてのシーカヤック、イルカウオッティン   グ、カヌーツーリングと和歌山の海と川を満喫しています。                        (2017/08/12 MAKOTO) 唐尾湾


薫風
蕾  ・先週末、帰国しました。   今日は薫風香るよいお天気です。朝から農作業に精が出ます。   みかんの蕾がどんどん膨らんでいます。美しい白い花が一斉に咲くのは今週末になりそうです。   みかんの花の甘酸っぱい香りが郷に満ち溢れる中、東京に戻ります。    (2017/05/2 MAKOTO)




檸檬
変わり種  ・久しぶりの更新となりました。1月8日からほぼ海外滞在という生活が続き、この   三カ月で日本にいたのは、3週間余でした。   おかげで? 体重が6KG減り、往年の細マッチョ逆三角形に(*^^*)   今日はレモンの最終出荷、これでこの冬の収穫・出荷作業は終了です。   ご注文頂きました皆様ありがとうございました。 しばらくは、除草、防除、剪定作業が中心となりますが、海外から帰国すると和歌   山で農作業という生活がもうしばらく続きます。                        (2017/03/24 MAKOTO)

寒風
変わり種  ・今年は表年の豊作。寒風の中、収穫作業を続けています。明日30日には何とか終   われそうです。 1月のレモンの出荷日を変更させて頂きました。園主が年明けから20日間海外出張   となるため、1月29日の出荷となります。よろしくお願いいたします。    (2016/12/29 MAKOTO)


Santa Claus
変わり種  ・みかんの出荷も明日が最終日です。少し遅いクリスマスプレゼントになればうれ しいです。 写真は今年の変わり種みかんたち。左から、緑のストライプがシャープなみかん。 真ん中は、ちょっとハート型のみかん。右端は、鼻の大きなサンタクロースの顔              に似ていませんか?…(#^^#)                             (2016/12/24 MAKOTO)


"Heart"
ハート  ・今週はみかんの収穫出荷の最盛期。普段は静かな街や山を軽トラックやトラックが   走り回っています。   今月は毎週末、東京から戻っての作業。流石に疲れもピークです。   それでも、この写真の葉のような心を込めてみかんをお届けしたいと思います。    (2016/12/10 MAKOTO)


"もうしばらく"
早生みかん  ・4日は休みを頂き、2日の夜に東京からもどり、4日間農作業に専念することにしました。   早生みかんは色づき始め、周囲の農家ではすでに収穫・出荷作業が始まっています。 吉田農園うちでは、もうしばらく樹上で完熟させ、来週から収穫・出荷の予定です。   レモンはまだまだ青いまま。色づくにはもうしばらくかかりそうですね。   冬の美味しい贈り物、もうしばらくお待ちください。    (2016/11/04 MAKOTO)



"夏の終わり"
夏の終わり  ・長い間更新できませんでした。3月末から7月末までの自宅の改修工事中は、東京から戻って 近くのホテルに泊りながらの農作業。   さすがに心身ともに疲れ果てました。故郷の我が家が、いかに心と体の癒しの場であるかが よくわかりました。   無事、工事も完了し、客間が4室(洋室2、和室2)もできましたので、機会があれば、是非、            泊りに来てください。            今年の秋冬のみかんとレモンの出荷予定日もようやく決まりました。ご注文お待ちしており            ます。              台風一過ようやく朝と夜は涼しくなりました。干ばつも終わり一息です。虫の音につつまれ             ながらおやすみなさい。                                     (2016/09/08 MAKOTO)

"蕾"
蕾  ・やっぱり僕は”晴れ男”なのかも?(#^^#)   昨日までの雨があがり、今日は朝から暖かい一日に。防除作業では汗をたっぷりかきました!   有田地方も、桜、桃の花が満開で、新緑も萌え始めました。みかんの蕾も膨らみはじめていま す。   実は、いま有田の家が大改築中。泊まれないため、金曜の夜に東京から戻るとホテルへ直行。   土曜の朝からホテル→農業用倉庫→農園→農業用倉庫→ホテルという生活なんです。これ結構、 疲れます(+_+)   そんな僕を春風と鶯の鳴き声が癒してくれます(^_-)。でもちょっと寂しい( 一一)              そうそう、猪が電柵を突破してらしく、侵入の痕跡があちらこちらに。鼻先で掘った穴の土の            様子だと昨夜の出来事のようです。              防除作業が終わった後、早速破られたところを修復・補強。きっと猪突猛進の猪君(猪らしい            猪君)がいたのでしょうね(*^^*)。                                 (2016/04/02 MAKOTO)

"蒼碧"
青空  ・ここ数日、風が強かったせいでしょうか、今日も凜とした青空が広がりました。   今年最後の農作業は、野菜園の電柵の張り替え、マシン油の散布、そして”瀬戸香”と”古みか   ん”、それに”橙”の収穫。”古みかん”は重ね餅の上に、”橙”はしめ縄の真ん中に飾ります。   そうそう、レモンを東京のカフェに出荷したのですが、好評です。お店の方々が「レモネードの   味が変わった!」と驚かれたとのこと。嬉しいですね。            年末も押し詰まりました。みなさん健やかな年末年始をお迎え下さい。               (2015/12/30 MAKOTO)


"清凜"
出荷  ・今朝は清凜とした青空が広がりました。時間とともに冬の日差しも強くなり、汗をかきながら今 年最後の収穫作業も終わりました。明日は休暇をとって出荷作業です。   今年も生産量は少なく、注文に応えるのがやっと。年々、樹木ごとの裏作表作が極端になって来   ました。毎年の異常気象のせいで樹の消耗が激しいからではないかと思っています。   ご注文頂いていた皆様、お待たせいたしました。22日には届くと思います。どうか佳い年末年始を   お迎え下さい。    (2015/12/20 MAKOTO)

"2015 初出荷"
雨  ・今日は樹上完熟させた極早生みかんと檸檬の初出荷です。昨日、朝から収穫し、選果、箱詰めした   ものを宅配するのですが、昨夜夜半からの雨が今も降り続いていて、濡れないように発送するのが   大変です。   今年の出荷日は11月8日、15日、12月13日、20日と予定していましたが、11月15日   は園主が出張のため17日に、12月20日は母の一回忌法要のため21日にずれこむことになり   ました。ご注文いただいている皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承下さいませ。   写真は、園主が昨年来プロジェクトを進めていたミャンマーの雨期の風景です。おかげさまで、2   年間に及ぶプロジェクトもようやく成功裏に完了しました。ほっとする暇もなく次のミッションが   次々と舞い込んでいますが、そろそろ本気で引退休養を考えないといけないと思うこの頃です。 出荷が終わり次第、また、東京に戻ります。                          (2015/11/08 MAKOTO)

"ほのかな彩づき"
早生晩稲
檸檬
 ・写真は左から早生みかん、晩稲みかん、レモンの今日の様子です。   早生みかんはすでに色づいていますが、ただいま樹上で完熟させているところです。   晩稲はまだまだこれからというところ。 檸檬はほのかに彩づき始めたようですね(^_^)      今日も朝から農作業。黒竹林の手入れでした。   とても良い天気で、汗もたっぷりかきました。さすがに疲れがたまっていたようで、お昼寝タイム   は爆睡してしまいました…(^_^;)  (2015/10/17 MAKOTO)
"秋"
susuki  ・何と10ヶ月ぶりの更新となりました。母が亡くなってからもうすぐ一年になろうとしています。   この間、ほとんど海外での仕事ということもあり、帰国時の週末に帰郷し農作業をしては東京に   戻り、また海外という慌ただしい日々を過ごしていました。   今年も、天候不順でしたが、みかんは元気に育っています。   早生ミカンはいま樹上で完熟待ちの状態。帰るたびに色づいています。 今年の初出荷は11月8日です。お申し込みお待ちしています。  (2015/10/16 MAKOTO)
"初雪"
yuki  ・雪の舞うとても寒い元旦となりました。   寒中お見舞い申し上げますとともに、旧年中のご厚情とご愛顧に深く感謝申し上げます。   海外から帰国した昨年12月22日に前オーナーの母が永眠しました。生前の故人へのご厚情に心か ら深く御礼申し上げます。あまりにも急な出来事でしたのであわただしい年末となりました。 そんな中、家族、親族、ご近所の皆様の助けもあり、28日に最後の出荷作業を終え何とか年内に   みかんをお届けすることができました。感謝です。   みなさまのご多幸をお祈り申し上げ、御礼のご挨拶とさせて頂きます。                            (2015/1/1 MAKOTO)
"韮の花"
nira  ・PCを買い替えたらアクセスできなくなり、海外出張が多かったこともあって8か月間 も更新できないまま放置してしまうことに…"(-""-)"。今日、やっとアクセスできる   ようになりました(*_*;(ほっ)   そうそう、この8か月の間に、孫が二人も増えました。二人が農場に遊びに来てくれ   る日はいつになるのでしょうね。今から楽しみです。
nira   一か月ぶりに田舎に戻り、一昨日、昨日は久々の農作業。風も空もすっかり初秋のさ   わやかさ。韮の花が満開です。   (2014/9/15 MAKOTO)
"あけましておめでとうございます。"
kazoku  ・あけましておめでとうございます。   本年もよろしくお願いいたします。   和歌山は暖かい元旦を迎えました。   今日は、午後から一族が集まり餅つき大会。   17人+2匹が集まり、東京バンドワゴン状態となりました(笑)   今夜から徐々に人数が減って行きます。東京、大阪、京都に向かう者、欧州や東南   アジアに旅立つ者。   それぞれの一年が始まります。                            (2014/1/1 MAKOTO)
"出荷終わりました。"
柚風呂  ・やっと出荷が終わりました。   お待ちいただいていたみなさま、遅くとも明後日には届きますので、どうぞご堪能下   さい。「お待ちどうさまでした。ほんま、おおきに(笑)」   今日は冬至ですね。昨夜は一日前倒しして、ホット柚生姜晩と柚風呂で収穫作業の疲   れを癒しました。これから東京に戻り、あと一週間ビジネスマンとして頑張ります。                               (2013/12/22 MAKOTO)
"年末最後の収穫"
石地と則村  ・とても寒い一日でしたね。作業中に氷雨が降り出しましたが、中生、晩生の収穫は無   事終わりました。明日、最後の出荷となります。楽しみにお待ちください。   晩生の青島品種をほんの数本残してあるのですが、年始まで樹上で完熟させようと思   っています。   左側のみかんの写真は、中生品種の石地です。球体に近く丸くて、色は薄目で表面が   ツルッとした感じ。則村の方が多少扁平気味です。   ご注文頂きました皆様ありがとうございました。よい年末年始をお迎え下さい。 (2013/12/21 MAKOTO)
"中生の出荷が始まります。"
秋  ・2週間ぶりに帰郷し、今日から中生(なかて)のみかんの収穫・出荷です。今朝はと   ても寒くて、山沿いでは雪が降ったとのことです。風邪をひかないように、みかんを   食べないとネ(〃∇〃) !この時期は贈答用の注文品の出荷が中心ですが、最近は年   末・お正月のご自宅用に月末出荷のご注文が多くなりました。感謝です。   なお、前回もお知らせしましたが、Sサイズのみかんが少なく出荷できるのはMサイ   ズ以上になってしまいます。幸い12月に入り好天が続いたため糖度も11度から14度と   平年並まで上がりました。是非、ご堪能ください。                  (2013/12/14 MAKOTO)

"早生の出荷終わりました"
秋  ・早生みかんの収穫・販売は本日終了いたしました。   ご注文下さったみなさまどうもありがとうございました。幸い美味しかったよという   お便りを頂きほっとしています。   中生、晩生の収穫・出荷は12月15日、12月22日を予定しています。   今年も収穫量が少ないので早い目のご注文をお願いいたします。   Sサイズのご注文を多く頂いているのですが、Sサイズ以下の小さいサイズがほとん   どなく、MIXに替えさせて頂いています。申し訳ありません。小さいサイズのみかん               をつくる方法を考えなくては…摘果しなければ良いのかな?                       (2013/11/24 MAKOTO)
"収穫"
空  ・今日は第1回の早生みかんの収穫。   残念なことに10月以降の雨が続いた影響が出てしまいました( iдi )   皮が浮いてしまっていて痛みやすくなっています。しかも糖度を測ると、10.5度から13   度と例年より平均で1度も低く、濃厚さが不足。涙が出そうなくらい、がっくりです。   お客様方に本当に申し訳なくて…。      明日11/17出荷予定ですが、これでリピーターの皆様が離れてしまうかもと不安です。                         (2013/11/16 MAKOTO)
"秋雨"
雨  ・みかんの収穫の季節がやって来ました。   既に早生ミカンの出荷が始まっていますが、うちの農場では樹上完熟させてからの出荷   をしているので、収穫出荷は11月に入ってからとなります。   まだ青い早生ミカンですが、今年はいつにもましておいしく感じます。期待できますね。   12月14日(土)は収穫体験を行う予定です。お気軽にお申し込みください。13時現地   集合、農園で2時間程度みかんを収穫・箱詰めして頂き、そのままお持ち帰り頂けます。   今年のご注文も既に何人かのみなさんから頂いていますが、今季は収穫量が少なくなる   ため、できればお早い目のご注文をお願いいたします。               昨日、今日と冷たい雨が続いています。農作業ができないのですが、神様が少し休んで               いいよと言ってくれているのだと思ってゆっくりさせてもらいました。                             (2013/10/20 MAKOTO)
"無花果"
無花果  ・久しぶりの更新です。   すっかり朝晩涼しくなりました。   夜になると家の周囲は、鈴虫など虫の音で一杯です。   この時期の農作業休憩時間のおやつは”イチジク”。これから1ヵ月くらい次々と熟し   ていきます。    今年も、春の低温、空梅雨、夏の終わりの台風なでで、みかんの収量が少なくなりそう    です。              今のところ収穫・出荷日は、早生11月3日、11月10日、中生12月8日、晩生12月22日の予              定です。               (2013/09/23 MAKOTO)

     "夏の黄色"
開聞岳  ・気が付けばもう七月です。今日は七夕。   今朝から久しぶりに青空が広がっていて、今晩は織姫と彦星も安心して会えそうです。   今年はみかん園の一画にある自家用の野菜果樹畑の夏野菜や果樹が豊作です。   キャベツ、大根、南瓜、トマト、ズッキーニ、キュウリ、ナス、ルッコラ、李、ブルー   ベリー、葡萄。 写真はキュウリ、カボチャの花です。黄色は夏の青空に似合いますね。   6月の第2土曜日に青梅の収穫をしたときに大阪の娘夫婦とその友人夫妻がお手伝いに来て   くれました。帰りには夏野菜を持って帰ってもらったのですが、友人夫妻は、「まるで八   百屋さんに来たみたい!」と喜んでくれていました。               いつか小さな農園を持ちたいとのこと、我が家の農園をお貸ししようかな。
カボチャの花   カボチャの花           (2013/07/07 MAKOTO)

"なついろ"
農場の榎の樹  ・農場を吹き抜けるのは爽やかな五月の風。   でも空はもう夏色です。 梅の実   梅の実も大きくふくらんで来ました。   さて、収穫の日をいつにしようかなと、悩んでいます。    ヤマボウシ     庭ではヤマボウシの花が咲いています。   梅雨が近い証ですね。         (2013/05/26 MAKOTO)

"芳醇"
みかんの花  ・今回も2週間ぶりの帰郷。   金曜日の夜のホームに降り立つとむせ返るような濃厚で芳醇なみかん   の花の香り。   5月中旬、毎年、街中がこの甘い香りに包まれます。   今日は、風もあり爽やかな五月晴れだったのですが、やはり陽射しが   強かったのか疲れました。
ズッキーニと新じゃが     今日のお土産は、初収穫のズッキーニと新じゃが。   今日の夕食はパスタかな?   南高梅の実も日に日に大きくなっています。青梅の収穫は6月20日前   の予定です。ご注文の方はご連絡ください。     (2013/05/18 MAKOTO)

"地震"
姫林檎の花  ・今日は、2週間ぶりの農作業でした。   昨日、東京から戻ったのですが、地震の影響でJRなど交通機関が止   まってしまい、新大阪からレンタカーでやっとたどり着きました。      農園はすっかり春の暖かさ。じゃがいも、大根、チシャなども元気に   育っています。   南高梅も小さな実をつけ。みかんの花芽も出始めました。   今日は除草剤散布と、生姜、トマト、ナスなどの定植作業をしたので   すが、陽射しはやはり強くなっていて、すっかり日焼けしてしまいま   した。     (2013/04/14 MAKOTO)


"梅満開"
梅の花  ・梅園の梅の花は9分咲きです。   例年に比べて10日ほど遅いですね。でも、最近は「例年」がほとん   どない状況ですから…この表現で良いのかどうか。   今年は裏年に当たりますから、青梅がどれくらい収穫できるのか少々   不安です。   (2013/02/23 MAKOTO)
"立春"
氷棒ポンカン八朔  ・2週間ぶりに田舎に戻り農作業。   立春も過ぎ、陽射しはすっかり春めいて来ました。梅園の梅の花も5   分咲き。   hakoさんは、ポンカン、キヨミ、八朔の収穫作業。僕はみかんの苗木   の定植作業です。 (2013/02/09 MAKOTO)
"大寒"
氷棒  ・今日はやっと梅の剪定作業が終わりました。   大寒の時期ですから、ここしばらくは、厳しい寒さでしたが、今朝は青   空が広がり良いお天気になりました。   農園で水道の蛇口をひねると、ホースから変わった音がして???   何とホースの口から出て来たのはご覧の様な氷の棒。   ホースの中の水が凍って出来たのですね。 とてもきれいな輝きです。   思わず手に取り、太陽に透かしてみたり、空に投げてみたり、こどもの   ように遊んでしまいました。   
霜のオオイヌフギリ   農場のオオイヌフグリの紅の花には、霜が降りていました。   昨夜はかなり冷え込みましたからね。その分、夜空の星はきれいで、 オリオン座が天頂の南側に上る頃には、僕の好きなシリウスが蒼く輝   いていましたっけ。   梅の剪定の後は、ジャガイモを植え付けました。うまくできるかな?   お昼になると風が出て来て、急に気温が下がり始めました。   3月のお水取りまでは、まだまだ寒さに耐えなくてはいけませんね。                 (2013/01/19 MAKOTO)

       "鳥たちの食事"
メジロ  ・昨日は梅の剪定と冬マシン油の散布作業。今日も梅の樹の剪定作業。   何とか来週末には終わりそうです。れにしても、結構な汗をかきました。   今年は、里に降りて来た鳥の数が多いようです。今朝もご近所のおば様   たちのとの会話は、今年は鳥が多いから、キヨミやデコポンといった、   これから収穫時期を迎える柑橘の実に袋掛けやネット被覆をやらなくて   はというものでした。 農場の隣の雑木林でも、庭のチャイニーズホーリーの樹でも、鳥たちが   かしましく動き回っています。モチノキ科やヒイラギ科の樹木の赤や黄 ジョウビタキ   の実は今が食べごろ。ヒヨドリ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、メジロ などがおなか一杯食べています。 ヒヨドリやジョウビタキは、つがいでやって来ることが多いのですが、   メジロは群れでやって来ます。これも種を守るための防衛策なのでしょ   うね。 梅園にヒイラギ科の樹が雑草と同じように生えてくるのは、この鳥たち   の糞に種が混じっているからなのでしょうね。   さて、明日は東京に戻ります。飛行機、飛んでくれるかな?             写真は、次のサイトからお借りしました。                http://homepage3.nifty.com/suji3/eP1161184K.html                http://log02.gozaru.jp/bd/mejiro/                 (2013/01/13 MAKOTO)
        "初春"
梅蕾  ・明けましておめでとうございます。   旧年中はお世話になりましてありがとうございました。本年もどうぞよ   ろしくお願いいたします。   今日は、代休を頂き、東京に戻るのは明日。ということで、初農作業に   出かけました。今日からは梅の木の剪定作業です。   八朔   年末はみかんの収穫出荷作業で、背筋と腕を鍛え、初春は、梅の剪定作 業で握力を鍛えるわけで、やはり肉体的には重労働です(∩_∩;)P 1月から3月は、雑柑類の収穫作業も行うことになります。写真は八朔   ですが、このほか、キヨミ、セトカ、ポンカン、文旦、三宝柑などなど。   さて、明後日からはビジネスマンモードに切り替えないといけません。   みなさまにとって、素敵な1年となりますようにお祈りいたします。   (2013/01/04 MAKOTO)

       "年末出荷"
タクラマカン砂漠の向日葵  ・12月は毎週末に雨が降り、30日の出荷予定品も28日、30日雨のため今日   31日までずれこんでしまいました。下旬出荷予定だった皆様には、大変   ご迷惑をおかけいたしました。到着が元旦となってしまいますが、ご容   赦のほどよろしくお願いいたします。   当園では出荷の前日に収穫するため、鮮度は抜群なのですが、天候に左 右されるため、こうした遅延リスクも生じます。来年はこの点も考慮に   入れて出荷日を決めなくちゃいけないと思っています。
waikiki 本年は、ご高配賜りありがとうございました。   どうか素晴らしい新年をお迎え下さい。   ※写真は、今年訪ねた海外の写真です。  (2012/12/31 MAKOTO)
       ”石地”の初出荷
石地ミカン  ・今日は、年末1回目の出荷です。残りは12月30日のみとなりました。   写真は今年初出荷した石地という品種。皮が薄くプリプリしているので   すが、色が浅く橙色というより黄色っぽいのが玉に傷。でも、味はちゃ   んと我が農場の味に仕上がっています。みかによらず旨い!   当園では出荷の前日に収穫しますから、鮮度抜群の味をお楽しみ下さい。  (2012/12/23 MAKOTO)

"中手みかんの出荷"
早生ミカン  ・早朝に、昨夜からの雨が止み、夕方にまた雨が降り出しました。   その間隙を縫って、中生(なかて)みかんの初収穫。明日が中生の初出   荷となります。

出荷   秋以降雨が多く、色付き、糖度の上りも遅れ気味です。今回の出荷分は、   糖度は11〜14度。   ご注文を頂きました皆様お待たせいたしました。(*'‐'*)   なお、樹上完熟をお申し込みの皆様には、12月24日と30日の出荷を予定   しています。年末分はアオシマ品種となります。     (2012/12/15 MAKOTO)

早生みかんの出荷
早生ミカン  ・早生みかんの最後の出荷が終わりました。   めでたく、ほぼ完売となりました(*'‐'*)   中生、晩生の出荷は12月の16日と23日、30日となる予定です。   既に注文をたくさん頂いており、足りるかどうか少々心配です。   アライグマが出没し、樹上のみかんを引きちぎってみかんを食べ始めた ので、アライグマとのみかん収穫競争となります(∩_∩;)P   みかんを取り置きせずに、注文に応じて収穫・出荷していますので、鮮 度が良いとご好評を頂いていますが、週末にしか帰って来れないもので すから、出荷日は日曜日に限定されてしまいます。   どうか、ご容赦下さいm(_ _)m       (2012/12/01 MAKOTO)

        辣韮の花
ラッキョウの花
 ・昨日、早生ミカンを初収穫、友人、知人宅に送りました。   今冬の出荷販売日も決め,、申し込みの受け付けを開始しましたので、「PRICE」の蘭を   ご覧になって下さい。   御主人がとても気に入ってくれたTさん宅では、12月の中旬と年末に各1箱ずつ送って   欲しいとの注文も頂きました。そう言って頂くのはとてもうれしいものです。   更新が4か月ぶりとなってしまいました。   この夏は、仕事や休暇で、米国、中国へと海外が多かったこともあり、ついつい、疎か   になってしまいました。   気が付けば紅葉の美しい季節になってしまっていました。   写真の花は、らっきょう(辣韮)の花です。               (2012/10/27 MAKOTO)

         梅の砂糖漬
青梅の砂糖漬  ・昨日は久しぶりの晴れ間が覗きましたが、今朝から再び雨に。   昨日は農薬散布、今日は大雨で崩れていた石垣の修理と一応の作業はできたのですが、   そろそろ梅雨明けが待ちどおしいですね。   写真は、青梅の砂糖漬です。今日、僕も漬け込みました。   暑い夏の日の縁側で、冷えた梅入りハイボールをキューッと!   想像しただけで…(o^^o)ふふっ♪楽しみです。   (2012/06/30 MAKOTO)

       青梅の出荷
紫陽花  ・今日は久しぶりの晴れ間が覗いています。   ご注文頂いた皆様に青梅を出荷いたしました。   楽しみにお待ちください。   料金の振込先は同封の案内状に記載しています。   料金、送料は、左側の「PRICE」をクリックして頂ければご確認頂けます。   (2012/06/17 MAKOTO)

        梅の収穫
南高梅201206  ・今日は雨の中の収穫作業となりました。   梅酒用の青梅として注文を受けていた南高梅の収穫です。   今季は品質は良いものの、収穫量は他の地域と同様にかなり少ないです。   もちろんずぶ濡れとなったのですが、   このあたりの方言では「”どっしずく”になった。」と言います。   「度(が過ぎた)雫(だらけ)」と言う意味でしょうか?(笑)      樹上に残した梅は来週収穫し、梅干しとして漬け込む予定です。   (2012/06/16 MAKOTO)


        青梅
みかんの花  ・梅酒用の青梅の収穫は6月16日(土)、出荷は17日(日)の予定です。   今のところ例年より少し遅れ気味の生育状況です。      購入希望の方は、お電話、メールで申し込んで下さい。   品種は南高、価格は400円/kg(送料別)です。4kg箱と10kg箱を用意しています。   詳しくは、左の「PRICE」をクリックして下さい。     16日は収穫体験もOKです。   自分で収穫してみませんか?自分で収穫した分は100円/kg割引です。(笑)      梅干し用は6月下旬に収穫の予定です。   (2012/05/26 MAKOTO)   ※写真は5/27現在の梅の実の様子

        富良野
みかんの花  ・最近、仕事で富良野を訪れる機会が増えました。   先週末の富良野は、狩勝峠では桜が満開で、まだ春でしたが、   平野部は気温も20度を越え、もうすっかり初夏。   生産者は定植作業でとても忙しい時期です。   ※写真は富良野の北幸農場の圃場風景

         薫風
みかんの花  ・五月の風は心地よいですね。   昨日あたりからみかんの白い花が開花し始めたのですが、   今朝、今年初めて、みかんの花の甘酸っぱい香りが風に運ばれて来ました。   昼になると、町中みかんの花の香でいっぱいになりました。   これから約2週間、有田の街は、みかんの香りに満ちるのです。   (2012/05/5 MAKOTO)

梨の花
梨の花  ・やっと晴れて来ました。   農園の排水路の修理作業で泥まみれになりました。   心地よい春風に梨の花が揺れています。   燕が飛んでいます。   (2012/04/14 MAKOTO)

       桜風
桜満開   桜風が吹き、暖かく爽やかな一日です。    桜満開  ・週明けに大阪出張のため帰郷できたので、早速農場へ。   先日の爆弾低気圧の影響が出ていないかという心配もあり、農場を巡回しました。   ブルーベリー園のネット支柱が傾いた程度の被害で一安心。早速修理作業を行いました。   ただ、みかんの葉が傷ついていたこともあり、病原菌が傷口から入りやすいので、防除   作業も行いました。 (2012/04/08 MAKOTO)

        梅満開
梅満開  ・午前中は暖かく、農場周囲の耕作放棄地の笹林の刈り払い作業と防除作業を行いました。   梅園は、例年に比べて一か月遅れで、ようやく満開です。   毎年のように続く異常気象、地球、宇宙は、大きな変動期を迎えているのかもしれません。   午後になり、張れているのに雨がぱらつき、急に冷たくなって来ました。   そういえば、あの日も寒かったですよね。思えば、東日本大震災から丸一年です。   震災対策で走り回った一年、個人的にもいろいろなことのあった長い一年でした。   日本人の意識は少しは変わったのでしょうか?(2012/03/11 MAKOTO)


        3年ぶり
heartful  ・昨日までのこのページの最終更新日は、何と2008年8月12月13日、3年ぶりの更新です。   振り返ってみると、数社からヘッドハンティングの申し出を受け、一番悩んでいた頃で   す。結局、翌年2009年4月に転職し、東京に3年ぶりに戻りました。   それ以降も、週末に東京から和歌山に戻り、農場管理を続けています。おかげさまで、   昨年も注文に応じきれない状況でした。心から感謝いたします。   今年からは、随時、更新し、みなさまに農場の状況や管理状況をお知らせしていきたい   と考えておりますので、何卒よろしくお願いいたします。(2012/01/28 MAKOTO)



        今年もお届けします「冬の贈り物」
みかん  ・約10ヶ月ぶりの更新です。   唯一の働き手の僕があまりに忙しく、こんなことにな   ってしまいました。母は、隠居生活を楽しんでいます。  ・今は、早生みかんの収穫と出荷におわれています。   今年は、夏の終わりから雨の日が多く、日照時間が不   足したこともあって、サイズは大きいのですが、味も   大味になってしまいました。  ・中手、奥手の注文を承っていますので、電話かメール   にて、ご注文下さい。(2008/11/24 M)

        みかんの収穫
みかん  ・今日、中手、奥手のみかんの第1回収穫をしました。   神戸、大阪、京都から5名のみなさんが参加、お天気   もなんとかもち、楽しい声が農園に響きました。   みなさんご苦労様でした。   みかんの木々も楽しかったでしょうね。   詳しくは、http://jstyle.at.webry.info/200812/article_3.html  ・この夏に梅の収穫に来てくれたMOMOちゃん親子も参加してくれました。MO   MOちゃんのママ特製のクリスマス用発酵パンをお土産に頂きました。ありがと                 うございました。                ・中手、奥手も残りわずかです。(2008/12/13 M)


今年もお届けします「冬の贈り物」
みかん  ・約10ヶ月ぶりの更新です。   唯一の働き手の僕があまりに忙しく、こんなことにな   ってしまいました。母は、隠居生活を楽しんでいます。  ・今は、早生みかんの収穫と出荷におわれています。   今年は、夏の終わりから雨の日が多く、日照時間が不   足したこともあって、サイズは大きいのですが、味も   大味になってしまいました。  ・中手、奥手の注文を承っていますので、電話かメール   にて、ご注文下さい。(2008/11/24 M)



あけましておめでとうございます。
雲海  ・あけましておめでとうございます。本年も皆様にとっ   て佳き一年となりますことをお祈り致します。  ・地球温暖化の影響が如実に実感できるようになって来   ました。果たして人類の対応は間に合うのでしょうか?   汗をかき働く者が報われるという価値観、社会構造に   戻さなければ、やはり難しいのではないかと思います。   マネーゲームに翻弄され、消費に踊らされる、経済効   率性という名の一部の者の欲望を満たす価値観に侵さ   れた人間社会、文明に未来はなさそうです。(08.1.1)  ・今年の年賀状に掲載した詩の一節です。   僕は成層圏にいた   雲の群は半島から列島へと連なり   空と海は遙かにつながっていた   「国境」など見つかるはずもなく   僕と空と海の間の境も消えた   1億5千万キロを旅した光の中で   僕は空に溶けた   (「成層圏にて」/丘原洋介)




 こんにちは。吉田農園の吉田誠です。  農場を引き継いで20年。ずっと東京から月1、2回戻っての農作業でした  が、2018年4月から三菱商事株式会社のシニアアドバイザーを退任し、や  っと和歌山に戻りました。  これからは、関西国際大学の大学教授と農業の二足の草鞋となります。  村の人たちから「あの畑はここら辺ではみかんづくりに一番良い畑だ。」  と言われている圃場で、これからは落ち着いて栽培管理に時間を割けそう  です。リピーターの皆様の「美味しかった!」という声を励みに頑張って  いきます。   ■オーナー 和歌山県有田市宮原町滝143−2 吉田 誠


 農園は有田市宮原町という江戸時代からのみかんどころにあります。  有田川沿いの日当たり抜群の南斜面の段々畑で、水はけのよい土質など  みかんづくりには最高の園地です。  こうした条件の新堂、山田原、宮原などの地区は昔から最高の有田みか  んの栽培地として有名です。このため、これらの地区のみかんは大阪や 京都の料亭や旅館におさめられ、関東地方などには、ほとんど出回って いなかったようです。            昔のひとたちの知恵が「適地適作」を生んだので            すね。今は何故か「糖度」ばかりがもてはやされていますが、やはり  酸味と甘みのバランスのとれたみかんが一番美味しいと思います。土地  と気候に恵まれ、私たちのような者でも美味しいみかんづくりができる  のも、先人たちのおかげだと感謝しています。ぜひ濃厚な味を楽しんで  下さい。 ■栽培地 和歌山県有田市宮原町天神山            Google Mapで吉田農園を見てみませんか?→Google map 




 2018年3月に三菱商事潟Vニアアドバイザーを退任。4月から3年前に建て替  えた和歌山の実家に戻りました。これからは、神戸の大学で週の半分を教授  として学生たちのサポートをすることとなります。  長い東京暮らしを終えてようやく無事帰還したという感じです。(^^)/  これまでは、東京から月に1、2回和歌山に戻っての忙しない農作業でしたが、  これからは存分農場に通えることになり、余裕をもって作業ができるのがう  れしいですね。  美味しい蜜柑と檸檬を皆様に届けるため、これまで以上に丹精込めて頑張り  たいと思います。

            ◆ 興味のある方はブログをごらんになって下さい。                 「フェスブック 吉田 誠」


 【農薬】  農薬散布は年6回〜7回程度。ポストハーベストの安全性を確保するため、  農薬の使用は収穫の1カ月前まで。 また、防腐剤、防かび剤、着色剤、ワックスは使用していません。  【肥料】  肥料は、元肥として牛糞や鶏ふんの完熟たい肥と稲わら、枯下草が基本  です。  追肥として、有機配合肥料や微量要素剤、腐植質剤を使用しています。  【下草】  雑草の抑制、空気中の窒素の土壌への取り込み、土壌の流出防止などの  ためにハコベ、クローバー、ナギナタガヤなどを下草として育成する草生  栽培をしています。これによって除草剤の散布を少なくすることができ  ています。  また、草刈によって肥料をたっぷり吸収した下草を二次肥料として使用  でき、肥料の施肥量を抑制することができます。  資材も竹林で生産する黒竹や木材、自然分解し土に戻るマルチシートな  ど、でき得る限り天然素材のものを使っています。 写真左はナギナタガヤ、右はクローバー。  雑草ではないんですよ(*^^*)  秋に種を蒔くと、初春に生育を始め、他の雑草の生育を防ぎながら、5月  には開花し種を散らします。夏になるとナギナタガヤは枯れ始め地面を  枯れ草が覆い尽くします。クローバーはそのまま冬を越します。  一度種を蒔くと少し追い播きする程度で数年間は自然にこのサイクルを繰  り返します。   土竜と蚯蚓  農園は、昆虫と動物の天国です。土の中にはミミズも増えました。華麗  な蝶たちもトンボたちも、ついにタマムシまでも復活!  動物も、キジ、ウサギ、アナグマと多彩です。イノシシ、アライグマに  よる被害は 捕獲と電柵の効果で減少しました。  こうした昆虫や動物の中には、もちろん果樹や野菜の害虫、害獣となる  ものもいますから、彼らとの知恵比べが続きます。  自然との共生って、大変な労力がいるものなのです。
防除歴(農薬名、希釈倍率) -------------------------------------------------------------------------- 【2019年防除暦】 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年01月06日 みかん、マシン油 50倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年03月24日 レモン ICボルドー 500倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年04月21日 みかん・レモン、ジベレリン、オルトラン 1000倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年05月18日 レモン、ICボルドー 500倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年07月08日 みかん・レモン、ジマンダイセン 500倍 ダントツ 2000倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年08月17日 みかん・レモン、ジマンダイセン、オルトラン 1000倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年09月08日 みかん コテツ、デランフロアブル 1000倍 ・レモン、ICボルドー 500倍 -------------------------------------------------------------------------- ◎2019年09月21日 みかん スプラサイト 2000倍


【2021年冬 みかんの価格】 (販売出荷期間)2019年11月〜2019年12月まで (価格)5kg箱は3,000円(送料込)、10kg箱は、4,500円(送料込) (等級)「秀」品のみ販売 (階級)サイズは「MIX(SからLの混合)」のみです。 (品種)宮川早生、田口早生、宮本早生、石地、
【2021年 レモンの価格】 (販売出荷期間)2019年11月〜2020年3月まで (価格)5kg箱は3,500円(送料込)(送料込) (等級)「秀」品のみ販売 (階級)サイズは「MIX(2LからSの混合)」のみです。 (品種)リスボン、ユーレカ、マイヤー

【2021年冬 みかんのご注文】
 <注文期間>2021年10月から2022年11月まで  <販売期間>2021年11月から2022年12月まで <出荷予定日>11月22日、12月13日、12月20日、12月26日 【2021年-2022年 冬春 レモンのご注文】
 直販数量が限られているため、お早めにご注文下さい。数量が足りない場合はせっ  かくお求めいただいてもお断りすることがあります。  <注文期間>2021年10月から2022年12月まで  <販売期間>2019年11月から2020年3月まで <出荷予定日>11月22日、12月13日、12月20日、1月17日、2月14日、3月7日  ご注文は下記のメールか電話、FAXにて承ります。 ※天候、園主の海外出張のため、変更する場合があります。
 必ず  @送り先お名前 A送り先ご住所 B送り先電話番号  C送り主の住所氏名電話番号(@、A、Bと同じ場合は結構です) D箱のサイズ…みかん:5kg、10kg レモン:5kgのみ  nira  E個数…(例)5kg×2箱  F希望出荷日(前述の中からお選び下さい。2回以上に分けての出荷も可能です。)  を記載して下さい。 お支払いは、みかんと一緒に振込先を書いたチラシをお送りします  ので口座振り込みにてお願い致します。  宅配便にて配送致します。 Email: windyhill@docomo.ne.jp
和歌山県有田市宮原町滝143−2 吉田 誠 電話&ファクシミリ:0737−88−7458