サレジオ教会
  

白い壁に青い屋根。地上36mの高い鐘塔をいただくサレジオ教会は、
中世欧州の香りに満ちた美しさで知られる。
昭和29年イタリアのカトリック教団の手で、この地に完成。
中の大聖堂は厳かな雰囲気に満ちている。
イタリア産大理石で美しく装飾された祭壇と色鮮やかなステンドグラス。
パイプオルガンの調べが、ほの暗い堂内に静かに流れる。
大聖堂の壁に「江戸のサンタ・マリア」と呼ばれる1枚の聖母絵がかかる。
江戸中期、鎖国の日本に入国して捕らえられ、
江戸で殉教したイタリア人神父が所持していた銅板画の複製で、
キリシタン受難の歴史をいまに伝える。
(教会前に設置された説明文より。)