すずめのお宿緑地公園 古民家
目黒区は、現在ほとんどが市街地となっていますが、昭和初期までは「たけのこ」
の特産地として名をはせた農村地帯でした。
そうしたかつての農村目黒の雰囲気をわずかに伝えているのが古い民家です。
「目黒区古民家」もその一つで、元は緑ヶ丘1丁目の栗山重治さんの旧宅であったも
のですが、昭和54年に区に寄贈され、この地に移築復原されたものです。
栗山家は旧衾村(大体現在の目黒区の環七通り西側)の旧家で、江戸時代には代々
「年寄」という村の重要な役職を務めた家柄でありその屋敷は普通の農家より規模も
大きく、一般には禁じられていた「長屋門」を前面に配置し、うっそうとした屋敷林
のおおわれた格式の高いものでした。
 目黒区内には碑文谷・中根などにもこうした村役人階層の屋敷構えの面影を残し
ている民家が今も残っています。
この古民家が建てられた年代については、安政4年(1857)に大きな改築が行われた
との記録があることや、大黒柱を含めた軸組の構法、南側の外縁などに見られる建
築様式からして江戸時代中期と推測されています。
構造の形式は、桁行7.5間・梁間5間・広間型平面・寄棟造というもので、移築の際、
法規制の関係で元来萱葺であったものを萱葺型の銅版萱にしていますが、そのほかは
ほぼ往時の姿のとおり復原しています。
「長屋門」は現在解体・保存されておりますが、目黒区指定文化財として将来復原され
る予定です。
    
        
建物内の諸道具は必ずしもこの家にあったものではありませんが、 当時の生活をしのんでいただくため陳列してあるものです。 東京都目黒区教育委員会 すずめのお宿緑地公園の由来
この付近は、昭和のはじめまで目黒でも有数の竹林で、良い竹の子がとれました。
竹林には無数のすずめが住みつき、朝早くいづこへともなく飛び立ち、夕方のは
群れをなして帰ってくることから、いつしか人々は、ここを「すずめのお宿」と呼
ぶようになりました。
この土地の所有者、角田セイさんは、長年ここで1人暮らしをしていましたが、
「土地は自分の死後お国に返したい」といって大事にしておられたそうです。
その尊いご遺志が生かされて、角田セイさんの没後、目黒区が国からこれを借り
受けて公園を造り、多くの人々の憩いの場として利用することができることとな
ったものです。



ホームへ 住区住民会議へ